• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【上尾】 建て替えてキレイになった牧場のジェラート屋さん 「榎本牧場 フォルトゥーナ(上尾市)」 | トップページ | 【蓮田】 初登場! 富山湾産の白海老を使ったパスタ 「ナトゥーラ 6月のランチ(蓮田市)」 »

2015年6月12日 (金)

【鬼怒川温泉】 素材を厳選したしっとり系バウムクーヘン 「バウムクーヘン工房 はちや(日光市)」

01

 「鬼怒川温泉駅」ロータリーの北側(タクシー乗り場側)にあり、一階がバウムクーヘン工房で工房内の階段を登った二階が蕎麦店「れすとらん 八家」になっている。
 温泉場のお土産といえば、饅頭とか量産型クッキーorゴーフレットが相場なので、何か無いかとロータリーを巡って試食したら美味しかったので購入した。

 プレーンの「はちやバウム」、外がカリッとしてバター感の強い「ろっくバウム」、地元産のいちごを練り込んだ「はちやバウム いちご」と三種類あって、どれも試食ができる。
 日光の地たまご、カルピスバター、北関東産の小麦粉を使っていることがセールスポイントとのことだった。

04

05

06

 購入したのは一番安い「はちやバウムS 1,250円」。
 確かにしっとりしていて玉子が強く香って美味しいとは思うけどこのお値段なら当然かもしれない。
 「ろっくバウム」は一口目は美味しかったのだけれど、ちょっとしつこい感じがして、値段も2,000円オーバーなので見送った。
 
 家族には概ね好評。
 でも、当店よりも安くて、当店以上にどっしりしっとりして美味しいバウムクーヘンをいくつか知っているので、そんなにオススメはできないと思ってしまった。
 温泉旅行中で旅先ブースター全開の方にはオススメ。

03

02

バウムクーヘン工房 はちや

昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:洋菓子(その他) | 鬼怒川温泉駅

« 【上尾】 建て替えてキレイになった牧場のジェラート屋さん 「榎本牧場 フォルトゥーナ(上尾市)」 | トップページ | 【蓮田】 初登場! 富山湾産の白海老を使ったパスタ 「ナトゥーラ 6月のランチ(蓮田市)」 »

スイーツ」カテゴリの記事

埼玉県以外」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー