• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【蓮田】 2013年初めてのナトゥーラ 「ナトゥーラ 1月のランチ」 | トップページ | 【新宿】 小田急のおしゃれな中国料理店で個室 「桃杏花 小田急本館店(東京都新宿区)」 »

2013年1月20日 (日)

【春日部】 結婚式場真ん前にある大きな洋食レストラン 「パルフェ(春日部市)」

01

 「フラールガーデン春日部」という結婚式場の真ん前にある欧風料理のレストランです。
 以前から当店を知っているカミさんによれば、結婚式場の真ん前という立地を活かして結婚式の二次会の利用も多いんだそうです。
 確かに、そんな用途に最適そうな大きな部屋が奥にありました。トイレへ行く廊下の右手です。あれだけの広さがあれば、100人規模のパーティも可能かも知れません。
 普段は奥に客を通しておらず、手前の部屋のみで営業されています。

02

 手前の部屋も広く天井が高く開放的で、とても気持ちの良い空間でした。こちらは分煙の関係で三区画に分かれています。
 禁煙のエリアが入口から入って右手の部分で、喫煙可能エリアが、入って左手の部分と右手奥の階段を登った上のエリアです。
 エリアはしっかりと分けられていますが、壁で仕切られている訳ではありません。食事中、タバコの匂いはしませんでしたけど、喫煙席には二組6名程度しか座っていなかったからかもしれません。

 店内の段差も気になりました。入口とトイレに微妙な段差があるのですね。最初から知っていればたいしたことではないのですが、何せ初めての訪問だったので、見事につま先を引っかけてしまいました。

04
 
 ランチは、入口の外と中の二ヶ所に掲示のあるボードのメニューのみです。店内のボードにはご覧のようなサンプルも添えられています。
 店内のボードメニューは、前述した入口の段差に躓いて見落としてしまいました。もちろん、外のボードは見ていたので、ランチが4種類とはわかっていました。
 しかし、いきなりやってきたウェートレスさんに「お決まりになりましたか?」と問われたときはびっくりしました。
 まさか、そんなシンプルなメニュー(そのほかにメニューが無い)とは思いもよりません。

 「え? メニューはないの?」と見返したら、やおら入口のボードメニューを持って来て立てかけてくれました。
 そのとき、はじめてランチはそれのみと知りました。
 その後、210円で追加できるケーキをお願いてワインも追加。その度にウェートレスさんがあたふたアタフタ。
 ぼくらみたいなのはランチでは珍しい客だったのかな?

15_2

14

 結局、Bランチ(ポークカツの大葉とチーズのせ 798円)、Cランチ(和風ステーキ 871円)に、白ワインと210円のデザートを二つ(クラシックショコラ、チーズスフレ)をお願いして、全部で2,457円でした。
 グラスワインは368円(税込)だったようです。

 ランチは、サラダ、お新香、ご飯、スープ、デザート(この日は果物だった)、コーヒーor紅茶がついています。
 これだけで、800円前後ですから非常に良心的です。次第に、味に対する期待感が薄れていきました。

 しかし、料理はどれも美味しかった。ちょっと驚きました。
 欧風料理には違いありあませんが、ボードメニューでご覧の通り、韓国風があって和風がふたつもあります。洋風をベースに和風のアレンジを加える研究熱心な洋食屋さんなのかも知れません。

 とにかく、「和風ステーキ」がすばらしかった。レアな部分を中央にキレイに残した肉の焼き加減は完璧(写真を撮っておけば良かった)。
 こんな価格ですから、それほど上質な肉ではないと思いますが、それにしては柔らかい。適度な噛み応えは牛肉本来の赤身の旨味を十分に味わえます。

08

09

 ソースは和風ですから醤油がベース。玉ねぎの旨味が溶け込んで食欲をそそります。こんな価格ではまずお目にかかれないステーキでした。
 
 牛肉だけでなく、ポークカツも柔らかかった。
 こちらはチーズにデミグラスみたいなソースですから、イタリア料理で言う「ミラノ風カツレツ」風な仕上がりになっています。
 美味しかったですよ。大葉の香りと溶けたチーズがポークに合います。

 大葉が小さめでチーズも少なめで残念でしたけど、当店のシェフは肉の扱いがお上手なのかもしれません。
 和風の味付けに走ったり、手を広げすぎる洋食屋さんはあまり好きではないのですが、春日部という土地柄でランチですから仕方ない面もあるのだと思います。こちらのシェフが作ったもっともっと手の込んだ料理をいただいてみたくなっています。
 シェフはやっぱりフレンチの出身なのかな。ディナーに伺って渾身の料理をいただいてみたい。

 しかし、ちょっとした不満もあります。
 どちらの皿にもクリームコロッケと、かぼちゃの煮付け、スパゲティ等の付け合わせがついていました。

0506

07

10

 クリームコロッケ以外の付け合わせがどれも冷たかった。付け合わせですから冷蔵庫保存なのでしょうけど、とても寒い日だったので暖かい料理がいただきたかった。

 更に言うなら、盛りつけを始めとしていろいろと雑。
 ポークカツレツの一切れが離れていたり、コロッケと人参の並び方のバランスが悪かったり、写真で見ていただくようなご飯の盛り方が雑だったり、洋風のスープがみそ汁椀で出て来たり。
 いろんなレストランに行きますけど、これほど粗略に盛られたご飯は初めて見ました。

 接客も似たような印象を持ちましたが、良くも悪くも田舎臭い感じ…、とか書いたら怒られそうですが、もったいない気持ちになりました。

12

13
 
 デザートも同じです。
 210円なので小さいのは仕方ないとしても、こんな切り方こんな盛りつけはないだろうと思ってしまいました。ここでも、荒っぽさが見え隠れします。
 コーヒーについてきたミルクと砂糖がポーションじゃなかったのは良かったけれど。
 
 ホールには女性が二人。厨房には老齢の男性と壮年の男性がいらっしゃいました。客はぼくらを含めて4組のみ。
 もうちょっと落ち着いた心配りはできないものでしょうか。
 地域性とは思いたくない一面でした。味が悪くなかっただけに残念でした。

 お店のサイトを見ると、ディナータイムにはいろいろな料理がいただけるようです。
 次回は家族で夜伺ってみたい。

03

関連ランキング:洋食 | 八木崎駅春日部駅

« 【蓮田】 2013年初めてのナトゥーラ 「ナトゥーラ 1月のランチ」 | トップページ | 【新宿】 小田急のおしゃれな中国料理店で個室 「桃杏花 小田急本館店(東京都新宿区)」 »

洋食・欧風料理」カテゴリの記事

春日部市(洋食・欧風料理)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー