• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【伊奈中央】 料理と酒の本当のマリアージュを教えてくれた蕎麦屋 「蕎麦きり さいとう(伊奈町)」 | トップページ | 【さいたま新都心】 埼玉一の老舗フレンチ 「アルピーノ(さいたま市大宮区)」 »

2014年1月28日 (火)

【蒲生】 上等な洋食屋さんという感じだけど2,500円のスペシャルランチが素晴らしい 「ビストロ・ド・ラトゥール(越谷市)」

01

 蒲生駅東口から歩くこと10分程度。
 「GAMO Shopping」と書かれたアーチのある商店街の中程にフランス料理店『ビストロ・ド・ラトゥール』はある。
 ひとつの建物を隣の花屋と分け合っているので、店内は5テーブル14席ほどしかない小さなフランス料理店だ。

 切盛りするのはぼくらと同年代かちょっと上と思しきご夫婦。ご主人が調理を担当して、奥さまがホールを担当されているとのこと。
 他の方のレビューを読むと数年前にリフォームされたそうで、そのせいか非常に清潔そうで快適な飲食空間になっている。
 ホール担当が一人で捌くのにちょうどよい席数かもしれない。 

 何より嬉しかったのは、奥さまに「写真撮らせてもらって良いですか?」とお願いしたら、一礼と共に「ありがとうございます」と返していただいたこと。
 少しでもキレイな写真を撮ってやろうという気持ちになるってもんです。

15

14

 この日の目標は、R923Eさんのブログで拝見した「マドモアゼルコース(2380円)」。
 「マドモアゼルコース」は氏のブログによると、2名からで当日10時までの予約だそうなので、席の予約時にそれとなく確認してみたところ、現在はバージョンアップして、2,500円で「スペシャルコース」になっているという。

 この「スペシャルコース」が凄い。
 オードブル、スープ、魚料理、口直しのグラニテ、肉料理、デザート盛り合わせ、飲み物という構成で、驚異の2500円なのだ。
 南浦和の「ラルケカンジュ」は、アミューズとデザート後の小菓子がついて2,800円だったけど、それに近いくらいのインパクトある構成になっている。
 期待が膨らむ。ただし、Rさん含めていろんな人のレビューを拝見すると、純粋なフレンチでは無さそう。それは、仕方無いと思うことに。

11

 事前に駐車場の有無を伺ったところ、近隣に提携しているコインパーキングがあるそうで、1時間半までは負担してくれるという。
 場所を聞いたら、Googleストリートビューで確認していた一番近い「タイムズ」だった。
 予約7分前に到着して、お店までの約170mをのんびり歩いて11時半ぴったりに到着した。

 噂通り、お店はキレイ。間接照明と白熱灯に照らされた店内は雰囲気が良い。
 それぞれのテーブルの間を広めにとっているので隣席の方の息遣いが気になるほどではないが、狭い上に天井も低いので声が大きく響くのが難点。でも、それはしょうがない。
 ぼくらは一番乗りだったけど、12時近くに3組のお客さんがいらっしゃって、途端に賑やかになった。

 腰をおろして暫く後、まずパンとバターが出て来た。普通の温められたバゲット。
 お代わりが可能なようで一度だけ追加をお願いした。美味しいバゲットだった。バターの量もちょうど良い。もう一回お代わりしたらどうだろう。金額が発生するかな。

03

05

 オードブルは、
 ・蛸と小海老のマリネ
 ・まぐろのカルパッチョ
 ・スモークサーモンとクリームチーズのクレープ包み
 ・グリーンアスパラの生ハム巻き
 以上4点盛りだった。
 
 中央にはラデッシュが並べられ、ジェノベーゼがちょっとだけ振りかけられている。
 イタリアンっぽい…よね? ソースもシンプルでそれ程多くない。大ぶりの野菜とかやっぱりイタリアンっぽい。
 「スモークサーモンとクリームチーズのクレープ包み」が美味しい。
 ほかは特に驚きの無い前菜類だった。決して美味しくないわけじゃなくて。

04

 次いでスープが届いた。「かぼちゃのポタージュ カプチーノ仕立て」。
 思ったよりお皿が深くて量もたっぷり(笑)。とろりと濃厚で美味しい。ブラックペッパーの香りとアクセントも良い。
 これはとてもフレンチらしい気がした。満足。

 魚料理は「スズキのポワレ」とのことだったが、スズキの小さな切り身2切れを中心に天使の海老、ホタテ、イカを盛りつけられていた。
 付け合わせは青梗菜他。
 エストラゴンのソースと赤パプリカのソースだそう。エストラゴンはほんの少しハーブ臭がしたかな? 赤パプリカは甘め。

06

07_2

 この皿で一番美味しかったのは、バターソテー(たぶん)されたホタテだった。良い味だったけど、これもソースはあまり関係なかった。
 フレンチをいただいいている感じがほとんどしない。
 不味いわけではないが、ソースの主張が控えめなため、フレンチというよりも上等な洋食をいただいているような感じと言えば解りやすいかもしれない。

 魚料理のあと、「口直しのグラニテ」が出て来た。
 この日は、グラニテではなく、「シャーベット」とおっしゃってサーブされたのでシャーベットなんだけど、グラニテみたいに粒が荒くなく甘いので、口直しというよりもデザートの一環みたいだった。
 それにしても、わずか2,500円のコースなのにすごいことです。
 「レモンとフランボワーズ」だった。

08

 肉料理は「牛肉の煮込み」。柔らかく煮込まれた牛肉がなんと3切れもあった。トップにはマッシュポテト。
 少々甘めのデミグラスソースが、非常に好みの味だった。
 ただし、ここでも、上等な洋食屋という印象が拭えない……。

 デザートは、苺ショートとミックスベリーのチョコレートのムースだった。どちらも美味しい。
 ケーキ類のほかには、苺が丸々一個。
 こんな値段だから、ケーキが小さいのは仕方ないけど、プラス料金支払っても良いのでもうちょっとほしい。
 味の感想を書くほどの量がなかったのが残念。でも、普通に美味しかった。

 最後にコーヒー。バランス良く好みだった。

09

10

 このランチコースが驚異の2,500円。
 イタリアン風というか上等な洋食屋風というような料理で、フレンチと言われるとちょっと違うような気もしてしまうが、非常に丁寧に作られた料理だということがわかるすばらしいランチコースだった。

 もちろん、もっとリーズナブルなランチもある。
 写真を貼り付けておくので参考にして欲しい。
 この日はハウスワインを一杯お願いしたのだが、これもまた350円という安さ。合計5,350円だった。 

 料理の傾向は、土地柄仕方ないのかもしれない。
 
 でも、かなり気に入った。

1213

 全て終えてレストランを出たのが12時51分だった。100円のコインパーキング利用券を3枚いただいたけど、停めたのが11時23分だったのでどう頑張っても12時53分には出られない。
 その時点で諦めて、近所で軽い買い物をしてから帰宅の途についた。

 30分100円なので100円だけ自己負担になった。
 でも、この程度はまったく問題ない。駐車場に無頓着なレストランが多い中、すばらしいサービスだと思う。
 また行きたい。

 ジャンルで食事をしているわけではないので、総合的に判断させていただいた。良い店だった。

02_3

ラトゥール
昼総合点★★★★ 4.1

関連ランキング:フレンチ | 蒲生駅

« 【伊奈中央】 料理と酒の本当のマリアージュを教えてくれた蕎麦屋 「蕎麦きり さいとう(伊奈町)」 | トップページ | 【さいたま新都心】 埼玉一の老舗フレンチ 「アルピーノ(さいたま市大宮区)」 »

洋食・欧風料理」カテゴリの記事

フランス料理」カテゴリの記事

越谷市(フレンチ)」カテゴリの記事

越谷市(洋食・欧風料理)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー