カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサーリンク


無料ブログはココログ
にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
埼玉食べ歩きブログ★ランキング

« 【大袋】 進取の気性溢れるサンドイッチ専門店 「小麦工房 ひつじ(越谷市)」 | トップページ | 【加須】 立ち蕎麦と町中蕎麦の中間に位置するファストフード蕎麦 「ゆで太郎 加須上種足店(加須市)」 »

2017年10月14日 (土)

【小千谷】 小千谷の「へぎそば」を代表する名店 「小千谷そば 角屋(小千谷市)」

01

04

 「へぎそば」といえば今や知らぬ者のないくらいの知名度を獲得しています。
 ぼくは小千谷の生まれなので「へぎそば」は小千谷のモノと思っていたら、関東方面ではそういう認識は少なくてどちらかと言えばお隣の十日町の方が知名度が高かったりします。
 「へぎそば」の発祥は小千谷ですが、十日町に商売上手なお店があるからかもしれません。

 元々、小千谷と十日町は同じ魚沼地方で、同じく織物が盛んだったという似通った背景があります。十日町は「紬(つむぎ)」で知られ、小千谷は「縮(ちぢみ)」で知られています。
 どちらかというと「小千谷縮」の方が全国的には知られているかもしれません。ちなみに、紬は絹織物で縮は麻織物です。
 どちらも糸の糊付けに「布海苔(ふのり)」を使用していました。

03_2

 写真の通り、「布海苔」を練り込んだそばを「片木(へぎ)」と呼ばれる四角い木の器に、一口サイズの馬蹄形に盛り付けたものが一般的には「へぎそば」と呼ばれます。
 「布海苔」は海藻ですので、ぬるぬるしています。これを練り込んだそばも当然ぬるぬるします。若干潮の香りが漂って、一歩間違うと生臭く感じてしまいかねないたたずまいです。

 蕎麦にいろんなモノを練り込む文化は日本中あちこちにありますが、布海苔を練り込む文化は本当に独特だと思います。
 蕎麦の香りはほとんどしません。邪道と言えば邪道かもしれません。

 「角屋」は「須坂屋」「わたや」と並んで個人的に「小千谷三大へぎそば」と呼んでいるお店です。「わたや」さんがへぎそば発祥のお店と言われています。
 角屋さんの特徴は少し甘めでダシの効いた汁にあります。醤油が強くなく実にまろやかな汁です。個人的にはこちらの汁が一番好みです。
 汁が美味しいから当然そば湯も凄く美味しい。

05

06

07

 もちろん「へぎそば」ですから、当店のそばも半端なくぬるぬる。でも、他店ほどコシは強くありません。
 iPhoneの写真なので難しいかもしれませんが、そばは若干緑がかっています。
 
 この日は4人で訪問したので、5人前(3750円外税)、天ぷら(820円外税)を2皿、ビール中瓶1本を注文しました。
 サクッと揚がった天ぷらもいいです。

 ぼくが高校の時分は「本町1丁目」の交差点を船岡山方面へ向かってすぐの左手の角にありました。角にあったから「角屋」だと思っていたくらいの角でした。
 今は駐車場になっているみたいです。

02

関連ランキング:そば(蕎麦) | 小千谷駅

« 【大袋】 進取の気性溢れるサンドイッチ専門店 「小麦工房 ひつじ(越谷市)」 | トップページ | 【加須】 立ち蕎麦と町中蕎麦の中間に位置するファストフード蕎麦 「ゆで太郎 加須上種足店(加須市)」 »

埼玉県以外」カテゴリの記事

そば」カテゴリの記事