• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【姫宮】 2014年オープン。品良く喉越しの良い細切りそば 「手打そば ふかしげ(宮代町)」 | トップページ | 【浦和美園】 イオン浦和美園3階フードコートの豚丼 「地々旨々 イオン浦和美園SC店(さいたま市緑区)」 »

2015年12月 6日 (日)

【北本】 蕎麦を愛で雰囲気に浸ることができる理想の蕎麦店 「蕎麦 阿き津(北本市)」

03

06

 安易に書くわけにいかないが、総合的に見て埼玉県には「阿き津」より気に入りそうな蕎麦屋はないような気がしている。
 理由は以前書いたとおり → 【北本】 蕎麦を愛で、雰囲気に浸り、店主ご夫妻との会話を楽しむ 「蕎麦 阿き津(北本市)」

 お店の設えからロケーションから料理から何から何まで、当店のすべてが好き。
 蕎麦の美味しさだけなら当店より美味しいお店はいくらでもあると思う。しかしロボット化された工場よろしく、運ばれて来た料理をひたすら無心に食べてハイ終わりじゃ全然物足りない。
 中でも狭苦しいお店がとにかく苦手。初めてのお店のドアを開けて、隣席の方の息遣いまで聞こえてきそうな席の配置を見ると帰りたくなる。
 特に蕎麦店にはそんな思いが強い。

15

02

05

 当店は広く清潔そうな板張り床の部屋にテーブルはたったの3卓しかない。それも2卓は2名用の小さなテーブルである。全卓全席埋まっても8名のみ。並のお店なら2倍は詰め込みそうなスペースがあるのに。
 板張りフロアの横には6畳大の個室も用意されている。

 もうひとつ当店のごちそうはロケーション。
 荒川の崖の上に立つお店から、だだっ広い荒川河川敷を越えて富士山~秩父連邦~浅間山まで一望できる。

04

01

 そして緑溢れる広い庭園。
 身体を悪くして手入れが行き届かないとご主人はおっしゃるが充分に行き届い美しい。
 窓を大きく取った店内フロアから庭の緑を眺めながらの食事は格別で、これに勝る物は思いつかない。特に紅葉の時期が最高でしょうね。

 これで料理が今ひとつならば巷に数多存在する「雰囲気に頼るお店」なのだが、当店は料理もまた美味しいから並ぶところ敵無しなのである。

08_2

 せいろが950円で天せいろが2050円なので、味だけみれば量も多くないし少し高いかなとは思うが総合的な満足度が高いのでついつい注文してしまう。

 この日も夫婦二人で大量に注文した。
 天せいろ 2枚 2050円
 ぶっかけ(辛味大根) 1350円
 揚げそばがき 950円
 伊吹団子 500円
 そばの柚子風味ぜんざい 600円
 ビール(COECO瑠璃 600円 ベルギービールseef 800円)

 初めていただいた「そばがき」が美味しかった。
 揚げてあるので外がカリッと中はフワフワとろとろのそば。当たり前だけど、少し甘めの出汁と相性が完璧。過去にいただいた蕎麦がきでは一番美味しい。
 
07

10

09

11

12

13

14
 
 そば粉は北海道産で二八。春日部の「鈴庵」や幸手の「せいざん」と同じく、一茶庵の「そば教室」で学ばれたそうだが、変わりそばやしらゆきは扱っていない。

 長患いされて(半年も入院された!)、2015年秋に復活なされた。 
 いまのところ「金曜、土曜、日曜」のみ営業しているが不意の休業もあるかもしれないので、ご訪問される場合は電話してからが良いかもしれない。
 ただし、電話も営業日しか出ないけれど(笑)。

 春日部からは遠いしお値段がそこそこするし行ってしまえば雰囲気が良いので開放的になって大量に注文してしまうし、でなかなか行けない。
 しかし今回は新開通した圏央道の「白岡菖蒲」から「北本桶川」までを利用したら45分くらいで到着してしまった。

 ありがたいことです。
 もっと頻繁に行きたい。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 北本駅鴻巣駅

« 【姫宮】 2014年オープン。品良く喉越しの良い細切りそば 「手打そば ふかしげ(宮代町)」 | トップページ | 【浦和美園】 イオン浦和美園3階フードコートの豚丼 「地々旨々 イオン浦和美園SC店(さいたま市緑区)」 »

そば」カテゴリの記事

★★★★☆~(☆=0.5)」カテゴリの記事

北本市」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー