カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサーリンク


無料ブログはココログ
にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
埼玉食べ歩きブログ★ランキング

« 【三郷】 越谷の名イタリアン「タベタリーノ」を彷彿とさせる 「イル・カミーノ(三郷市)」 | トップページ | 【閉店】【北上尾】 値上げされたが、パンが2種類になって小菓子も 「メゾン・ドゥ・アッシュ(上尾市)」 »

2014年5月22日 (木)

【北越谷】 1,800円でメイン2品のイタリアンランチ。名フレンチで培った経験と実力を存分に発揮? 「ラ・グッチーニ(越谷市)」

01

 2014年2月7日にオープンした「創作イタリアン」とのこと。
 ぐるめぱどに掲載された 当店のページ を見ると、店名に「創作イタリアン La Gucchini」(ラ・グッチーニ)とあって、文中には「本格イタリアン」とある。自分的には「本格イタリアン」と「創作イタリアン」はまったくリンクしないので、訪問前にちょっとだけ不安を感じていた。

 一概に悪いとは言わないが、「創作洋食系(創作イタリアン等)」といえば、元々の○○国料理に和食のテイストを加味すると相場は(ほぼ)決まっている。
 非常に意地の悪い書き方をしてしまうと、自分たちの提供する料理に最初から「言い訳」をしているような、そんな負のイメージを受けてしまう。オーナーさんたちの意図がどうであれ。
 本音を言えば、料理はみんな創作だから敢えて「創作」とか表現する必要はないと思うんだが。

02

 当店の場合、和食の感じはまったくなかった。もちろん、この日いただいた限りでは、だけれど。

 若いオーナーシェフとお話をする機会があったので伺ったところ、埼玉フレンチの名店(埼玉S級グルメに選定された)に数えられる「ビストロやま」のご出身だそうだ。
 イタリアンのご経験は知らないけれど、アクアパッツァをいただりメニューを拝見した感じだとフレンチイタリアンを土台にして、独自のイタリアンを展開したいような印象を持った。

 フレンチご出身なのに、イタリアンの技術もしっかりされているようにお見受けした。素人目だけれど。
 最も感じたのは「ペペロンチーノ」。簡単なようでペペロンチーノは難しい。「乳化」という大切な工程があるためだけれど、この工程をイタリアン専門のシェフでも満足にやらない方がいらっしゃる。

08

 当店の山口シェフが作ったペペロンチーノは見事に乳化できていた。感動的なくらい。しかも、塩加減も大蒜加減も辛味加減も文句なしの、実に美味しいペペロンチーノに仕上がっていた。

 それと前述のアクアパッツァ。
 好きな料理なので、いろいろなイタリア料理店でいただくのだが、当店のは一種独特に感じた。ちょっとフレンチっぽいというか。
 濃厚でコクのあるソースに違いを感じただけで、実際のレシピは知らないし、素人の感想なのでツッこまれても困るのだけれど。あれ??オリーブもケッパーも見えない(笑)。

09

 二人でいただいたのは、【サラダor前菜、パン、パスタ、メイン料理、デザート、飲み物】で、なんと1,800円というランチ【フェリーチェコース】を2名分とワインを一杯(450円)で、合計4,050円だった。

 美味しかったけど前菜が寂しかったり、ドルチェがもう一息とか足りない部分もあるにはあるが、わずか1,800円でプリモとセコンドがいただけるランチは、たぶん、埼玉でもほかに無いと思われる。
 値段を考えれば十分だった。さびしい皿を美味しくさせようとする精一杯の工夫もみられて、非常に好感が持てた。
 メニューを掲載したように、ランチは1,250円から楽しめる。

03

 期待したい。浦和あたりにあったら、奥様方で予約も取れないくらいじゃなかろうか。

 今回のコースはこんな感じだった。

前菜の盛り合せ(サラダにすることも可能)
 野菜のマリネ
 生ハム
 野菜のディップソース(アボカドとアンチョビ)
 フリッタータ
 トマトのカプレーゼ

05

 野菜のマリネが美味しい。非常に優しい味でイタリアンっぽくない。
 カプレーゼはミニトマト。値段から考えれば十分だ。
 アボカドとアンチョビのソースでいただく野菜は、カブ、セロリ、キュウリ、ニンジン。埼玉らしい。ソースの味わいと特徴は薄かったが、これも十分に感じだ。
 フリッタータも生ハムも普通に美味しくいただいた。

06

 パンはオニオンを練り込んであった。
 見た目は悪いが、美味しい。何より、バターがたっぷりと出てきたのがありがたい。
 数種類用意されているようだ。

 「シラスとちんげん菜のペペロンチーノ」は前述の通りだが、「茄子のトマトソース」も悪くなかった。大きくカットされた茄子が美味しい。
 トマトソースは自家製ではないかもしれないが、角が取れて良い味に仕上がっていたと思う。

07

 メインで選んだのは「アクアパッツァ(メバルだったかイサキだったか失念)」「鶏モモ肉のコンフィ」。
 アクアパッツァといっても切り身が一切れ。でも値段を考えればこれもまた十分。

 鶏のコンフィは、写真ではうまく写せていないがモモ肉が骨つきで丸ごと1本。これもフレンチの調理法だよね。外皮がパリッと焼き上がっていて美味しい。
 どちらも付け合わせの野菜がもうちょっと欲しかった。

10

 ドルチェは、
 アールグレイのシフォンケーキ
 マンゴーのジェラート
 果物3種

 ありがちなシフォンでがっかりだったが、果物3品とジェラートがついてきたのは立派だと思う。更に、パイナップルの隣に柑橘系のジュレまで載っかっていた。
 おかげで単調なシフォンケーキに少しだけアクセントを加えることができた。

 最後に飲み物。
 コーヒーか紅茶の2択が多い中、加算料金なしでエスプレッソやフルーツのジュースがいただけるのもありがたい。
 ぼくらはコーヒーを選択。これもまた美味しかった。

11

12

 20席程度のこじんまりとしたお店は、シェフひとりとホールひとりで切盛りされていらっしゃる。ホールの方も専門の経験をされているようで過不足ないサービスだった。
 厨房からシェフが出てこられて客とコミュにケーションを取られるのも良いと思う。

 東武伊勢崎線「北越谷」はウチからクルマで30分程度。
 越谷は、フレンチもイタリアンも比較的不毛な地帯だと思っていたけれど、当店の近くには2012年12月オープンの「ヴェスタ」があり、2013年11月には越谷郵便局近くに「メリーナイス」がオープンした。

 越谷駅よりも充実している。
 たいへんなことになったもんだ。
 切磋琢磨して美味しい料理を提供してほしい。

 最後に気になったことをひとつだけ。
 カラーの皿はやめた方が良いのではwww?

04

ラグッチーニ
昼総合点★★★★ 4.1

関連ランキング:イタリアン | 北越谷駅

« 【三郷】 越谷の名イタリアン「タベタリーノ」を彷彿とさせる 「イル・カミーノ(三郷市)」 | トップページ | 【閉店】【北上尾】 値上げされたが、パンが2種類になって小菓子も 「メゾン・ドゥ・アッシュ(上尾市)」 »

越谷市(イタリアン)」カテゴリの記事

越谷市(フレンチ)」カテゴリの記事

イタリア料理」カテゴリの記事

フランス料理」カテゴリの記事