• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【北越谷】 おしゃれで美味しいイタリアンカフェ 「イタリアンカフェ マミーサ(越谷市)」 | トップページ | 【蓮田】 ほぼ”酸味”の前菜が残念だった 「トラットリア ナトゥーラ(蓮田市)」 »

2014年7月14日 (月)

【越谷】 アマレッティ入りのティラミスが美味しい 「イタリアーナ レガラーレ(越谷市)」

01

 越谷駅東口から歩いて5分程のビルの1階にある。
 駐車場は無いと聞いていたが、ビル前のちょっとしたスペースに停めていらっしゃる方があった。これはNGなのかな?

 中に入ると間口の割に広く感じられる。奥に貼られた鏡が奥行きを与えていているんだと思う。
 カウンター席の前にある厨房はオープンでシェフの顔が見えるのもいい。厨房にシェフがひとりとホールに女性がひとり。
 カウンター10席テーブル席が22席だそうだから、厨房・ホール各1名じゃたいへんかもしれない。

04

05

 お願いしたのは、サイトでも確認していた「ランチコース」。
 1,600円(税別)で「前菜盛り合わせ、パン、パスタ(パスタランチの中からひとつ選択)or生パスタからひとつ(+200円)、+500円でメイン料理追加可能(グリルランチの中からひとつ)、ドルチェ盛り合わせ、コーヒーor紅茶」という構成。

 500円をプラスしてメインが2品付くコースにしても、最低2,100円(税込2,268円)でいただこくことができてしまう。これは魅力的。
 選べるセコンドがグリルだけというのがちょっと不安だが、500円でいただけるなら迷う理由はない。
 それでも「ソースはどんな?」とホールの女性に聞いたんだけど、要領を得なかったのでスルーして注文することにした。最低限、グリルなら外れはないだろうという判断で。

03

 ランチは他に3タイプあるので多彩なお客さんに利用してもらえそう。
 パスタランチ 1,200円(3種類のパスタの中からひとつ、サラダ、フォカッチャ、ドルチェ、コーヒーor紅茶)
 生パスタランチ 1,500円(2種類の生パスタの中からひとつ、サラダ、フォカッチャ、ドルチェ、コーヒーor紅茶)
 グリルランチ 1,580円(肉魚3~4種類の中からひとつ、サラダ、フォカッチャ、ドルチェ、コーヒーor紅茶)

 ぼくらが選んだのは、「スパゲッティーニ 浅利とたっぷり夏野菜のレモンクリームソース」「ラザニア 自家製ポロネーゼとペシャメルソース パデッラで」「サーモンのグリル」「骨付き豚のグリル」
 ラザニアは生パスタなのでプラス200円。そのほか白ワインをグラスで2杯いただいたので、合計、6,048円だった。

06

16

 まず前菜。
 「かぼちゃの冷製スープ」と「自家製ピクルスと生ハムの盛り合せ」の2品だった。
 かぼちゃのスープが美味しい。冷たいと味がわかりにくいものだけど、しっかりとかぼちゃの存在が感じられる。甘みのバランスも良い。
 この日いただいた中では、ドルチェのティラミスに次いで美味しかった。
 
 ピクルスは、カブ、ズッキーニ、瓜みたいな野菜、パプリカ、とか。珍しかったのは、下に入っていた寒天。これもピクルスかと思ったら酸味は感じられず、ほのかに甘みが感じられてとても良いアクセントになっていた。
 ググってみるとピクルスに寒天を用いる例がいくつかヒットした程度。珍しい皿だった。

07

 フォカッチャはご覧のとおり、カステラみたいなビジュアル(笑)。
 外がカリカリで中がふわっとして美味しい。外の堅めの部分に半透明の物体がついていたので、粉砂糖かと思ったら岩塩みたいな塩の結晶だった。
 カミさんによれば、お代わり自由らしいけどぼくは未確認。

 「スパゲッティーニ 浅利とたっぷり夏野菜のレモンクリームソース」のレモンクリームソースはさっぱりとして美味しい。アサリの風味もいい。でも、ちょっと甘かった。塩が足りなかったので、しばらく食べると飽きてしまった。
 レモンクリームは夏場はさっぱりとして良いと思う。しかし、このソースは飽きて来ると辛い。

08

09

10

 「ラザニア 自家製ポロネーゼとペシャメルソース パデッラで」も塩気が足りない。ぺシャルメソースはコクがなく単調。パデッラとはフライパンという意味かな。
 食べ進むと、奥に隠れているポロネーゼにちょっと濃いめの味がついていたけど、そこまでが甘すぎた。塩をほんの一つかみ振ってくれるだけで違ったと思う。

 サーモンにはバルサミコ酢と別容器にミニトマトをアレンジしたようなソース?がついていた。
 最初、別容器のトマトが何なのかよくわからず、それだけ掬って食べたりしたんだけど、結局「これはソースなんじゃないの?」となった次第。
 このあたりも説明してもらえると良かった。

11

12

 サーモンとはいえ、切り身は結構大きい。
 バルサミコ酢をかけたりトマトソースをかけたり、ぼくの豚肉についてきた塩をかけたりしていただいた。焼き加減もいい。

 豚肉はとても柔らかかった。一度ボイルしたものをグリルしたんだと思う。
 ソースはなくて、マスタードと別容器に塩があったので、交互につけていただいた。柔らかくて美味しかった。

 どちらの皿も付け合わせの野菜が寂しい。もうちょっとあるとなお良かったと思うが、値段を考えれば十分なのかも。

13

14

 ドルチェはティラミスとブラッドオレンジのシャーベット。
 このティラミスはアマレッティが入ったもので、過去いただいたどのティラミスにも無い風味があって、とても美味しかった。

 オフィシャルサイトには「素材を活かした現代風イタリアン」とあった。現代風かどうかはわからないが、パスタ屋さんみたいなイタリアンや洋食店風イタリアンの多い越谷駅周辺では貴重な存在かもしれない。
 一度だけ、それもランチをいただいただけなので、なんとも言えないが、印象は悪くない。

 3,500円5,000円6,000円7,000円と揃ったディナーコースは、とても魅力的に見える。
 近くだったら、是非ディナーに伺ってみたいお店なのに。残念。

17

 カウンターの上には黒板があり、州の境界線入りのイタリア地図と共に各州の特産品が書いてあるのも、探究心の表れのような気がして感じがよかった。
 ネットに残骸が残っていた「ぐるめぱど」によれば、オープンは2013年3月27日とのこと。
 シェフはまだ若く、30歳代と思われる寡黙そうなイケメンだった。これからもブレることなく本格イタリアンを貫いてほしい。

 また行きます。たぶん、ランチだけど。

15

02

イタリアーナ レガラーレ
昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:イタリアン | 越谷駅

« 【北越谷】 おしゃれで美味しいイタリアンカフェ 「イタリアンカフェ マミーサ(越谷市)」 | トップページ | 【蓮田】 ほぼ”酸味”の前菜が残念だった 「トラットリア ナトゥーラ(蓮田市)」 »

イタリア料理」カテゴリの記事

越谷市(イタリアン)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー