• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【杉戸】 養鶏場の産みたて卵たっぷりカステラ生地ロールケーキ 「卵や 坂斉養鶏場(杉戸町)」 | トップページ | 【春日部】 横手焼きそばがいただける埼玉では珍しい店 「キッチン ハル(Kitchen HARU)」 »

2013年9月 8日 (日)

【蓮田】 今月は特に凄かった。記憶に残る9月のランチ 「トラットリア ナトゥーラ(蓮田市)」

03

 今月から、「前菜の盛り合せ」の皿が変わって盛りつけも変わりました。
 ランチ全体の内容も非常によく、振り返っても過去最高クラスかもしれません。長く通っていて食べ慣れているはずのランチで、こんな感動を与えてくれるナトゥーラはやっぱりすごい。

 今月も例によって「メイン料理のコース」を2名分とグラスワイン2杯をつけて、合計5,600円でした。パスタとメインに加算料金が付くのを選んだのでちょっと高くなってしまった。
 でも、それくらいの価値はあるランチです。

10

 今回は、

前菜の盛り合せ
 枝豆のムース
 赤キャベツのマリネ
 ローストポーク
 ボローニャ産モルタデッラ
 ソウメンウリのおろしとんぶり和え
 リゾーニのサラダ
 穴子のエスカベッシュ
 ベーコンの入ったタルト仕立て

パスタ
 大葉のジェノベーゼ
 小海老とブロッコリーのトマトクリームソース(+ ¥300)

メイン
 モウカの香草パン粉焼き フレッシュトマトソース
 牛ミスジ肉のステーキ(+¥500)

デザート
 ホワイトチョコレートケーキ
 ヨーグルトのムース

 プラムのコンポートを使ったパン・ド・ジェンヌ
 黒ごまのババロア

飲み物

02

 前菜はご覧のようにお皿が四角になって、盛りつけもより密度の濃いスタイルに変わりました。
 こっちの方がずっと美的センスを要求されて、盛りつけを考えるのがたいへんだろうけど、こちらの方が洗練されて良いですね。

 今月のお初はリゾーニ。
 米粒大のショートパスタ。大きさ形とも松の実にそっくりだけど、ちょっと小さめで細い感じでしょうか。手に入りにくいと聞いたことがあります。
 先日、メソンドゥアッシュでいただいた「お米のサラダ」と同系な感じです。非常に爽やかでした。

 それ以外は、ナトゥーラでは定番とも言える前菜たちで、どれも白ワインによくあいます。この日は2杯もいただいてしまった。(ローストポークは合わないけど)
 枝豆のムースも良い味わいでした。

04

05

 ジェノベーゼはあんまり好んでいただたかないのですが、今回の「大葉のジェノベーゼ」は非常に美味しかった。
 ジェノベーゼが程よいんです。「刻み大葉のアーリオオーリオ」と言っても良さそうなソースで、好みでした。ナトゥーラの福田シェフのセンスは本当に自分に合っているんだと思います。

 小海老とブロッコリーは定番。ご覧のとおりの具材で、これでもかと小海老が入っているのは圧巻です。

 ここまでで、感心していたところに、「モウカの香草パン粉焼き フレッシュトマトソース」と「牛ミスジ肉のステーキ(+¥500)」がサーブされました。
 どちらも驚くべき大きさです。

 特に牛ミスジ肉がものすごい。写真ではわかりにくいかもしれませんが、大きなミスジ肉が2枚です。
 ミスジ肉とは肩の端というか肩胛骨あたりの肉だそうで、赤身なのに適度なサシが入っているのが特徴だとか。

07

 非常に丁寧に下処理が施されているので、一般的に「筋肉」から連想されるようなお肉ではありません。逆に柔らかいくらいです。
 しかも、赤身なので味が濃厚で、肉本来の旨味が存分に味わえます。
 焼き加減もレアでこれも自分の好み。

 あらゆる点で、過去最高のメイン料理だったと思う。美味しかった。
 分量が多かったせいもあって、夜7時になっても空腹を感じませんでした(笑)。

 モウカは昨年もありました。
 北関東や東北ではよく食べられているサメですね。でも、まったく臭味がありません。

06

 昨年の記事から引用すると
 「ずっと以前「秘密のケンミンSHOW」で見た食材じゃありませんか。栃木県では「モロ」と呼ばれて非常にポピュラーな食材だそうです。東北でもよく食べられている。
 ナトゥーラのサイトにあった通り、赤身に近い色合いで透明感がありました。クセはなく実に淡泊で柔らかい。適度に繊維質でしっとりしていました。つまり、フライにするとめっちゃ美味しい。びっくりです。実に旨い魚だった。」
 今年はフレッシュトマトのソースが昨年より良かったかも。

08

09

 デザートにも満足です。
 パン・ド・ジェンヌは前にもいただいたことがあったかな。


 いつもランチが月替わりして最初の土曜日は予約で満席なのですが、この日に限っては4組程度しか予約が入っていなかったそうです。
 しかし、フリーのお客さんが次々いらっしゃって、12時を前に満席になりました。

 いまや、イタリアンでは埼玉県を代表する名店になってしまいましたね。

 今月のランチは、その実力を余すところ無く味わわせていただきました。これからもプライドを持って美味しい料理を提供し続けていって欲しいと願います。
 ただ、採算度外視もここまでくると心配になってしまうほどwww。

 今月のランチはすごかった。
 ごちそうさまでした。

01

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

« 【杉戸】 養鶏場の産みたて卵たっぷりカステラ生地ロールケーキ 「卵や 坂斉養鶏場(杉戸町)」 | トップページ | 【春日部】 横手焼きそばがいただける埼玉では珍しい店 「キッチン ハル(Kitchen HARU)」 »

蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ)」カテゴリの記事

イタリア料理」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー