• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【春日部】 煙草臭くて垢抜けない中華居酒屋 「酔香園 新館(春日部市)」 | トップページ | 【東北沢】 さすがお店の名前を冠したケーキ 「ル・ポミエ(世田谷区)」 »

2015年2月22日 (日)

【蓮田】 久しぶり真鱈白子のムニエル/1月のランチも 「ナトゥーラ ランチ&ディナー(蓮田市)」

_10

 上の写真は初めてのカットだと思う。
 122号を岩槻方面から走ってくるとこんな感じで右手に見えてくる。大きなセコイアが目印。

 随分久しぶりに夜伺った。2014年8月以来なので半年ぶりになる。
 目当ては当然「真鱈白子のムニエル おろしとんぶりソース(1,200円)」だ。年に一度か二度しか食べられない自分にとっては本当に貴重なごちそうである。

 慣れてしまったからか、当初のころより感動は薄れてしまったが、変わらず美味しい料理だった。痛風持ちには鬼門の白子だけれど、そんなものは、ね(笑)。
 年々辛味が強くなって旨味が落ちているような気がするが、クリーミィで臭味もまったくない白子がこの大きさでこ1,200円なら文句の付けようがない。

_13ほかに、
 「ヒラスズキのカルパッチョ(1,300円)」
 「牡蠣とほうれん草のクリームソース(パスタ)(1,600円)」
 「イベリコ豚の赤ワイン煮(2,000円)」
 をお願いして、飲み物はワインのデキャンタにビール、ジュースで8,300円だった。

 この日のカルパッチョは「ヒラスズキ」という聞き慣れない魚。調べてみると、そこそこの高級魚で通っているらしい。ちょっとイサキに似た味わいのある白身魚だった。
 身の味わいが濃い。この魚はいつものマスタードソースよりも、もうちょっと酸味のあってキレのあるソースの方があっているかもしれない。
 2切れくらいであとは全部カミさんが食べた。

_12

_14

_15

_16

_17

 「イベリコ豚の赤ワイン煮」は冬場の鉄板煮込み料理。ちょっと酸味がきつかった。
 今気がついたんだけど、レシートに記載が無いのに写真があるのがいくつか。ランチも行かなくちゃ。

 1月のランチは最終日だったのでアップするの止めようかと思ったけど、毎月なので記録程度に写真だけ。 

_03

_04

_06

_07

_08

_09

前菜の盛り合せ
 パプリカのムース
 コッパロマーナ
 ワカサギのエスカベッシュ
 レンコンの和え物
 菜花とモルタデッラの和え物
 じゃがいもとブロッコリーのタルト

パンチェッタ(生ベーコン)と白菜のトマトソース スパゲティ
牡蠣とホウレン草のクリーム スパゲティー

子羊のカツレツ
本日のお魚のソテー 木の子クリームソース

チョコバナナのパウンドケーキ
フランボワーズの入ったヨーグルトのムース

アップルパイ
黒ゴマのムース

 ビールとワイン、仔羊のプラス料金等含めて6,900円。食べ過ぎ。

_11

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

« 【春日部】 煙草臭くて垢抜けない中華居酒屋 「酔香園 新館(春日部市)」 | トップページ | 【東北沢】 さすがお店の名前を冠したケーキ 「ル・ポミエ(世田谷区)」 »

蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ)」カテゴリの記事

イタリア料理」カテゴリの記事

蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー)」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー