• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【新宿】 名刹の石庭を思わせる上品で重厚なモンブラン 「ヴィタメール 小田急新宿店(東京都新宿区)」 | トップページ | 【蓮田】 いつものイタリアンで誕生日会 「ナトゥーラ(ディナー)」 »

2013年11月10日 (日)

【春日部】 オトナな空間でハンドドリップ珈琲とふわふわスフレ 「星乃珈琲店 春日部店(春日部市)」

01

 2011年4月、新宿に1号店をオープン。以降、怒濤の出店攻勢を続けている星乃珈琲店は、ファミレス終焉後のひとつの結論かもしれない。もちろん、現時点のではあるけれど。
 ドトールコーヒーやエクセルシオールカフェを運営する企業が仕掛けた新業態だそうだ。

 フレンチやイタリアン等の専門店が増えて客の舌が肥えた。本物を知った客は、サービス面にも要求がきつくなって、それでいて安いモノを提供しろというジレンマ尽くしの世界。
 止まるところを知らない客のニーズにどう応えていくのか。外食業界は試行錯誤の連続ですね。

02

 確かに、非常に考えられた空間と品質だったと思う。
 競合同形態は「コメダ珈琲」とか「上島珈琲店」とか「サンマルクカフェ」あたり? 北関東なら「草木万里野」とか「羅布乃瑠 沙羅英慕」とか?
 焦げ茶と白主体の落ち着いた内装や、豪華でゆったりとした席、一杯一杯ドリップを使って手で淹れてくれる等、ファミレスに飽き足らない層や高年齢層あたりを取り込めそうなお店ではあった。

 当店の場合、珈琲店と自称する割りにコーヒーは「星乃ブレンド」「炭火焙煎」「アメリカン」「ウインナー」しかない。
 もっとも、星乃珈琲に限ったことではなくて、コメダも似たような感じだったか。
 食べログ側には他支店にならって「コーヒー専門店」で登録したが、「専門店」じゃないね。「カフェ」かな。ビールがあったので「喫茶店」ではないし。

03

 春日部店に限って言えば、店舗の設計ミスのような気がする。
 レジのすぐ脇に厨房からの出入り口がある。この出入り口は、出来上がった品を持ってホール係が頻繁に出入りする場所である。
 レジを待ってボーッと突っ立っていたら、厨房から素早く出てくる熱心なホール係と危うく衝突しそうになった。
 この日は朝だったのでそれほど混雑していなかったが、混雑する時間帯は大変なことになっているような気がする。 

05_2

06

 オープンから11時までのモーニングの時間帯にお邪魔した。
 注文したのは、看板の「星乃ブレンド 400円」を二つ。モーニングは厚切りトーストとゆで卵の付く加算料金無しの「モーニングサービス」と「フレンチモーニングセット(フレンチトースト、サラダ、ゆで卵 600円)」をひとつずつ。
 その後、他のコーヒーも飲みたくなって「炭火焙煎珈琲」をオーダー。お代わりを半額でお願いできるのは「同じコーヒー」だけだそうなので別に450円支払った。

 更に、「栗のスフレパンケーキ 850円」が食べたくなったのでお願いしてみたら、「11時からなんです」とホール係。
 でも、ちょっとして戻ってきて「大丈夫です!」と、通常は朝の時間帯に出していないメニューを提供してくださった。
 なんだかんだで合計2,300円。朝から馬鹿みたい食った(笑)。
 
07

08

 ハンドドリップで煎れるというコーヒーはどうだったかというと…。

 「星乃ブレンド」は、苦味と酸味のバランスが良い美味しいコーヒーだと思う。
 しかし、当店訪問の1時間くらい前に「セブンイレブン」で150円のコーヒーを飲んでしまっていた。

 セブンイレブンのが旨かった(笑)。苦味のコーヒーが好きな自分の好みにピッタリで、しかも150円。
 星乃ブレンドは、後味に酸味がやってくる。深みのある味だとは思うが、苦味ガツン系が好きな自分にはセブンイレブンのヤツの方が好みだった。
 美味しい珈琲だとは思うが。

 それで、炭火焙煎もいただいてみたくなった。もうちょっと苦味ガツン系かなと思って。
 しかし、たいしたことなかった。なぜかほとんど香りがしない。苦味もマイルドだった。もうちょっと香ばしくて香り高いかと思ったのに。

10

11

09

 ブームというパンケーキ。どこもかしこもパンケーキを求めて行列ができているそうですね。
 スフレパンケーキに照準を絞ったのが、当店が成功しているひとつの理由のようだ。新宿にあるお店にはスフレパンケーキを求めて行列ができているらしい。よくしらないけどww。

 当店のは二段重ねにもできるらしいが、今回は通常一段の旬の「栗のスフレパンケーキ」を。これが850円もする。
 トップに栗の渋皮煮。クリームは外側にマロンで中に生クリーム。スフレはふわふわ。めちゃくちゃ甘い。メープルシロップがついてくるけど、こんなもんかける神経がわからないってくらい甘い。
 プレーンをお願いして、トッピングでいろんなのを追加するのが正解のような気がする。とにかく甘かった。
 これでコーヒーが苦いと合うんだけどね。

 帰宅してカミさんと話した。
 「400円のモーニングはいいけどもう一息(名古屋出身なので要求がキツイ)」
 「ドトールより落ち着くね(席がゆったりしているから当然)」
 「コメダより好みかな(同意します)」
 「草木万里野の方が好きかも(こっちの方が明るいけど)」
 「羅布乃瑠 沙羅英慕は論外(同意します)」
 「一凛珈琲行きたい!(近いうちに行きましょう)」

04

星乃珈琲店 春日部店
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:カフェ | 八木崎駅豊春駅春日部駅

« 【新宿】 名刹の石庭を思わせる上品で重厚なモンブラン 「ヴィタメール 小田急新宿店(東京都新宿区)」 | トップページ | 【蓮田】 いつものイタリアンで誕生日会 「ナトゥーラ(ディナー)」 »

カフェ」カテゴリの記事

スイーツ」カテゴリの記事

春日部市(スイーツ)」カテゴリの記事

春日部市(カフェ)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー