カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサーリンク


無料ブログはココログ
にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
埼玉食べ歩きブログ★ランキング

« 【七里】 1974年オープンって、もしかして現存する埼玉最古イタリアン? 「オープンセサミ(さいたま市見沼区)」 | トップページ | 【加須】 ここはどこの高原? 水辺に佇む素敵なカフェ 「食堂カフェ Laugh(加須市)」 »

2015年7月12日 (日)

【菖蒲(久喜)】 フレンチ不毛の東武北埼玉に誕生した奇跡のようなフランス料理店 「コット ア コット(久喜市)」

01_2

 これだから食べ歩きはやめられない。
 最初の情報は敬愛するR923Eさんのブログだった。R923Eのレストランガイド「コット・ア・コット[côte à côte](菖蒲町) 」
 相変わらず辛口コメントだが、端々から美味しそうな雰囲気が伝わってくる。食べログにもすでに投稿が1件あった。

 その後、当店のFacebookを確認し、オーナーシェフの経歴を確認し、相当な期待をもって伺った。
 期待し過ぎると現実に直面したときの落差に幻滅してしまうことが多いものだが、当店の場合は正真正銘期待通りかそれ以上のレストランだった。
 すばらしい。

03_2

04_2

 場所は122号沿いのスーパー「マミーマート 菖蒲店」のちょっと先。
 二階建て住居の一階奥をレストランとしている。逆L字型の店舗で角の部分に厨房がある。店内は全体が柔らかなクリーム調。席数は16席程度だった。
 
 決して予約制というわけではないが、ランチでも予約して伺った方が良いと思う。
 非常に好ましいレストランの運営姿勢に見えたので、理由は敢えて書かない。予約をしないと食事できない可能性があるとだけ。
 結局この日のランチはぼくらを含めて3組8~9名程度だった。

05_2

06_2

 注文したのは、「セゾン 2500円」を2名分にビールとワイン。この値段で「前菜、魚料理、口直しのグラニテ、肉料理、デザート、飲み物」というフルコース。
 飲み物を入れて合計で5950円だったが、30%増しくらいの満足感があった。

 特に美味しかったのが、メインの肉料理「埼玉県産豚ロースのペッパーロースト ソースエシャロット」。
 大きな豚ロースの塊をうま味を逃がさずじっくりとローストしてあった。ロースは柔らかく脂が甘く上品。ソースは赤ワイン系にエシェロットを刻んだような感じ。
 ソース、うま味の濃い肉、脂の甘味、ペッパーが塗された外皮と、非常にバランス良く美味しい料理だった。

10_2

11_2

 次いで美味しかったのが、デザート「クルスタッド・ド・スリーズ チェリーとアーモンドクリームのパイ包み仕立て」。
 フランスでもスペイン寄りの南部にあるお菓子とのこと。バスクともおっしゃっておられたので、スペインでも食べられるのかもしれない。

 見た目とおり、外がパリパリのパイ。カリッと噛みこむと中にはリンゴのタルト生地みたいなのがあった。スリーズとはサクランボのことなので、リンゴとサクランボだったのかもしれない。
 パイ生地の食感が良く、パイに包まれた生地がまた美味しい。
 添えられていたのはフランボワーズのシャーベット。
  
 前菜は、
 じゃがいもの冷製スープ ヴィシソワーズ
 自家製スモークサーモン
 ヒラマサのマリネ

07_2

08_3

 スープはじゃがいもがしっかりと香った。カリッとしたクルトンの食感も良い。
 ぼくはスモークサーモンだあまり好きじゃないけれど、自家製だからか独特のスモーク臭いの品が良くて、自分にしては美味しくいただけた。

 魚料理は「大宮市場より 目鯛のポワレ クレーム・ド・レギューム」。
 レギュームとは野菜のことだから、野菜のクリームソースということかな? 
 目鯛は皮までパリッと焼かれてこれもまた美味しい。

09_2

12

13

 途中、「りんごのグラニテ」と最後のコーヒーに小菓子がついて来て、食事は終わった。
 1時間40分くらいだったでしょうか。
 美味しい料理でゆったりとした時間を過ごさせていただいた。

 エントリータイトルに書いたことは決して大げさではなくて、久喜市(旧菖蒲町)周辺に限らず東武線沿線の埼玉北部はまともなフレンチレストランがほとんどない。
 そんなフレンチ不毛の地にいきなりハイレベルなフランス料理店が誕生してしまった。

 旧菖蒲町の誇りといっても差し支えないフレンチレストランだと思う。

02_2

コット ア コット
昼総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:フレンチ | 菖蒲町その他

« 【七里】 1974年オープンって、もしかして現存する埼玉最古イタリアン? 「オープンセサミ(さいたま市見沼区)」 | トップページ | 【加須】 ここはどこの高原? 水辺に佇む素敵なカフェ 「食堂カフェ Laugh(加須市)」 »

★★★★☆~(☆=0.5)」カテゴリの記事

久喜市「コット ア コット」」カテゴリの記事

久喜市」カテゴリの記事

フランス料理」カテゴリの記事