カテゴリー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサーリンク


無料ブログはココログ
にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
埼玉食べ歩きブログ★ランキング

« 【閉店】【八木崎】 1500円でこんな立派なイタリアンランチがいただけちゃう 「イル・カンパネッロ(春日部市)」 | トップページ | 【八木崎】 いつも満員。味噌拉麺ライス(お代わり自由)専門店 「味噌屋せいべえ 春日部店(春日部市)」 »

2014年1月13日 (月)

【閉店】【大和田】 新シェフは故父シェフとは違ったスタイルを模索中? 「ほーるくろっく(さいたま市見沼区)」

05

 大和田駅から歩けば30分近くかかりそうな住宅街に佇んでいる。遠目からは店舗と見えないご自宅を改造したこぢんまりとしたフレンチレストランだ。
 1階の左脇にある階段を登った2階部分がレストランになっている。

 「ほーるくろっく」さんは、ぼくが「食べログ」にレビューを書き始める以前から評判が高かった。
 ご自宅を改装されたとか、場所がとてもわかりにくいとか、雑多な情報も併せていろんな方々の興味深いレビューに触発され、何度か伺おうと企てたがタイミングが合わず、そのうちにシェフがご病気との書き込みを読んで躊躇してしまった。

 残念ながら、ご病気だったシェフは2011年?に他界されたとのこと。
 現在は息子さんが二代目シェフとしてお店を守っていらっしゃる。先代の奥さまで現シェフのお母様がホール担当だ。厨房にチラッと見えた女性は現シェフの奥様だろうか。

10

 いつも通り、ランチ開店と同時に予約したが、11時だったか11時半だったか忘れてしまって「11時半開店」と記載がある「食べログ」のデータを参照してしまった。(現在は訂正済み)
 しかし、実際は11時開店。30分も遅刻したことになる。申し訳ない。それでも、嫌な顔ひとつせず笑顔でおもてなししていただいた。ありがとうございます。

 こちらは、時間を間違えていたことに気がつかず、帰る頃になってやっと気がつく始末。申し訳ありませんでした。

 帰宅して当店のサイトを見ると、ランチは「11時~13時と13時30分~15時30分の2部制」になっている。しかし、ぼくらは11時半到着で、更に12時に到着した4人グループもいらっしゃった。
 2部の予約が無くて、結果オーライだったのだろうか。

06

 実際はどのように運用しているんだろう。もし、本当にサイト記載通りの2部制ならこの日は完全に崩壊していたことになる。

 予約時に2部制であることも伝えられていない。
 本当に2部制で運用したいなら、「2部制であること」「時間厳守(できるだけ)」を予約時にはっきりと客に伝えるべきではないだろうか。

 それと客への告知も不十分に感じてしまう。
 当店サイトで、ランチ2部制と記載してある場所は「Menu」のヘッダー部分だ。非常にわかりにくい。トップページにある「お店の基本情報」の営業時間にきちんと書くべきではないかな。

 緩く運用しているなら現状でもかまわないと思うけど、実際はそんな感じなのかな? 

07

1404

 駐車場はお店から約220m。GoogleMapで計測してみた(笑)。店頭に案内図があるので参照してほしい。以前の場所よりも遠くなったそうだ。
 5台分確保されているが、1台はご家族が使用されているようで、すでに埋まっていた。なので、実質4台分かと思う。

 ランチは3コース用意されている。
Aコース サラダ、スープ、メイン料理、パンとリエット、飲み物
Bコース オードブル、スープ、メイン料理、パンとリエット、デザート、飲み物
メイン料理が鴨か仔羊固定の3,500円Cコースもある。

 夫婦でBコースをお願いし、白のグラスワインを2杯いただいて6,200円だった。ワイン1杯600円ですね。

12

13

 まずバゲットとリエット。
 リエットは牛だそう。お母様も「珍しいです」とおっしゃっておられたが、リエットといえば豚が多い中、たしかに珍しい。「メゾンドゥアッシュ」のリエットも豚だった。
 個人的好みを言えば、もうちょっと脂があっても良いと思う。
 
 パンは大和田の「ブーランジェリークルミ」さんの。美味しいパンだった。旧知の間柄らしい。

 オードブルは「牡蠣のソースカートパトリック」。
 フレンチ不案内なので「ソースカートパトリックって?」と聞くとお母様は答えられず、厨房からシェフが顔を出して答えて下さった。
 マヨネーズ系で旨味たっぷりの濃厚ソース。オーブンで仕上げたみたい。
 美味しいけどちょっと濃厚過ぎたかもしれない。

01

08

 スープは、トマト系と牛蒡のポタージュから選べるそうなので、「牛蒡のポタージュ カプチーノ仕立て」を。
 ポタージュという割にサラサラだった。味はしっかりと濃厚なポタージュだったけど。
 牛蒡の品がとても良い。先日いただいた「どっかる」のより美味かったかもしれない。
 しかし、もうちょっトロ味が欲しい。

 メインは、魚料理が肉料理から選ぶ。夫婦なのでいつものように双方をお願いした。
 魚料理「真鯛のポワレ アンテイパースソース」そう聞こえたんだけど?? 微塵切りした玉ねぎベースのラビゴットソース風。
 当初は気がつかなかったけれど、仄かにカレー風味がしたので聞いてみると、ガラムマサラとのこと。この風味がとても良いアクセントでふんわり真鯛によくあった。

 メインを調理する前に、シェフが顔を出してソースを2種類から選択できるとのアドヴァイスをしてくれた。
 オードブル、スープとクリームが続いたので、さっぱり目のソースもできるとのこと。で、お願いしたのが前述のソース。良かったと思う。

03

02

 肉料理は「牛ハラミのステーキ ガーリックバターソース」。
 食後の胸焼けの原因はこれかもしれない。写真でご覧いただく通り、大蒜チップがこれでもかと…。皿の右側が肉。肉の上に散らされたのは全部大蒜です。嫌いじゃないけど度が過ぎた(笑)。
 ハラミはちょっと硬い。美味しくなくはないんだが…。

 メインはどちらも付け合わせの野菜がとても良い。
 最近よく聞くヨーロッパ野菜研究会から仕入れているようでは無さそうだが、ラディッシュや紅芯大根など、なかなかお目にかかれない野菜がふんだんに盛りつけれていた。
 野菜に合わせて、ボイル、素焼き、素焼きしてボイル?等、手の込んだ調理をされていた点も良い。

09

 デザートは「ホワイトチョコのアイスとクリームブリュレ」。
 どちらも普通な感じだけど、両方ともかなり甘いので、アイスをベリー系にすれば双方が引き立って良かったと思うんだが。甘味の方向性も似た感じだった。

 最初にアイスを口に入れて、次にクリームブリュレを食べたが味がしないww。
 せっかくのデザートがこれではもったいないかもしれない。

15

 終始、ぼくらと同年配の品の良さそうなご婦人(シェフのお母様で先代の奥さま)がにこやかに対応してくださって、とても良い時間を過ごせた。
 個人宅なので狭苦しさは感じられるものの、調度品の趣味も良さそうで、店名の由来となった柱時計とか、開店当時の物語を偲ばせるレストランだった。

 新シェフに代替わりし、いろいろ模索されているのも感じられた。
 古くからの客は先代と比較するだろうし、かといって父の味をそのまま受け継ぐのはプライドが許さない部分もあるかもしれない。
 ちょっと合わない料理もあったが、全体からセンスの良さが伺われる。

 期待します。

 もっと早くに伺っておくべきだった。

11_2

ほーるくろっく
昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:フレンチ | 大和田駅

« 【閉店】【八木崎】 1500円でこんな立派なイタリアンランチがいただけちゃう 「イル・カンパネッロ(春日部市)」 | トップページ | 【八木崎】 いつも満員。味噌拉麺ライス(お代わり自由)専門店 「味噌屋せいべえ 春日部店(春日部市)」 »

さいたま市見沼区」カテゴリの記事

フランス料理」カテゴリの記事