• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【閉店】【幸手】 薄味なら素材の味を楽しめるという幻想 「農家料理なごみ(幸手市)」 | トップページ | 【春日部】 コーヒーカップがバカでかい! 春日部市場内の喫茶店 「CAFE DINING CAT BASE(キャットベース)(春日部市)」 »

2014年8月21日 (木)

【足利】 鑁阿寺(ばんなじ)参道にあるカレーと甘味のお店 「あまから家(足利市)」

01

 カレーと甘味があるから「あまから」家というわかりやすいネーミング。
 食事は終わっていたので甘味で利用した。

 「あまから家」は大日苑【鑁阿寺(ばんなじ)】に向かう参道のほぼ中間地点にある。
 某所で仕入れた知識を書き込むと、「大日苑」が塀で仕切られた3.8haほどの公園全体を指し、「鑁阿寺(ばんなじ)」は大日苑内にある足利一門の氏寺のことを指す。

 氏寺となったのは、源姓足利氏三代目の足利義氏が堂塔伽藍を建立して以降だそうだが、二代目の足利義兼が1196年に持仏堂を建て、大日如来を守り本尊として祭ったのが始りと言われる。

11

10

 足利市内は、喫茶店風のちょっと寄って休むことができるお店が非常に多い印象を持った。そこはやはり観光地なんだと思う。
 どちらのお店も、工夫を凝らしていらっしゃるようにお見受けした。

 そんな個性的な喫茶店が揃う足利市内でも、「あまから家」はかなり特徴のある部類だと思う。なんせ、店頭に石で造られたカラフルな作品が並べられているんだから。

03

 最初は小さな置物か何かだと思ったのだが、近寄ってみると全部石でびっくりした。
 それが全部石と気がついてしまうと、若干入りにくく思えてしまうかもしれないくらい、インパクトがあった。
 どれくらいのインパクトかというと、並べられた石を見ながら、つげ義春の傑作「無能の人」に収められている「石を売る」を思い出すくらい。

 そんな「あまから家」さんでいただいたのは、「あんみつ・コーヒーセット 860円」をふたつ。「豆かん」と「クリームあんみつ」をお願いした。

04

05

06

09

08

07_3

 「豆かん」の豆が甘くなくて美味しい。寒天によく合う。
 あんみつもごく普通だけれど、美味しくいただいた。

 コーヒーは残念ながら自分の好みじゃなかった。
 こういう甘味類はコーヒーでなくて美味しい日本茶でいただきたかった。小さな湯飲みに入ったほうじ茶がついてきたけど、もうちょっと多めで美味しいお茶があれば。
 カレーはどうなんでしょうね?

02_2

あまから家・足穂
昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:喫茶店 | 足利駅足利市駅

« 【閉店】【幸手】 薄味なら素材の味を楽しめるという幻想 「農家料理なごみ(幸手市)」 | トップページ | 【春日部】 コーヒーカップがバカでかい! 春日部市場内の喫茶店 「CAFE DINING CAT BASE(キャットベース)(春日部市)」 »

カフェ」カテゴリの記事

埼玉県以外」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー