• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【蓮田】 ナトゥーラでは珍しいカルボナーラ 「ナトゥーラ 12月のランチ」 | トップページ | 【春日部】 クリスマスのホールケーキ(いちご) 「オークウッド(春日部市)」 »

2012年12月23日 (日)

【蓮田】 初めていただいたスペシャルコース 「ナトゥーラ クリスマスランチ」

01

 初めてクリスマスメニューをいただきました。
 普段、あの分量とあの料金で提供しているレストランなので、ランチ3,800円、ディナー8,500円という特別メニューが普段と比べてどんなスペシャル感を提供しているのか、ちょっとだけ興味がありました。

 サイトで拝見したスペシャルディナーは下記のとおり、ものすごいボリュームです。
 ・アミューズ…栃木和牛のタタキ風カルパッチョ
 ・冷菜…マグロとアボカドを詰めたズッキーニのカネロニ仕立て シュガートマトのソース
 ・温菜…海の幸のコンソメスープ パイ包み焼き
 ・パスタ…子羊の煮込み和え (自家製手打ち麺)
 ・魚料理…オマール海老のカダイフ包み焼き
 ・肉料理…北海道白糠産蝦夷鹿肉のロースト 干柿と赤ワインのソース
 ・クリスマスのデザート
 ・飲物(コーヒー 又は 紅茶)

03
 
 興味津々の料理が並んでいます。
 ズッキーニのカネロニ仕立て、シュガートマトのソース、仔羊のパスタ、カダイフ包み焼き、干し柿と赤ワインソースの鹿肉……。
 カダイフってトルコ料理ですよね。どこかでいただいたことがあったかも。
 ナトゥーラのシェフのことだから、素材も厳選しておられることでしょう。ディナーを予約しようと思ったら、某所から待ったがかかってランチになりました(笑)。
 次回の楽しみにとっておきます。

 ランチは微妙だと思っていました。微妙というか、レストランにとっても自分にとって荷が重いと思った。
 普段2,100円の値付けをしているコースとまったく同じ構成ですから、どこでどう違いを出すのか、レビューする方もその違いを理解した上で書かなくちゃなりません。
 試されます。

04

 クリスマススペシャルランチは下記です。通常ランチの「メイン料理のコース」と同じ構成でした。

 ・シェフお任せ前菜盛り合せ
 ・ズワイガニのクリームソース タリアテッレ(自家製手打ち麺)
 ・バルバリー鴨胸肉のロースト 赤ワインソース
 ・クリスマスのデザート
 ・飲物(コーヒー 又は 紅茶)

 良い素材を使用していることがわかりますし、丹念に作られていることもよくわかりますが、鴨肉がすべてを壊してしまいました。
 バルバリー種という通常の鴨よりも大きな種だそうで、サーブされたときは非常に大きくインパクトがありました。しかし、硬いんです。脂と身の間に筋のような層があって、ここが特に硬かった。
 通常よりも大きな鴨のローストなので火加減が難しいですよね。火の通しすぎのように思えてしまいました。

08

 その上、鴨肉を切っているとドリップが染み出してきます。赤ワインのソースが少ないので、非常に目立ってしまいました。冷凍なので仕方ない面もありますが、ドリップが苦手なので辛かった。
 カットの方法を変えて、最初から切り分けて提供した方が良いのではないでしょうか? 
 いつもよりも付け合わせが少なくて、盛りつけも寂しいと思いました。

05

 【シェフお任せ前菜盛り合わせ】
 金時ニンジンのムース コンソメジュレ 雲丹乗せ(中央のカップ)
 穴子の赤ワインのテリーヌ
 コッパロマーナ
 キャベツのマリネ
 蛸のカルパッチョ ラビコットソース
 ローストビーフ

 盛り合せを一目見て、すぐに赤ワインを追加しました。当店ではたぶん初めていただくローストビーフですから。
良い部位を使っているようで霜降りが鮮やかで味も良かったのですが、常温が良かったかも。
 カップの金時ニンジンのムースがすばらしかった。雲丹のワンポイントも良かった。
 穴子は普段と違ったテリーヌでした。黒っぽいジュレの正体はなんだろう。赤ワイン? テリーヌと良く合いました。
 キャベツのマリネはビネガーの酸味が抑えられてちょっと甘いくらいですが、当店のは強烈の酸っぱいことが多いので良かった。

06

07

 ズワイガニのクリームソース タリアテッレ(自家製手打ち麺)は、文句無しです。分量は通常のハーフサイズですね。
 ズワイガニの身がたっぷりでほんのり蟹の香るクリーム。旨かった。タリアテッレは多少パサパサ感がありましたが、許容範囲だと思います。
 通常メニューに並んだらいったいいくらだろう。2,300円くらいかな?

 デザートは、二人分を四角い一皿で提供です。
 クリスマスは自分らみたいなおじさんおばさんでなく、恋人たちのためのためのモノですから、これは良いですね。
 カミさんと二人で取り分けながら、若いころのことを思い出していました。 

09

 デザートの内容は、
 トルタ・ディ・ノッチョーラ(ヘーゼルナッツのチョコレートケーキ)
 カシスのシャーベット
 イチゴのアイス
 クッキー(奥さまが焼かれたそうです)
 フルーツ

 トルタ・ディ・ノッチョーラとは、ヘーゼルナッツのチョコレートケーキだそうですので、当店定番の「カプリ島レシピのチョコレートケーキ」と親戚みたいなモノでしょうかwww。
 カプリ島はアーモンド粉を使うのに対し、こちらはヘーゼルナッツ粉を使う。

 ヘーゼルナッツが香る美味しいデザートでした。

10

 駐車場脇の畑に柚子の木から収穫した柚子を使ってスカッシュを作っていらっしゃいます。風邪気味で喉の痛みを訴えていたカミさんに「生姜エール」をお願いしようと思ったら、「柚子スカッシュ」に変わっていました。
 「柚子スカッシュ」を温めてお願いして、ぼくは昼間から白ワインを2杯と赤ワインを2杯も飲んでしまいましたwww。
 クリスマスに初めて訪問して特別メニューをいただいたので、かなり開放的な気分になりました。

 通常ランチとの差別化は、ある程度できているように思いましたが、難しいですね。
 普段からあれだけコストパフォーマンスに優れた料理を提供されているレストランが、同じ構成ではやっぱり見劣りがしてしまいます。
 もうひと工夫とか、勝手なことを書きますが、何かが足りないような気がしてしまいました。でも、たぶん、鴨が良ければ帳消しになったんだろうなぁ。

02_2

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

« 【蓮田】 ナトゥーラでは珍しいカルボナーラ 「ナトゥーラ 12月のランチ」 | トップページ | 【春日部】 クリスマスのホールケーキ(いちご) 「オークウッド(春日部市)」 »

蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ)」カテゴリの記事

イタリア料理」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー