• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

【新宿】 埼玉から撤退してしまった「キハチ」の和栗モンブラン 「パティスリー キハチ 伊勢丹新宿店(新宿区)」

01

 以前は、伊勢丹浦和店にもあったが、現在(2014/02/27)は撤退してしまった「パティスリー キハチ」の「和栗のモンブラン」をいただいたので、簡単に記しておきます。

 キハチといえばリッチなロールケーキが有名らしいが、どうしてモンブランも非常に美味しかった。

 難を言えば、あまりに洋風に仕立てすぎた栗の渋皮煮だろうか。
 せっかくの和栗の渋皮煮なのに、不自然な甘さが先に立ってしまい栗本来の味わいが薄い。

03

 しかし、栗のクリームは濃厚でどっしり。甘味が強いが、栗の風味がしっかりと残っていてしつこくない。
 断面図のとおり、タルトの土台が意外に厚く食べ応えがあった。タルトの上に載せられた生クリームと栗のクリームの味のバランスが非常にいい。

 見た目はそれほど大きくないのだが、非常に食べ応えがあって満足した。

 600円近いお値段からすれば美味しくて当然かもしれないけど。もうちょっと安いと良いのですけどねぇ。

02

キハチ 伊勢丹新宿店
昼総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

2014年2月23日 (日)

【東浦和】 南欧風の素敵な外観と内装のイタリア料理店 「パボーロ・パブーロ(さいたま市緑区)」 

01_2

 武蔵野線に乗って「南浦和駅」から千葉方面へ向うと、最初に「東浦和駅」に停車する。
 駅周辺は、開発ラッシュが続いた新興住宅地の都会的な町並と、見沼たんぼの起点となる緑豊かな自然を併せ持つ魅力的な町だ。
 随所にある坂も、東京の山の手みたいで感じがいい(笑)。

 駅を降りて東方面へちょっと歩くと見沼代用水西縁があり、更にその向こうに駅前とは別世界の大自然「見沼たんぼ」が広がっている。見沼代用水沿いに少し歩けば、埼玉県民なら誰でも知っている「見沼通船堀」に行きあたる。

続きを読む "【東浦和】 南欧風の素敵な外観と内装のイタリア料理店 「パボーロ・パブーロ(さいたま市緑区)」 " »

2014年2月14日 (金)

【蓮田】 雪景色のナトゥーラでランチ 「ナトゥーラ(2月のランチ)」

01
↑ PENTAX Q7 でストロボ撮影。↓ EOS 5D
02

 訪問したのは2月8日。大雪の土曜日だった。
 キャンセルしようかと暫く悩んだのだが、雪景色のナトゥーラを撮影できる機会なんて滅多にない。万全を期して、いつもより20分も早く家を出た。
 しかし、道路に雪はほとんどなく、しかもクルマが少ない。おかげで、15分も駐車場で待つはめになってしまった。
 後から聞くと、この日のランチは3組キャンセルがあって、ディナーは1組を残してすべてキャンセルだったとのこと。

 駐車場は真っ白。積雪は5cm程度だったと思う。
 雪景色を撮影するのに、フラッシュを炊くと雪の結晶が白いボンボリのようになってキレイに撮影できるとツイッターで知り、サブのPENTAX Q7 を持って行った。メインは内臓ストロボがないのでww。
 ぼくは雪深い地方に生まれ育ったので、雪を見ても何の感慨もないけど、こうして美しい雪景色を見ると騒ぎたくなる気持ちもわかりますね(笑)。

続きを読む "【蓮田】 雪景色のナトゥーラでランチ 「ナトゥーラ(2月のランチ)」" »

2014年2月 6日 (木)

伊奈中央 里山の雰囲気を残す大自然に佇むカフェ 「イノセントアートギャラリー&カフェ 寧(伊奈町)」

07

06_3

 お叱りお怒りを承知で書いてしまうと、ぼくはカフェの存在意義も利用シーンもよく分かっていない。

 そのものズバリ、安価で美味しいコーヒーが飲みたいならコンビニへ行けば良い。
 昨年来のコンビニコーヒーブームのおかげで、コンビニで質の高いコーヒーを飲めるようになったのがとてもありがたい。個人的には、セブンイレブンが群を抜いて好みだ。100円出せば驚くほど美味しいコーヒーが飲める。
 デザート類も充実の一途だ。

 美味しい料理を食べたいなら、専門のレストランへ行けば良い。
 ハンバーグやカレーなら洋食屋があるしカレー専門店もたくさんある。パスタならパスタ屋かイタリアン、フレンチも増えてきたので選択肢は広がる一方だ。
 もちろん、食後に美味しいコーヒーもデザートもいただける。
 美味しい和食は言うまでもない。

11

 価格的にも専門店とカフェの間にそれほど大きな差は無いように思う。もちろん、多少はあるが、数百円をケチって美味しくない素人の料理をいただく気持ちにはなれない。
 「素人」と書いてしまったが、どうしてもそのキーワードからぼくの印象は抜け切れていない。

 たぶん、すばらしいカフェに出会ったことがないからだと思う。
 
 料理もサービスも、ひどい言い方で大変申し訳ないが「脱サラのレストランごっこ」「主婦のお店ごっこ」的澱みがあって、そこから脱却できているお店は少ないように思う。
 素人の参入障壁が低いからだと思うが、専門店に大きく違わない金額を支払って、専門的な料理の鍛錬を重ねていない自己流家庭料理を食べさせられる身にもなってほしい。

13

14

 たとえば、当店でいただいた「ブルスケッタ」だ。正直申し上げて出来は良くなかった。
 トマトが新鮮でなく、ガーリックの風味がほとんど無く、オリーブオイルもほとんど感じられず、バターも少なく、塩気がほどんど感じられない味気ないブルスケッタを、当店の看板であるカレーと同等に並べる「食事」だとおっしゃる。
 何個出てこようが、ブルスケッタは通常は前菜。例外もあるけど、小さなヤツ4個程度じゃ食事になりません。
 サラダも良くない。しんなりとしてしまって新鮮さの欠片もない。

 ぼくは、ブルスケッタが4個にサラダとコーヒーとケーキで1,100円という「ブルスケッタAセット」をオーダー。
 コーヒーをビールに変更しても料金は同じだとおっしゃるので変更してもらった。更に別に250円でコーヒーもいただけるとのこと。これで1,350円。ケーキは「アーモンドクリームパイ」にした。

17_218_2

15

16

 カミさんは、ケーキとコーヒーのケーキセット(750円)をいただいた。選んだケーキは、「季節限定 いちごのロールケーキ」。
 ぼくのは暖かいケーキだったが、味は普通。特筆すべきことはほとんどありません。ロールケーキも同じく。
 「マイルド」と「ほろにが」から選べるコーヒーは「ほろにが」を選んだ。風味の薄いコーヒーだった。これが単品だと一杯500円。
 食事にしろコーヒーにしろケーキにしろ、店主の拘りがほとんど感じられなかった。

 料理はそんな感じだったのだが、しかし、当店の本当のごちそうは店舗を含む周囲全ての環境にあった。

 カフェの客は長居をする人が多いそうだ。理由は独自のコンセプトで作られた居心地の良い空間でゆったりと過ごすことができるかららしい。
 この点がカフェの大きな特徴であるが、当店の場合は、店舗内の空間ではなく周囲の里山のような環境まで含めた雰囲気が、とにかくすばらしかった。

 下に入口から店舗までの写真を並べるのでじっくりとご覧になってほしい。

01

02

0304

05

08

 敷地約1,000坪。樹齢100年を超える樹木が鬱蒼と茂ってこの一画だけ別世界だ。
 道路に面した入口から歩道を歩いて向うも建物すら見えてこないww。ぼくの大好きな公園みたいで心躍る。一見荒れ地のようだが、よく見るとしっかりと手入れされているのも、好感度がとても高い。
 店舗を取り巻く空間は、すばらしいとしか言いようがない。
 冬に訪れてこの雰囲気だから、夏にはすごいことになっていると思う。落葉樹もたくさんあったから、秋には美しい紅葉も見られるだろう。

 帰りしなカミさんと話したのだけれど、店主ご夫妻は周辺一帯の大地主ではないかな。近くに「寧 臨時駐車場」と書かれた空き地がいくつもあったし。

12_3

 だが、雑然とした店内は好きになれない。
 ダンボ-ル箱が無造作に置かれ、椅子は今にも壊れそうでユラユラと揺れる。まったく落ち着かない。もっと座り心地の良い椅子に変えてください。
 こういう点もカフェが好きになれない理由だ。

 プロなら、ギャラリーであろうが段ボール箱なんか客の見えるところに置かないでほしい。
 この日はギャラリーで雛人形の展示が行われていた。これも正直申し上げて観る物がほとんどない。カフェとギャラリーがセットになっているお店が多いけど、これもカフェが好きになれない点。

19

 当店の料理に関して言えば、誰がどう見ても自然がコンセプトと思われるカフェなんだから、自然食に拘ったメニューにすべきなんじゃないだろうか。
 自然食とは関係ないけど、こんな自然たっぷりのカフェで、新鮮なサラダがいただけないなんて残念すぎる。ショックだった。

 ケーキに、庭に咲いていたと思われる椿とロウバイの小枝が飾られていたのが、唯一気に入った。
 残念すぎる。
 料理を出す順番とか、細かく気を使ってくれたのはありがたいけど、いろいろと残念すぎました。

 当店を好きな方々、本当にごめんなさい。
 14年もこのスタイルで営業を続けていらっしゃるお店に、失礼を申し上げました。

10

09_3


昼総合点★★★☆☆ 3.2

関連ランキング:カフェ | 伊奈中央駅羽貫駅

2014年2月 3日 (月)

【さいたま新都心】 埼玉一の老舗フレンチ 「アルピーノ(さいたま市大宮区)」

01_2

 埼玉で一番古いフレンチだそうだ。
 さいたま新都心駅東口から10分程度歩くと「アルピーノ」を中心に、イタリアン「イルクオーレ」洋食「素敵屋さん」等数店舗が並んだ「アルピーノ村」と呼ばれる一画がある。
 もちろん「アルピーノ」が中核店舗で感覚としては清里の「萌木の村」なんだけど、規模は格段に小さく、しかも大きな通りで分断されているので利用しにくいのが難点かもしれない。

 食後、お隣の洋菓子屋さんの奥で展示物を見て、更に横断歩道を渡って向かいの数店舗も見た。
 一番素敵だったのは洋食の「素敵屋さん」(笑)。名前の通りww。それとイタリアンの「イルクオーレ」。この2店と洋菓子店はいつか利用してみたい。

続きを読む "【さいたま新都心】 埼玉一の老舗フレンチ 「アルピーノ(さいたま市大宮区)」" »

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

無料ブログはココログ

カテゴリー