• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【蓮田】 今月は特に凄かった。記憶に残る9月のランチ 「トラットリア ナトゥーラ(蓮田市)」 | トップページ | 【武里】 このカレーランチが890円(カレー2種・ナン&ターメリックライス食べ放題・サラダ・飲み物) 「ナワブダルバール 武里店(春日部市)」 »

2013年9月 9日 (月)

【春日部】 横手焼きそばがいただける埼玉では珍しい店 「キッチン ハル(Kitchen HARU)」

01

 春日部で「横手焼きそば」が食べられるお店ということで、かなり以前からマークしていたお店だ。しかし、土曜日は夜のみ営業で日曜日が休みというスタイルがネックになって、なかなか訪問できない。
 土曜日のランチ程度しか外食ができない県外勤務リーマンにとって、これほど訪問しにくいお店はない。

 市役所のすぐ隣という町中にあって、サラリーマン需要が主体のお店なのだろう。
 ぼくらが訪れた日も、中年サラリーマン4名と、OL風女性が4名いらっしゃった。

09

 「横手焼きそば」は、「富士宮やきそば」「太田焼きそば」と並んで「日本三大焼きそば」と呼ばれているらしい。
 実際、2000年6月に静岡県富士宮市と群馬県太田市と共に「三国同麺」と呼ばれる協定を結んでいるそうだ。

 今回初めて食べた印象は「ちょっと甘めの太麺焼きそば」だろうか。
 麺がちょっと太目のストレート。ソースはウスターらしいが、かなり甘め。トップに目玉焼きが載っかっているのが特徴で、黄身をほぐしてソースの染みこんだ麺に絡めて食べると美味しさ倍増した。福神漬けも珍しい。
 当店の横手焼きそばランチは、飲み物付で680円。女性にはプチデザートが付いていた。

 美味しいとは思うけど、そこは焼きそばですから。
 無骨なイメージのある「太田焼きそば」よりは品の良い感じはした。しかし、「富士宮やきそば」ほど特徴もなく洗練されてもいないかもしれない。

02

03

 焼きそばは町おこしに利用されることが多く、全国各地に新しい焼きそばが誕生している。

 わが町春日部も例外ではなく、数年前に商工会議所青年部が開発した「春日部焼きそば」というメニューが誕生した。
 青年部の方々の努力の甲斐あって、今や春日部市内15店舗くらいで食べることができるらしい。
 しかし、個人的な感想を言わせてもらうと、残念ながら「春日部やきそば」が市民に愛されて定着するとはちょっと考えにくい。

 理由は簡単。「好き嫌いの激しい食材を主食材にしている」からだ。
 その「好き嫌いの激しい食材」とは「紫蘇(シソ)」。紫蘇をそのまま出しているわけではなくて、乾燥させて「ふりかけ」にした所謂「ゆかり」をあんかけ焼きそばに振りかけている。

 紫蘇の香りは強い。ふりかけとはいえ、すべての食材を殺してしまうほどだ。…と言いつつ、実はぼくは嫌いじゃない。
 わが家では親しみを込めて「大人の焼きそば」と呼んでいる。希少価値もあるし、結構美味しいとも思う。

 しかし「大人の焼きそば」と名付けたように、子供が好んで食べるとは思えない。紫蘇を好んで食べる子供なんて見たことありますか? 
 町おこしの新メニューなんだから、万人受けする食材を使わなくちゃダメだろう。香りの強い食材は嗜好性が強いから避けるのが常道だと思う。
 もちろん、例外的に好きな子供もいる。だけどあくまでも「例外」。大人でも苦手な人は多い。
 
 春日部は藤の花が有名だ。「藤の花=紫」と発想して紫色の食材を探した。で、誰かが「紫蘇」を思いついてそれに拘泥した結果、こんなメニューができたのだろうと容易に想像できてしまう。
 「藤うどん」という紫のうどんもあるんだけど、これも……。

04

0506

07

08

 話が逸れて申し訳ない。
 この日は、ほかに「幕の内弁当 780円」もいただいた。

 安い食材を使いこなして一生懸命作られているのが伝わってくるお弁当だった。春雨の春巻きはたまに聞くメニューだけど、当店のは中にゲソが入っていて食感に工夫が施されていた。
 味のバランスや彩りにも工夫がなされていて、一目でチープとはっきりわかるお弁当ながら、それなりに楽しませてもらった。丁寧に作られた幕の内だった。
 でも、もうちょっと豪華のがいいかな。

11

 元々は秋田の郷土料理店なので、夜になると「いぶりがっこ」「比内地鶏」「きりたんぽ」等の秋田郷土料理がいただける。
 日本酒等の揃えも相当の拘りがあるようだ。
 
 こんなランチがいただけるお店なら、食材をしっかりと選んで手間暇かけた料理はもっと美味しいに違いない。そんな期待を抱かせるランチだった。
 夜、じっくり伺ってみたい。

10

キッチン ハル
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:鍋(その他) | 春日部駅八木崎駅

« 【蓮田】 今月は特に凄かった。記憶に残る9月のランチ 「トラットリア ナトゥーラ(蓮田市)」 | トップページ | 【武里】 このカレーランチが890円(カレー2種・ナン&ターメリックライス食べ放題・サラダ・飲み物) 「ナワブダルバール 武里店(春日部市)」 »

和食」カテゴリの記事

春日部市(その他)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー