• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【春日部】 ご飯みそ汁キャベツお代わり自由。外食何でも屋「際グループ」のとんかつ 「富金豚 ララガーデン春日部店(春日部市)」 | トップページ | 【藤の牛島】 冷麺かビーフンみたいな細麺にトマトスープ 「太陽のトマト麺 イオンモール春日部支店(春日部市)」 »

2014年6月 9日 (月)

【藤の牛島】 フードコートの寿司屋で金沢海鮮丼 「金沢海鮮丼 もり家 イオンモール春日部店(春日部市)」

01

 海鮮丼の定義がよくわからないのだが、てっきり酢飯だと思った寿司屋である当店の海鮮丼が酢飯ではなかったので、「海鮮丼=ちらし寿司」という認識はきっと間違っているんだろう。
 勘違いした自分が悪い。でも、まさか寿司屋の海鮮丼が白飯で出て来るとは思わなかった。

 フードコートは好きじゃないので滅多に利用しない。
 今回は浦和レッズの映画を観た後で、1階のレストランは行列必至の時間帯だったので、ぜいたくを言っている場合じゃなかった。
 それにしても大変な場所だった。いろいろと覚悟の上だったのに。あちこちで幸せな光景が見られたのは良かったけれど。

 家族3人で、もり家、トマト麺、佐野を食べたので、順番にレビューしてみようと思う。

03

 当店の海鮮丼をいただいたのは自分。
 どこが「金沢」なのか皆目わからないけれど、写真のとおり、見た目が豪華で食欲をそそった。

 酢飯は前述のとおりただの白米でがっかり。
 ネタは豊富。そこらの海鮮丼じゃ見られないネタがたくさん入っていたのは良かった。しかし、新鮮さには欠ける。

 お値段は1,800円。
 ここが埼玉で、しかも日曜日だったことを考えれば、極々普通だったと思う。

 下駄に乗っかった寿司と迷った末の海鮮丼だったけれど、寿司にしておけば良かった。
 店名のキャッチフレーズに書きこむほどのインパクトは無かったかもしれない。

 料理とは関係ないが、トレイに滑らない加工を施してあったのが印象的だった。

 参考までに、イオン春日部1階にある回転寿司「もりもり寿し」の経営とのこと。

02



関連ランキング:海鮮丼 | 藤の牛島駅南桜井駅

« 【春日部】 ご飯みそ汁キャベツお代わり自由。外食何でも屋「際グループ」のとんかつ 「富金豚 ララガーデン春日部店(春日部市)」 | トップページ | 【藤の牛島】 冷麺かビーフンみたいな細麺にトマトスープ 「太陽のトマト麺 イオンモール春日部支店(春日部市)」 »

回転寿司」カテゴリの記事

春日部市(回転寿司)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー