• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【大宮】 おしゃれなパンが揃う駅ナカベーカリー 「神戸屋スタッツォ エキュート大宮店(さいたま市大宮区)」 | トップページ | 【谷川岳】 天神平でたった一つの天空のレストラン 「ビューテラス てんじん(谷川岳)」 »

2013年8月18日 (日)

【春日部】 お茶関連商品が何でも揃う、観光地の土産物屋か乾物屋みたいなお茶屋さん 「おづつみ園 ふじ通り店(春日部市)」

01_2

2013年8月

 約3年ぶりに更新します。(ブログの方は新規ですけど)
 動機は、「アサカベーカリー」に書いた通り。食べたらできるだけ更新しよう。外に向けて発信しよう。
 おづつみ園のこちらのお店は、駐車場があって訪問しやすいので、この3年の間に数え切れないくらい寄らせていただいています。

06_2

 タイトルに書いたとおり、お茶はもちろん急須や茶わん等の道具からお茶を使ったスイーツ等、お茶関連の商品が何でも揃ってしまいます。
 よくみれば、お茶だけでなく海苔やふりかけまであります。お茶漬けですね。これもお茶関連なのかな。

 お茶屋さんが海苔を扱う理由には諸説あって、

 1)お茶と海苔の商品としての売れ筋シーズンのズレ説
  (海苔とお茶は旬のシーズンがちょうどずれているので、江戸時代から副業として定着している? 海苔の旬は11月から3月で、お茶の旬は4月から6月だから?)
 2)湿気と香りに配慮した保存方法が共通説
  (お茶も海苔も湿気を非常に嫌う。またどちらも香りが命で、そのくせ香りが移りやすい。つまり、保管のノウハウがまったく同じだから両方とも扱う?)
 3)寿司屋からの需要説
  (江戸前の寿司店に納めていた海苔屋さんが、お茶もついでに持って来てくれと言われた?)

05_2

 おもしろいなぁ。どれが正解だろう。

 乾燥という視点から、今はほとんど見かけなくなった乾物屋的なノリもあります。ぼくはどちらかと言うと乾物つながりで、商品が広がっているように見えました。
 お茶屋さんを探検するのは、かなりおもしろいかも知れません。

02_2

03_2

 この日は、某所で美味しくないラーメンを食べてしまい、気持ち悪くなってしまった口をサッパリさせたかった。
 いただいたのはソフトクリームのみです。抹茶と白桃。季節柄ほかにも「マンゴー」と「パイナップル」がありました。お値段はどれも250円。
 カミさんは白桃がとても気に入ったようです。終始ニコニコしてくれたので、非常に助かりました。
 抹茶は香りが良い。みなさんが書かれているほど濃厚だとは思いませんが、美味しいお茶屋さんの抹茶ソフトでした。

 やっぱりサービスがいいですね。当店のおば様方は本当にすばらしい。
 たった500円しか使わない客を店内のイートインスペースに招き入れて、冷たい緑茶まで振る舞ってくださいました。
 お茶も美味しかった。
 ごちそうさまでした。

04_2


------------- 2010年11月 ---------------- (写真も)

2010年11月

1tya01

 「おづづみ園」は、春日部市内に広い自社茶畑を持ち、数店舗を構える老舗お茶屋さんです。
 明治の初年から営業していたそうですが、実際に春日部駅東口に店舗を構えたのは1960年でした。満50年を迎えた2010年秋、本店と武里店を改装して、激動の時代に大きく舵を切り出したようです。

 市内に数店舗ありますが、やっぱり一番規模が大きくて店頭にテーブルと椅子が完備されている「ふじ通り店」の「抹茶ソフト」と「おだんご」は、春日部市民なら外せないところです。駐車場も広いからクルマでも問題なし。
 「ふじ通り店」のオープンは1995年とのこと。

1tya06

 千葉県産コシヒカリ100%の無添加団子は、毎朝作る自家製タレが自慢です。そのタレを目一杯使用したのが「みたらし」。ほかに、「草だんご」、「おかか」、「のり巻き」、の4種類があり、どれも1本90円。
 抹茶ソフトとお団子2本をお願いして、店頭にあるベンチに腰掛けていたら、日本茶をサービスしてくださいました。ありがたいですね。

1tya03

1tya04

1tya05

 お団子は、注文してから1本1本丁寧に焼き上げます。レンジでチンでもなければ、オーブンでチンでもない。
 「こんな値段で1本1本焼いていたら、合わないでしょ?」。焼いてくれているおばさまに言ったら、ニコニコしながら「いいんですよ」。嬉しいです。ちょっとした観光地気分です。
 結構時間がかかりますけど、焼き上がったお団子は焼きたてだから、熱々ほくほくでとてもおいしい。自家製のタレも甘くていいですね。

 カロリー控えめの生乳を使った「お茶の子ソフト」は、抹茶、ミックス、牛乳の3種類。いずれも250円。
 店内で抹茶を加えているそうで、香りが新鮮です。

1tya02

 「ふじ通り」は、春日部駅西口のメインストリート。その名の通り、通りの両側約1kmに渡って藤棚が続いていて、毎年4月の最終日曜日には「ふじまつり」が開催されます。
 「おつづみ園」あたりが藤棚の起点でもあり、独自に露天も出すなど、おまつり時のお店周辺は大盛況のようです。

 そのほか、「おづつみ園 ふじ通り店」は、その広い敷地を利用して様々な活動を行っていらっしゃる。
 知る人ぞ知る「食べロガー」でもある四代目の動向に、いろんな意味で目が離せません。

1tya07

------------- 2010年11月 ---------------- (写真も)

関連ランキング:和菓子 | 春日部駅八木崎駅

« 【大宮】 おしゃれなパンが揃う駅ナカベーカリー 「神戸屋スタッツォ エキュート大宮店(さいたま市大宮区)」 | トップページ | 【谷川岳】 天神平でたった一つの天空のレストラン 「ビューテラス てんじん(谷川岳)」 »

スイーツ」カテゴリの記事

春日部市(その他)」カテゴリの記事

春日部市(スイーツ)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー