• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【新三郷】 ファミレスみたいな印象を残すイタリア料理店 「イタリア食堂nono(三郷市)」 | トップページ | 【春日部】 蒸し野菜が美味しいハイブリッド和食 「和心ダイニング 温故知新(春日部市)」 »

2014年8月 4日 (月)

【一ノ割】 解放感たっぷりなおしゃれカフェ&洋菓子店 「S-terrasse(エス・テラス)(春日部市)」

01

 rumbaさんご紹介の「16穀ベジカレー」を食べたかったのだが、タイミングが合わず、カフェメニューしかいただけなかった。
 いずれ再訪するので、池尻大橋の人気店レシピのカレーはそのときに。

 今回店内のカフェスペースでいただいたのは「ふわふわ厚焼きパンケーキセット 850円税別」「テラスバウムセット 600円税別」。
 他に持ち帰りで「濃厚ショコラクラシック 350円税別」「JiToMa トマトゼリー 200円税別」を購入して品物だけでちょうど2,000円。税込で合計2,160円だった。

href="http://takefour.air-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2014/08/04/13.jpg" class="mb">13

14

 一番期待値の高かったのは市内でも有名な「金子トマト園」さんのトマトを使っている「トマトゼリー JiToMa」。
 つい最近、カミさん作成のうっすいトマトジュースゼリーを食べたばかりなので、素人とプロの違いが如実にわかるものと思っていた。
 しかし、残念ながら美味しくなかった。カミさんのと大差ない。

 そもそもトマトゼリーは美味しいのか? 美味しいトマトゼリーってどんなのだ? という話になりそうなんだけど、他に食べたことが無いのでなんとも言えない。
 では、どういう味を想像していたかというと、トマトの酸味と甘みが若干の青臭さと共にストレートにガツンと来るゼリー、かな。生のトマトを食べたときのあの清涼感みたいな?

05

 当店のトマトゼリー「JiToMa」は、金子トマト園のブランドトマトを使用しているといっても、生のトマトを加工しているのではなく、一旦トマトジュースに加工してから更にそれをゼリーに加工しているような雑味がたっぷりだった。
 つまり、トマトの味ではなく「トマトジュース」の味だ。

 クックパッドにはトマトゼリーのレシピが128品もあった( クックパッド トマトゼリーのレシピ )。ザッと見ただけだが、大半が生のトマトを加工したレシピだと思う。見た目からして当店のとは違うのが多い。
 トマトジュースを加工した料理は、たぶん生トマトを加工した料理には適わない。

06

 生のトマトを加工したゼリーなら失礼な文章になってしまったが、それでも、ぼくの舌はトマトジュースとしか感じ取れなかった。
 もっと研究の余地があるように思う。
 
 パンケーキは形が歪で見た目がよくない。ふわふわで厚めの生地は甘さ控えめで良かったけれど。
 ブルーベリーが形のまま入ったブルーベリージャムは確かに素材の味が濃くて良い。でも、パンケーキ本体とトッピングのジャム、バニラアイス、クリームとのバランスが悪く、どこかもっさりした印象を持ってしまった。
 
 見た目の豪華さとインパクトも足りない。全体的に田舎くさい。
 これでは、都内で豪華なパンケーキを食べ慣れた客は満足しないのでは?

02

03

04

07

 バウムクーヘンとショコラケーキは、どれも普通だった。
 普通だったが、バウムクーヘンの皿にデコレーションされたベリーのソース、これはなんだ?? 子どもの落書きですか?? センスの欠片も感じられない。

 コーヒーに小菓子をつけるのは良いサービスだと思う。

 あとから「バウムクーヘン」に醤油味があると知って試食させてもらった。
 確かに濃厚でほんのりと醤油のようなもろみのような香りが漂うけれど、美味しいとは思えなかった。後味が良くない。

 ほかに、熟成玄米を使ったメニューもあったので、いずれいただいてみたい。

09

 メニューを繰っていて驚いたのが、

 赤沼ロマンビール 1,200円。

 驚いた。ビールが1,200円。
 赤沼ロマンビールとは、旧春日部市東部地域で生産されている赤米から作られた地ビール。
 米農家の長男(ぼくのこと(笑)に言わせると赤米は臭くて食えたもんじゃないが、何度か飲んだことのある「赤沼ロマンビール」はそれほど飲みにくくはなかった。でも、1,200円を出して飲みたい味でもなかった。

10

11

 「赤沼ロマンビール」製造元の「筒屋」さんサイトを拝見すると、500mlが6本が3,800円で販売されている。
 
 500mlで売りたい気持ちはわかるが、地ビールは350mlの方が多い。っていうか500ml瓶は珍しいんじゃないか?
 350mlを開発すべきなんじゃないだろうか。

 地元の大企業「三州製菓」のせっかくの新展開なので滅多なことは書きたくないが、残念なことが多かったので書かせてもらった。

08

 お店は、天井が高く開放的で、席もゆったりと設えられていて、非常に雰囲気がよかった。ソファ席が居心地よさそう。
 そのソファ席の後ろ側に洋菓子が陳列されている。奥の一角にはワインまであり、更に左手のトイレ方向にはワークショップが開催できそうな雑貨屋スペースがあった。

 とても贅沢にスペースを利用した、春日部あたりではトップクラスのおしゃれな雰囲気だと思う。
 いろいろなメニューがあるようなので、もうちょっと別のをいただいてみたい。前述の通り、次回はカレーを。

★参考★
2回目の訪問(カレー食った)

12

エス・テラス
昼総合点★★★☆☆ 3.4
夜総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:カフェ | 武里駅

« 【新三郷】 ファミレスみたいな印象を残すイタリア料理店 「イタリア食堂nono(三郷市)」 | トップページ | 【春日部】 蒸し野菜が美味しいハイブリッド和食 「和心ダイニング 温故知新(春日部市)」 »

カフェ」カテゴリの記事

スイーツ」カテゴリの記事

春日部市(スイーツ)」カテゴリの記事

春日部市(カフェ)」カテゴリの記事

埼玉S級グルメ認定」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー