カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサーリンク


無料ブログはココログ
にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
埼玉食べ歩きブログ★ランキング

« 【自由が丘】 ふんわりふわふわ生地のどら焼き。四銃士に割って入るかも? 「蜂の家 自由が丘本店(東京都目黒区)」 | トップページ | 【閉店】【大和田】 新シェフは故父シェフとは違ったスタイルを模索中? 「ほーるくろっく(さいたま市見沼区)」 »

2014年1月 8日 (水)

【閉店】【八木崎】 1500円でこんな立派なイタリアンランチがいただけちゃう 「イル・カンパネッロ(春日部市)」

06

 約2年ぶりの訪問。

 2年の間に変わったことを上げると、まず入口左手のテーブルレイアウト。
 窓に背を向けて座る長椅子は変わらないが、2人掛けのテーブル2卓ごとに植栽を載せた間仕切りを置くことによって、わずかでもプライベートな空間を保てるような工夫がなされていた。
 もうひとつ、ランチでリッチコースと呼ばれる、プリモ(渡り蟹のパスタ固定)とセコンドのついたコースが2,680円になっていた。2,800円→2,500円→2,680円と変遷したことになる。

 今回は、リッチコースではなく、通常のカンパネコース(前菜、パン、パスタ、デザート、ドリンク 1,500円)を二名分とグラスワインを2杯お願いした。
 前菜は「盛り合せ」だけのようだ。以前は一品料理の前菜もあったが。2名なので、1名分だけ追加料金300円で「シェフ特製盛り合せ」にした。
 パスタは、「シラスとレタスのペペロンチーノ」と「天使のエビのトマトクリーム(手打ち) プラス300円」をお願いしたので、合計で4,600円だった。(ワインが1杯500円なんだね)

08

 プラス300円でお願いした特製の前菜盛り合せは、9品だった。
 パプリカのムース
 もずくのレモンマリネ
 プルーンとフォアグラのムースを載せたクロスティーニ 
 玉子のクレープ 鮪のタルタル巻き 蓮のピクルス乗せ
 若鶏のロースト モスタルダソース
 白身魚とズワイガニのソーセージ仕立て カマンベールを使ったフリッタータ トップにカラスミ
 生春巻き ローストビーフ
 タコと下仁田ネギのマリネ
 薩摩芋とクリームチーズのサラダ仕立て

011

 通常の盛り合せは上記の中から、下記の6品の皿だった。
 パプリカのムース
 プルーンとフォアグラのムースを載せたクロスティーニ 
 若鶏のロースト モスタルダソース
 玉子のクレープ 鮪のタルタル巻き 蓮のピクルス乗せ
 生春巻き ローストビーフ
 薩摩芋とクリームチーズのサラダ仕立て

09

 プラス料金のあった皿にあって通常のに無かったのは、もずく、白身魚ズワイガニ、タコ下仁田ネギの3品。単純計算は成り立たないと思うが、1つ100円(笑)。
 通常の盛り合せが、まずまず豪華なので300円の価値を見いだせたり、前菜で昼ワインを飲みたい方はプラス料金を支払うのも一興かもしれない。

 料理はどれも一口サイズと寂しいが、味は良かった。
 オレンジのソースと若鶏のローストが合うのでびっくり。もずくは和食だが、レモンでマリネにすると白ワインに合ってなかなか良かった。
 酸味、甘味、塩味とそろってバランスもよく、見栄えもよい前菜だった。

03

 「天使のエビのトマトクリーム」は、タリアテッレとかパッパルデッレと呼ばれるくらい太さで手打ち。
 モチモチとして非常に食感が良い。大ぶりの海老が4尾。最初はクリームが少なめかなと思ったけど、補って余りある生のトマト感がすばらしかった。食べれば食べるほど美味しくなる稀有なソースだった。
 ほど良い酸味と海老の風味を、控えめなクリームが深みを与えている。
 こういうトマトクリームもいいかもしれない。

04

 「シラスとレタスのペペロンチーノ(乾麺)」は程よい塩加減とにんにく加減。丁寧に乳化されたアーリオオーリオだった。野菜の風味もとても良い。
 これも良かった。

 デザートが選べず、ちょっと小さめで、味もそれほどインパクトが無いことが、イル・カンパネッロ&カンパネ食堂唯一にして最大の弱点なんだけど、この日はこんな皿で出て来た。

02a_2

10

 黒糖を使ったガトーショコラ
 抹茶のケーキ(スティック)
 トマトとベリーのソルベ
 柿

 抹茶のシフォンケーキ
 抹茶のケーキ(スティック)
 トマトとベリーのソルベ
 柿

 見た目も寂しい。あといくつかフルーツを盛り合せるだけで印象が変わるような気がするんだけど。味は普通。
 久しぶりの訪問で良い店であることを再確認したけど、デザートだけは改善の余地があると思った。
 これだけの料理を出しておきながらもったいない。 

 食事とは関係ないんだけど、この日はちょっと珍しいことがあった。
 例によって一眼レフで撮影をしていたら、「雑誌か何かに載せるんですか?」と隣席の方から声を掛けられた。見た目40歳前後と思しきご夫婦(たぶん)。
 聞けば、「食べログ」を見てわざわざ松戸から食べに来て下さったそうだ。

07

 「春日部は美味しそうなお店がたくさんあるんですよね」とありがたいお言葉を頂戴したが、レストランで隣席の方から話しかけられたのは初めてだったので、ちょっとばかり面食らってしまった。
 驚きが先に立って上手く春日部を宣伝できなかったのが残念。
 家族の慶事の度に野田から当店へやってくる某会社の部長の話とか、春日部の他のお店の話とか、今度開催される「WEバル」の話とか話題には事欠かないはずなのに。

 話題といえば、カンパネ3店目「カンパネ3」の詳しい話も伺うことができた。
 店長は当店の古株女性シェフが担当(美人!!)。彼女は昼はイルカに出て、夜になったら「カンパネ3」へ行くらしい。
 当面は日曜日はお休みだそうだけど、満天横町のサイトには土曜日も休みとある。
 土曜日はやってると言ってたけどなぁ。
 前菜類が中心みたいだけどパスタもやっているそうなので、今度行ってみるつもり。

★参考★
カテゴリ「春日部 イル・カンパネッロ」

05

関連ランキング:イタリアン | 八木崎駅春日部駅

« 【自由が丘】 ふんわりふわふわ生地のどら焼き。四銃士に割って入るかも? 「蜂の家 自由が丘本店(東京都目黒区)」 | トップページ | 【閉店】【大和田】 新シェフは故父シェフとは違ったスタイルを模索中? 「ほーるくろっく(さいたま市見沼区)」 »

春日部市「イル・カンパネッロ」」カテゴリの記事

春日部市(イタリアン)」カテゴリの記事

イタリア料理」カテゴリの記事