カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーリンク


無料ブログはココログ
にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
埼玉食べ歩きブログ★ランキング

« 【関宿(野田)】 関宿城博物館周辺唯一食事のできるお休み処 「けやき茶屋(野田市)」 | トップページ | 【加須】 種物は避けたほうがいいかも 「久下屋脩兵衛(加須市)」 »

2015年9月28日 (月)

【八木崎】 大ベテラン珈琲職人の自家焙煎珈琲豆販売専門店 「つかだ珈琲豆販売(春日部市)」

01_2

 春日部市内ユリノキ通りにある自家焙煎の珈琲豆を販売する専門店。
 場所はラーメン店「法隆」(以前「まめぞう」があった場所)の右隣で、ずっと前も珈琲豆販売店があったように記憶している。
 間口が狭いので見逃しがちだが、この場所にオープンしたのが2010年5月とのこと。

 当店のブログによるとご主人はコーヒー業界36年にもなられる大ベテランだそうで、ちょっとお話しただけでも豊富な知識と見識が伺われた。
 珈琲豆を生でも販売されているが焙煎は購入の都度ではなく、店内左手の棚に並んだ30種類近くの焙煎済み豆から選ぶ。

02

 いつ焙煎した豆かと伺ったところ、大半がほんの数日前だそうで、ぼくが購入した「エチオピア ウォッシュド・モカ・イルガチェフェ(200g 1,110円)」は「昨日」とのご返答だった。

 壁一面に置かれているコーヒー豆の入った大ガラス瓶?に、豆の名前と共に「酸味」「苦味」等の味わいを示す丸いラベルが貼ってあるので、好みの味わいを見つけられやすいと思う。
 更に、悩んでいると奥からご主人が出て来られるので、自分のコーヒー嗜好を説明して助言してもらえば、きっと好みのコーヒーに出会えるはず。

 ぼくが選んだイルガチェフェのラベルは見るからに苦味先行の深煎りなんだけど、コーヒー豆の名前にある「モカ」に引っかかってしまって随分悩んだ。
 コーヒーに詳しくない方でもモカは酸味系なのはご存知だと思う。もちろん深く煎れば酸味は薄まる。

04

 大ガラス瓶の中に見えるコーヒー豆は茶黒くて見るからに深煎りだから酸味はほぼ抑えられているはずだけど、どうしても引っかかる。苦すぎるのも苦手なので。
 苦味先行のコーヒーが好きなクセに面倒臭くて、フレンチとかイタリアンでローストしたときに豆の表面に浮いてくる油が特に苦手。

 迷った末、結局購入した。
 決め手はぼくの「焙煎はどれくらいですか?」という問いに対し「フルシティロースト。フレンチのちょっと手前くらい」とのご主人のお答えだった。
 なんとなく「このコーヒーは好み」という予感を持った。

 予感の通り、非常に美味しい。
 苦味先行で後味良く、コクと若干の酸味がとてもバランス良い。上手く煎れられたときは、よくいわれる柑橘系っぽい香りがふぅっとよぎる。これは美味しい。よかった。当りだった。

 美味しいのは間違いないんだけど、でも、やっぱり「サザコーヒー」のブレンドの方が好みなんだよなぁ。
 性格的にこれ以上の深入りは危険なので、このくらいにしておきます。

03

つかだ珈琲豆販売
昼総合点★★★☆☆ 3.6

関連ランキング:コーヒー専門店 | 八木崎駅春日部駅豊春駅

« 【関宿(野田)】 関宿城博物館周辺唯一食事のできるお休み処 「けやき茶屋(野田市)」 | トップページ | 【加須】 種物は避けたほうがいいかも 「久下屋脩兵衛(加須市)」 »

春日部市(その他)」カテゴリの記事