• Moominvalley_cafe02
  • Moominvalley_cafe04
  • Moominvalley_cafe03
  • Moominvalley_cafe07
  • Moominvalley_cafe08
  • Moominvalley_cafe10
  • Moominvalley_cafe11
  • Moominvalley_cafe21
  • Moominvalley_cafe01_2
  • Moominvalley_cafe12

« 【浦和】 立地最高の一軒家イタリアン 「ニコラピザ 浦和店(さいたま市浦和区)」 | トップページ | 【土呂】 作り手の美意識と熱意が伝わってくるパフェ 「パフェカフェ てんとう虫。(さいたま市北区)」 »

2016年2月 7日 (日)

【武蔵浦和】 ヨロ研仕入れの野菜が美味しい埼玉S級でイタリア代表w 「Trattoria Azzurri(トラットリア アズーリ)(さいたま市南区)」

01

08

 特色のあるイタリア料理店なので当店を説明する言葉はたくさん思い浮かぶ。
 「【さいたまヨーロッパ野菜研究会】の先駆主要仕入れ店である」
 「【埼玉S級グルメ認定】が始まった2014年、当初認定店30店の内のひとつとして登録」
 「さいたま市に「アズーリ」「ディアボラ」等のイタリアンを展開する企業グループの店」
 「武蔵野線高架下イタリアン」
 「高架下なので天井が高く、扉を開けると噂のワインタワーがある」
 「浦和レッズの町でイタリア代表だってよ」 ……など。

 耳年増で実際に訪問したのは初めて。
 噂通り入口扉がバカでかい。中に入ると天井が高く開放感たっぷりでギッシリ詰まったワインが圧巻。高架下なので電車の通過音はガッタンガッタン賑やかだけどすぐに忘れる。揺れることもない。
 見えただけでも厨房に6名、ホールに3名。ピザ釜には専門の職人を配置していた。因みにこの方は、ぐるなびによればピッツァ世界選手権で6位入賞経験のある方だそうだ。

02

04

 サッカー好きにとって「アズーリ」といえば「サッカーイタリア代表」のことだ。
 「Azzurri」はイタリア語で「空色(=青)」を意味するのでイタリア代表のユニフォームの色から連想してそう呼ばれるようになったのだが、サッカー好きなので当店のイメージは「サッカーの町浦和だよ~~」という複雑なものだった。
 しかし百聞は一見にしかずとはよく言ったモノで、訪問してみれば良い印象しか残らなかった。

 お願いしたのは、「生ハムとさいたま市産ルーコラセルバチカのピッツァ 1980円」と「鶏肉と青葱のスパゲッティ」。「休日のランチメニュー」でいずれも、前菜3品盛り合せと自家製パンと冷たい紅茶が付いている。
 追加300円で「デザートとカフェセット」とビール2杯(1360円)ワイン1杯(600円)をお願いして合計5800円。
 5000円以上だと隣の「ライブタワー」駐車場を2時間無料にしてくれるそうなので意識してしまったが、ビール1杯分多くオーダーしてしまったようだ。

06

05

 まず前菜。カリフラワーのパンナコッタ(ロマネスコ使用)、蛸とウイキョウのマリネ、ヨーロッパ野菜のバーニャカウダ。
 マリネはウイキョウの風味がいい。パンナコッタはロマネスコの香りがちゃんとする。どちらも美味しい。
 数種のカリフラワー、ビーツ、紅芯大根等の野菜は新鮮で味が濃い。ココットの底にアンチョビが香るバーニャカウダソースが敷いてある。
 せっかくの「ヨーロッパ野菜」なのでもうちょっとキチンと説明してほしかった。

 自家製というパンはフォカッチャ。美味しい。

08

07

 夫婦ともに感動したのが「鶏肉と青葱のスパゲッティ」。塩味がとても優しい。塩辛すぎず、それでいて塩が足りないわけでもない絶妙の塩加減。塩味なのに甘味すら感じてしまう。
 たぶん、鶏肉の出汁と上手く合わさったんだと思うけど、とても美味しかった。

 生ハムとルッコラのピッツァはふっくらとしたナポリピッツァ。焼き加減も味も申し分ない。美味しい。生ハムの塩加減とルッコラの青と生のトマトが相性ぴったり。
 量も結構あるので食欲を充分に満たしてくれた。

09

 デザートは4品。意外と豪華だった。

 栗とエスプレッソのプリン
 豆乳ティラミス
 スフォルマート(ホワイトチョコとドライフルーツを使ったプチケーキ)
 ミルクジェラート

 スフォルマートとは細かくした具材を型に入れてオーブンで焼く料理のこと。少しパサついていたかな。
 プリンもティラミスも美味しい。
 わずか300円でこの他にコーヒーも出てくるわけだからかなりお得だと思う。

 良いお店だった。
 これだけの人数でお店をまわしてしっかりと利益を出して特色も打ち出せている。厨房1名ホール1名で切盛りしているお店とどこが違うんだろう。
 これが経営力なんだなと感心してしまった。

03

Trattoria Azzurri
昼総合点★★★☆☆ 3.8

関連ランキング:イタリアン | 武蔵浦和駅

« 【浦和】 立地最高の一軒家イタリアン 「ニコラピザ 浦和店(さいたま市浦和区)」 | トップページ | 【土呂】 作り手の美意識と熱意が伝わってくるパフェ 「パフェカフェ てんとう虫。(さいたま市北区)」 »

イタリア料理」カテゴリの記事

上記以外のさいたま市」カテゴリの記事

埼玉S級グルメ認定」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

カテゴリー