• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

【蓮田】 写真のみの更新ですみません 「ナトゥーラ 5月のランチ」

01

 いつもの「メイン料理のコース」を二人分です。ワインとビールを飲んで合計5,300円でした。

 前菜の盛り合せ
・トマトのムース
・赤みず(山菜)のマリネ
・丸ズッキーニのマリネ
・じゃがいもとツナのタルト
・タコのカルパッチョ
・キノコのマスタードあえ
・レンコンのサフラン煮


02

03

04

05

06

07

08

小海老と小松菜(塩ベース)
小海老とカリフラワーのトマトクリーム(+¥300)

アベ鶏の香草グリル
スズキの白身魚のソテー レモンクリームソース

チーズケーキ
バナナのパウンドケーキ

ヨーグルトのムース
かぼちゃのプリン

近々に、「駿河湾産桜海老のペペロンチーノ」を食べに行きます。
そのときは、詳細なレポートをします。(たぶん)

09

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2013年5月30日 (木)

【久喜】 広い駐車場を持つ自宅改造そば屋 「さとかた(久喜市)」

001

 2013年ゴールデンウィークの後半、「ネーブルパーク」へ行く途中に寄りました。
 「さとかた」と看板があったのですぐにわかりましたが、一般の民家ですよね。ご自宅を改築されてお店を作られたようです。
 自宅レストランといっても、岩槻の「彩の実」みたいに普通の民家そのものの玄関で靴を脱いで上がるのではなく、中は三和土というかホールのテーブル席と、奥に掘りごたつ式の座敷まである立派な店舗でした。

009

 店舗の奥(隣)にある広大なアスファルト敷きの広場が駐車場です。ものすごく広い。
 他に駐車場らしき場所がないのでこの広場に停めたのですが、不安でした。広すぎてそば屋の駐車場には見えなくて(笑)。

007

 お願いしたのは、「ちくわのいそべ揚げランチ 880円」「天ざる 大盛 1470円」「ビール 530円」。合計で2,880円でした。
 この日のそば粉は九州でした。
 それほど香りが強いわけではありませんが、細くて品の良いそばです。丁寧な仕事がうかがえました。

002

003

004

005

006

 実は、そばよりも天ぷらにびっくりしたんです。
 そば屋の天ぷらといえば、分厚い衣の脂ギトギトが多いのですが、当店のは衣薄く軽く上がっていて、噛むとカリッと弾けます。専門店レベルかもしれません。
 久しぶりにそば屋で美味しい天ぷらをいただいたような気がします。

 カミさんは「いそべ揚げ丼」でしたが、この汁がちょっと甘めで自分としてはドストライクでした(笑)。
 ちょっともらっただけなので、自分のそばを食べながら後悔していました。
 次回、行く機会があったら絶対に天丼をいただいてみようと思っています。

010

008

さとかた
昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:そば(蕎麦) | 栗橋駅

2013年5月29日 (水)

【閉店】【北上尾】 美味しい料理をお腹いっぱい食べられる幸せ 「メゾン・ドゥ・アッシュ(上尾市)」

02

 3回目の訪問です。この日もランチ。
 久しぶりにフォアグラを食べたくなったぼくは「休日だけのバリューコース 3,900円」にして、それほどフォアグラが好きでないカミさんは「ランチコース 2,400円」でした。ほかにワインをお願いして合計7,000円。

 オードブルの写真を過去のと見比べてもらえればわかりますが、この日はいつにも増して量が多かったwww。オードブルは特に多かったですね。

 味はもう鉄板です。こんな美味しい料理をお腹いっぱい食べられる幸せを存分に味わいました。

04

 この日のコースは

 オードブル
 ・海老
 ・カツオのカルパッチョ
 ・パテ・ド・カンパーニュ
 ・子鴨の燻製
 ・ホタテの燻製
 ・ほたるいか
 ・ニース風サラダ
 ・地鶏の半熟卵
 ・山菜(のびる たらのめ こごめ) 野菜

10

11

 フォアグラ アスパラガスのスープ仕立て(バリューコース)
 枝豆のスープ

 アイナメのソテー
 牛とも三角のソテー

 いちごのロールケーキ
 キャラメルのアイス

05

 この日用意されていたフォアグラは、前回いただいたのと同じだったようで、覚えていた奥様が気を使ってくれて料理法を変更してくださいました。
 こちらは前回のリゾットでもよかったのですが、シェフと相談して提案してくれたのが「フォアグラ アスパラガスのスープ仕立て」です。

 良く味の沁み込んだ黒キャベツ(ベーコンの味と言っていた?)に載せたフォアグラを、ホワイトアスパラのスープが入った皿の中央に添えた料理。名前をつけたらなんだろう。
 アスパラガスがほんのりと香るスープに、具材として輪切りされたグリーンアスパラとホワイトアスパラが浮かんでいます。

06

 思ったよりもスープがさっぱりしていて、濃厚なフォアグラとは相性ばっちりです。フォアグラの下にあった黒キャベツに染みこんだ味はなんだろう。
 濃い目のデミグラスっぽい感じ? それがフォアグラと良く合います。ソース代わりというか。美味しいフォアグラだった。

 オードブルはとにかくすごい量でした。
 一品一品じっくりと作り上げられてこの量ですから、すごいですよね。味もとても良い。ワインを美味しくいただきました。

07

08

 アイナメはアンチョビのソース。アンチョビの風味がこんなに上品に感じられるなんて(笑)。かなり質の良いアンチョビだと思います。
 皮がパリパリで身がほくほく。文句無く美味しい。
 牛は赤ワイン系のソース? かなりしっかりとして食べ応えがありました。

 オードブルにしろメイン料理にしろ、やっぱり野菜が美味しい。カブが甘い、じゃがいもが甘い、キャベツが甘い。
 たっぷり2時間食事を楽しんで、智光山公園のバラを撮影に向かいました。

09

 ナトゥーラにしろ当店にしろ、気長に食事ができないせっかちな方は別のお店がいいかもしれません。東京には美味しいお店がたくさんあるんだから、わざわざ北上尾の田舎にいらっしゃる必要はないと思われます。

 美味しい料理を味わうには、食べる側に心構えが必要な場合もあります。ささいなことでイライラしてしまうと味覚が鈍って、料理の味がわからなくなってしまいます(笑)。
 結果、双方に不幸な結果しか生まれません。

 次回は7月。予約が取れれば。

03

関連ランキング:フレンチ | 北上尾駅

2013年5月24日 (金)

【清水公園】 公園反対側にあるカジュアルなリストランテ 「リストランテ Ciao(千葉県野田市)」

01

 ゴールデンウィークのある日、「清水公園」で花を見て(花ファンタジア)、つつじを撮影したあとに寄りました。
 
 通し営業なのが良いです。午後2時近くになって、近隣のレストランがアイドルタイムに入ったところだったので、危うく昼食難民になるところでした。
 場所は清水公園とは反対側です。
 外観はご覧の通りのかわいらしさ。中に入っても、「リストランテ」というイメージからはちょっと違った非常にカジュアルな感じです。
 母娘で営業しているのでしょうか。そんな年回りの二人の女性が切盛りしていました。娘さんが厨房でお母さんがホールとか。違ったかな。

07

 ホールのお母さんがメニューを持って来てくれました。写真に収めたとおり、ランチにお得なセットが二つあるようです。そのほか単品もOKのようです。
 ちょっと悩んで、カミさんは1,380円のランチの「チャオスペシャルセット」にして「季節野菜のトマトソース」を選択。ミニサラダとコーヒーがつくAセットにしました。

 ぼくはセットにせず「キノコのクリームソース 1,280円」を単品でお願いして、別に「アンティパストミスト 780円」と「ビール 600円」と「白ワイン グラス 450円」をお願いしました。
 食後になんとなくデザートが食べたくなって「デザート盛り合せ 680円」を追加。
 全部で5,170円でした。

02

03_2

 サラダは葉物ですが、新鮮さが足りません。上に載っかっているツナみたいなのは、玉ねぎをベースにしたラビコットソースみたいなドレッシング?です。これは美味しかった。
 アンティパストミストは、「レンコンの赤ワイン煮、チョリソー、ピクルス、インゲンのアンチョビ和え、グリッシーニ、カプレーゼ(中央)」
 レンコンの赤ワイン煮とインゲンのアンチョビとか珍しかったのですが、それほど美味しく感じません。チョリソーは自作でしょうか。ピクルスとカプレーゼは美味しかったと思います。

04

05

 問題は、「キノコのクリームソース」です。外見からびっくり。一瞬何のパスタをお願いしたんだっけ?状態です。これじゃ「キノコのペペロンチーノ」ですよねwww。食べてもクリームはほんのりしか感じません。
 これじゃクリームのパスタとは言わないかも。
 カミさんのトマトソースは生のトマトを使っていて出来が良かったので、残念さが際立ってしまいました。

06

 デザートの盛り合せは「チーズケーキ、シフォンケーキ、生チョコケーキ、コーヒーゼリー」です。
 イタリアンやフレンチでシフォンケーキが出てくると途端にテンションが落ちます……。

 全体的に言えることですが、主婦の趣味の延長みたいなとは言い過ぎかもしれませんが、プロ根性があまり感じられない料理でした。
 少なくとも「リストランテ」を名乗るなら、それなりのサービスと料理を出してほしい。野田だからという、こんな土地柄だからというのは言い訳にならないと思います。

08

リストランテ Ciao
昼総合点★★★☆☆ 3.2

関連ランキング:イタリアン | 清水公園駅愛宕駅

2013年5月23日 (木)

【銀座】 博多水炊だけじゃない鳥料理の専門店 「鳥善 銀座店(東京都中央区)」

01

 大人数の会食で利用しました。

 地下の2階までを和風の店舗に設えています。地下とは思えない中庭まであって、非常に風情があります。この日は地下2階の個室でした。

 お願いしたのは、飲み放題付きの鳥料理のコースです。
 伺ったのは4月初旬なので、うろおぼえですが、

 ・前菜三種盛り
 ・鶏刺身三種盛り
 ・博多華味鳥の炙り焼き、山芋たれ
 ・博多水炊き
 ・なんこつの唐揚げ
 ・玉子雑炊、香の物
 ・デザート、水菓子

 こんな感じだったと思います。
 博多水炊きのお店かと思ったら違いました。これでもかと鶏料理のオンパレードで、これがまたどれも美味しかった。

04

 特に美味しかったのは鶏刺身三点盛です。
 写真右から、「砂肝」「胸身の湯引き」「モモたたき」だそうです。ポン酢と博多醤油でいただきました。どちらもよく会いました。ぼくはどちらかと言うと、甘めの博多醤油が美味しかったですね。

05

 4月というのに肌寒い日だったので、日本酒が美味しかった(笑)。
 飲み放題だったのですが、「醸し人九平次」と「獺祭」をはじめ良い日本酒が揃っていたので、順番にお願いしていたら結構な金額になってしまいました。

 縦に割ったきゅうりが一本。柚子塩胡椒でいおただきました。個人的には味噌が良かった。

06

07

 びっくりしたのが「鳥の炙り焼き」です。これをなんと山芋のたれをつけていただきました。かなりお酒が入っていたので、詳細は説明できませんが、とても美味しかったのは覚えています。

 次いで水炊き、なんこつの唐揚げとコースが進みます。同時にお酒も(笑)。
 最後の水菓子までたいへん美味しくいただきました。

02

03

08

09

10

11

鳥善 銀座店
夜総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:鳥料理 | 東銀座駅新富町駅築地駅

2013年5月16日 (木)

【大宮】 海鮮以外がオススメかも知れません 「海ぼうず(さいたま市北区)」

01

 大宮市場には海鮮のお店が3軒(高はし、花いち、海ぼうず)あります。

 この日の目標は「海鮮亭 高はし」だったのですが、行列が想定以上に長かったのでパス。お隣の「花いち」は空いていて誰も並んでいないので逆の意味でパスww。
 もう一軒あったよなぁ、あっちだったかなぁと「キッチンニューほしの」側にクルマを走らせました。(っていうか、ウチはカミさんが運転しているので、正しくは「走らせてもらいました」ww)

07

05

 ここ「海ぼうず」は、ちょうど行列が途切れたところです。運が良かった。
 ノートに名前を書いて、店頭に並んだ派手派手のPOPを眺めていたらすぐに席があきました。二人なので、カウンターです。

 それにしても店頭のPOPです。
 やれテレビが取材に来ただのどの番組で紹介されただの…ww。自分の勝手な判断基準だと「この手のPOPで派手派手に宣伝しているお店=美味しくない」という法則があるのでパスしたいところだったのですが、味については他の2店もそれほど変わらなそうな印象を持ってしまいました。
 移動も面倒だし……で「海ぼうず」に入ることに。POPはここが一番派手だったけど。

02

04

 お願いしたのは店頭のPOPで決めていた「海ぼうず丼 1,575円」と「おまかせ 1,050円」です。ほかに生ビール一杯(578円)。合計3,203円でした。

 カウンターに座ってしばらく待っているとまず「海ぼうず丼」が届きました。
 ビジュアルはばっちりですね。プラスチック?の容器に載せられたウニと大きな貝殻に乗っかったイカがインパクトあります。他には、マグロとハマチ、海老、サーモン、イクラなど。

 正直書いてしまいますが、どれもダメです。日曜だったことを差し引いても全然ダメだと思う。

03

 特にひどかったのがウニです。ここまで激しくミョウバンを使ったウニは初めて食べました。使い過ぎて硬くなってるなんて俄かには信じがたい所業です。
 ミョウバンのおかげで色は鮮やかです。でも、これは逆効果ですよ。見た瞬間ダメだと思った。ウニの味なんて全然しません。

 マグロやハマチも生臭さの一歩手前といった感じです。
 カミさんがいただいた「おまかせ」のウニも同じでした。ある程度は予想していましたが、ここまでとは思いもよらなかった。

 味噌汁と「おまかせ」についてきたアジのフライは良かった。

 で、身も蓋もないタイトルです…。すみません。オーダーするなら、「海鮮以外がオススメかもしれません」。次回は海鮮以外を食べてみます。

06

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 吉野原駅

2013年5月15日 (水)

【与野本町】 与野公園隣の素敵な大人のフレンチレストラン 「シャンソニエ(さいたま市中央区)」

01

 素敵なフランス料理店は、バラ園で知られる与野公園の横手にあります。
 今回は、バラにはまだ早いゴールデンウィーク前半、所沢の航空記念公園で撮影をしたあとランチに寄りました。

 お願いしたのは、季節の冷製オードブルの盛り合せ、魚or肉、自家製ケーキ アイス添え、コーヒーor紅茶で3,000円のBコースを二人分。これに400円でそれぞれポタージュをつけました。ほかに瓶ビール(945円)とワインを一杯(840円)で、合計8,580円でした。ちょっと奮発しすぎたwww。

09

10

 店頭にある駐車場が広くとても停めやすい。外観はご覧のとおりとても素敵。中にはいると外観の期待を裏切らない素敵な空間が広がっています。
 テーブルが大きいのにびっくり。更に席が広めでゆったり。雰囲気は最高クラスでした。

02

反対サイドから

03

 冷製オードブルは、まったく説明がないので書きようがありませんwww。ご覧のとおり、ゼリー寄せ風のが多いですね。
 魚介類と野菜が多く味が薄め。ワインをいただくには、ちょっと物足りない感じはしましたが、薄味が好きなカミさんは気に入ったようです。

 オードブル盛り合わせの代わりにポタージュが付くランチコースがAコース(2,000円)なので、Aコース(2,000)+オードルブル盛り合わせ=Bコース(3,000)+ポタージュ(400)という計算が成り立つと思います。この数式を計算すると、オードブル盛り合わせが1,400円という計算が成り立ってしまいます。
 オードブルにそれだけの価値があったかというと疑問。自分はワインが飲みたかったので良いけれど。

 もちろん、こんな単純な計算は成り立たないかもしれませんが。

04

05

 パンは普通のバゲットで、おかわりができました。調子に乗って二度ほど(笑)。

 ポタージュはグリーンピースです。
 グリーンピースが嫌みなくしっかりと香る美味しいポタージュでした。濃厚で文句のつけようがありません。

06

07

 メインは、
 仔牛の網焼き
 スズキのポワレ(だったと思う)
 ソースは、赤ワインにマスタードクリームと、魚にはトマトベースのソースだったと思う。このソースがすばらしい。かつてここまで芸術的な色合いのソースには出会ったことがありません。
 魚の周囲を覆っているのはポテトです。カリッとした食感とスズキのフワリとした食感が非常に良い。ただし、味が薄かったかも。

 肉も良い味でした。
 赤ワイン系のソースがマスタードソースに良く合って、しっかりと牛肉の旨味を引き出しています。美味しい。

 デザートは、
 ココナッツのムース
 フルーツのケーキ
 バラの香りのアイス

08

 これはどれもイマイチでした。
 バラのアイスといっても、まったくバラが香らない。ココナッツのムースはこれまでの食事を台無しにしてしまいかねないほど、お手軽なだらしなさが漂います。
 唯一フルーツのケーキがまずまずでしたが、こんな雰囲気のお店でいただくデザートじゃないかもしれません。一考の余地があるかも。

 若干の不満はありましたが、すばらしい雰囲気で素敵な時間を過ごすことができました。大人のフレンチレストランですね。
 オードブルが無いコースなら2,000円でいただけますし、与野公園でバラを愛でてランチにシャンソニエとか、優雅な休日が楽しめそうです。

11

関連ランキング:フレンチ | 与野本町駅

2013年5月 7日 (火)

【我孫子】 ボリュームたっぷりで気取らないフレンチ 「ビストロ ヴァンダンジュ(我孫子市)」

01

 ゴールデンウィーク真っ直中の休日、11年ぶりの「あけぼの山農業公園・あけぼの山公園」で撮影したあとに伺いました。

 デザートを前に気持ち悪いくらい満腹になったのは、睡眠不足と体調悪のためかと思ったら、こんなにパンを食べていたのですね(笑)。
 今、写真を整理していてパンの量がわかりました。これだけ食べれば、そりゃ満腹になるはずです。
 しかも、これだけのパンが無料。ローズマリーを練り込んだパンとバゲット(説明が無かったけど、たぶん)が出て来たあと「追加でパンはいかがですか?」とおっしゃるので「おいくら?」と尋ねたら「無料です!」

02

03

 迷わずお願いしたら、写真の通りバゲットが山盛りで出て来ましたwww。
 たしか、自家製パンとおっしゃっていたと思います。どちらもどっしりとした美味しいパンだった。
 ただ、残念なことにバターが無い。一欠片100円とのこと。これだけのパンが無料なので仕方ないですね。

 この日お願いしたのは「シェフコース 2,100円(アミューズ、前菜、スープ、メイン、デザート盛り合せ、コーヒーor紅茶)」を二人分です。追加で、ビールと白ワインを1杯お願いして、合計5,870円でした。明細がないので、ビールとワインの値段は不明(ふたつで1,200円?)。

11

 ランチは1,600円、2,100円、3,500円の3コースあって、メニューに「お好みの」とある場合は、別紙の単品メニューから選んでOKとのこと。
 ぼくらが選んだのは、
 「前菜の盛り合せ(+315円」
 「野菜サラダ(105円)長野の農家から取り寄せらしい」
 メインは、
 「スズキのロースト 白ワインバターソース」
 「仔羊のトマト煮込み(ナヴァラン)」
 です。

06

 まずアミューズ。
 自家製シュー生地に白身魚のムースが挟み込まれたものでした。上からパプリカ(たぶん)。サクサクのシュー生地と白身魚が意外と合っています。確かに、これからサーブされる料理への期待が高まりました。

 前菜の盛り合せは、
 マイワシのイタリアンパセリ風味マリネ
 肉のテリーヌ
 豚肉のリエット
 野菜のマリネ
 グリーンサラダ

08

09

 フレンチというよりも、イタリアンと言ったほうが良いような前菜かも。
 リエットはちょっとレバー風味がして、しかもカリカリのパンに載っかっていたので、イタリアンで言うところの「クロスティーニ」でした。
 レバー風味が強すぎて、ぼくはあまり好みじゃなかった。

 マイワシのマリネは、刻んだイタリアンパセリに少量のバルサミコ酢(たぶん)にパプリカで彩りと言った料理。思ったより濃厚だった。ワインが進みました。
 野菜のマリネは若干甘め。美味しかったと思う。
 テリーヌは、野菜をみじん切りにしたソース(たぶんラビコットソース)が良い味で、テリーヌを引き立てていました。

07

 スープは、グリーンピースのポタージュでした。ほんのりと香るグリーンピースが美味しい。

 メインは「スズキのロースト」がすばらしく美味しかった。
 焼き加減はふんわりと程よく、白ワインバターとの説明だったソースがちょっと甘めでコクがあって見た目より濃厚。これが淡泊なスズキに合うんです。

04

 ナヴァランも非常に美味しかった。
 何より、トロトロに煮込まれた仔羊がすばらしい。ぼくは、ラタトゥイユとでもカチャトゥーラでもカポナータでも、とにかくトマト煮込みが大好きなのでツボでした。
 トマトソースの味も良い。濃厚で奥深い。美味しかった。

05

 でも、一番美味しかったのは、何を隠そうメイン料理双方の付け合わせで出て来た「たまねぎ」です。
 外皮を剥かないで焼いた。これがものすごく甘い!! 野菜を素焼きにすると甘味が増すのは知られていますし、玉ねぎは外皮を剥かないで素焼きにすると甘くなると聞いたことはありますが、なかなか実践してくれるお店はありません。

 閉店してしまったけど、以前東浦和のイタリア料理店「トラットリア イルリッチョ」でいただいた素焼きの野菜を思い出しました。
 あの玉ねぎに勝るとも劣らない美味しい玉ねぎでした。これだけで、5.0とか付けてしまいそうwww。

10

 デザートの盛り合せは、
 ・洋ナシのタルト
 ・トマトのブランマンジェ
 ・ガトーショコラ
 ・自家製アイスクリーム
 の4点盛り合せでした。

 どれもレベルが高い。
 特にトマトのブランマンジェ。冒険しますよね。こんなスイーツ食べたことない。ミルキーな味わいにほんのりとトマトが香ります。好き嫌いはあると思うけど、これは美味しかった。
 ガトーショコラもタルトも非常に良い味でした。

 本格的なフレンチという感じではなかったけど、こんな金額でいただくランチとしては最高クラスでした。
 いつかまた我孫子周辺にでかけることがあったら寄りたい。

12

関連ランキング:ビストロ | 我孫子駅

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー