• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【熊谷】 埼玉県北にあるとってもおしゃれなパン屋 「boulangerie Matsuoka(ブーランジェリー マツオカ)(熊谷市)」 | トップページ | 【羽生】 一個五十円に拘る職人の心意気! 「あま太郎(羽生市)」 »

2013年10月13日 (日)

【越谷】 越谷の名イタリアン「タベタリーノ」の新しい挑戦! 「タベタリーノ 南越谷店 (旧店名 マニャーナ)(越谷市)」

01

 オープン当初は「マニャーナ」という店名でしたが2015年現在「タベタリーノ 南越谷店」と変更しています。当記事は「マニャーナ」時代に訪問して書いたものです。

 越谷のイタリア料理店「タベタリーノ」が、2013年5月13日に出店したお店。
 場所は、東武伊勢崎線「新越谷駅」東口から徒歩3分程度の「サンシティ」真ん前。ここには、以前同じイタリアンの「伊太創」があった。
 築40年からのビルなので、外装・内装ともにかなり手を掛けたとのこと。
 地中海料理店らしい雰囲気になっているとは思う。
 
 新店なのであまり悪いことは書きたくないのだが、「牛フィレ肉のステーキ」がこの手のお店では食べたことないくらい出来が悪かったので、そこから書きはじめようかな。

 まず、ソースがひどい。
 デミグラス系にキノコを合わせたよくあるタイプだが、煮詰まりすぎたのか水分がほとんど飛んでしまっている。若干、焦げた味までした。なんだこれ?
 ソースの少ないお店はよく見かけるけど、ここまで少なくて出来の悪いソースは見たことが無い。ファミレス以下だと思う。

05

04

 肝心の牛肉も焼加減がイマイチ。両面の焼具合にムラがあって、その上網目の焦げがかなり強い。ここまで分厚い牛肉を焼き上げるウデはないかもしれない。
 レアな焼加減は好みの問題だと思うが、ここまで分厚いのなら焼加減をお願いすればよかった。そのあたり、ホールから一言あってもよかったかも。

 この日は、例によってカミさんとの二人ランチ。

11

 お願いしたのは、「前菜盛り合せ、自家製パン、パスタ、デザート、飲み物」で1,580円のランチ「Aコース」と、「前菜盛り合せ、自家製パン、渡り蟹のパスタ、メイン料理、デザート、飲み物」で2,580円の「Bコース」。
 これらに白のグラスワインとパスタの加算料金をあわせて、合計4,910円だった。

 「渡り蟹のパスタ」は「タベタリーノ」でもスペシャリテで、当店とほぼ同じコースがある。あちらも「渡り蟹のパスタ」固定だったと思う。
 トップに渡り蟹の甲羅が載っかってパスタの下に、足と足の付け根。この価格で贅沢は言えないとは思うが、自分が贔屓にしている蓮田のお店と比べると、食材の料も味も、どうしても見劣りがしてしまう。
 ベースはトマトで蟹の旨味が溶け出したソースなのだが、ソースの分量が少なすぎてどこか茫洋としてしまった。

02

03

 Aコースをいただいたカミさんが選んだパスタは「ウニとホタテ貝のクリームスパゲッティ +300円」。
 これはクリームソースにウニを溶かし込んだソースではなく、トップにウニが載っかったものだった。ウニ自体は新鮮で良かったと思う。
 問題はクリームソース。ちょっと甘すぎたかもしれない。塩が一振り足りないかなぁ。

 念のため付け加えておくと、パスタの感想はどちらもぼくの方。カミさんはどちらも気に入っていた。
 麺の茹で加減はどちらも良かった。

 前菜の盛り合せは、下記の通り。

 海老のすり身のテリーヌ
 カツオのカルパッチョ
 スモークサーモンのマリネ
 カプレーゼ
 自家製ピクルス
 ガランティーヌ(若鶏の詰め物)

06

 海老のテリーヌがとても良かった。自家製のソースも良い味。
 ガランティーヌは、たぶん外が若鶏のささみみたいな部位で、中の詰め物には魚卵風の味がした。これも美味しくいただきました。やっぱりベースは、フレンチっぽいですね。
 その他の前菜はごく普通な感じですが、カツオがちょっとダメだったかな。臭味が強かった。

 デザートは別に用意されたメニューから選ぶ。
 ぼくらが選んだのは、クリームブリュレとレアチーズケーキ。それぞれにバニラアイスとオレンジジェラートがトッピングされていた。
 どちらも美味しかったと思う。

07

08

 味は悪くなかったのだが、クリームブリュレの皿が写真のようになって出て来た。
 下の白い粉末はなんだろう。粉砂糖だと思うが、振りかけたあとサーブのときに皿の上に載せた器がずれてしまって、こんな汚い感じになってしまったんだと思う。
 これなら、サーブしてから振りかければ良いのに。サプライズになって好感度アップかも知れないですよ。

 どちらにもついてきたのが、自家製のオニオンフォカッチャ。
 これも、「タベタリーノ」の味。お代わり自由だそうで、ホールの可愛らしい女性が何度も「お代わりいかがですか?」と聞きに来てくれたので、2回もお代わりしてしまった。
 美味しい。こういうサービスはありがたい。

09

 でも、こうして文章にして全体を見渡すと、ぼくはあまり気に入らなかったみたい。カミさんは結構気に入ったみたいだが。

 「マニャーナ」とは、スペイン語で「明日」という意味があるそうだ。
 「いつも明るい明日が来ますように」との願いを込めて当店を開店させたとのこと。そこは心から賛同します。

10

12

マニャーナ
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:地中海料理 | 新越谷駅南越谷駅蒲生駅

« 【熊谷】 埼玉県北にあるとってもおしゃれなパン屋 「boulangerie Matsuoka(ブーランジェリー マツオカ)(熊谷市)」 | トップページ | 【羽生】 一個五十円に拘る職人の心意気! 「あま太郎(羽生市)」 »

洋食・欧風料理」カテゴリの記事

イタリア料理」カテゴリの記事

越谷市(イタリアン)」カテゴリの記事

越谷市(洋食・欧風料理)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー