カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサーリンク


無料ブログはココログ
にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
埼玉食べ歩きブログ★ランキング

« 【岩槻】 本当に鰻は終わってしまうのかも 「小島家(岩槻区)」 | トップページ | 【行田】 埼玉北部で絶大な人気を誇るうどん、田舎っぺ 「元祖 田舎っぺ さきたま古墳店(行田市)」 »

2018年4月30日 (月)

【古河】 公園内で20年続くカフェレストラン 「カフェ ジェラテリア(古河市)」

Kogakubou_gelateria01

Kogakubou_gelateria02

 茨城県古河市の「古河公方公園」内にあるガラス張りのカフェレストランです。オープンしたのは1998年ですので、もう20年続いているのですね。
 この特徴的なレストランを設計したのは茨城県日立市出身の建築家で「建築界のノーベル賞」とも言われる「プリツカー賞」を受賞した妹島和世さんです。

 古河公方公園は入り口にある管理棟も名のある建築家の設計だそうです。
 なんというか「気合いが入っている」というか。特色に乏しい地方都市の意気込みみたいなものを感じます。

Kogakubou_gelateria04

 しかし、それならばもっと店内で提供される料理に気を遣うべきではないでしょうか??

 この日お願いしたのは、「カレーセット 650円」と「スパゲティセット 650円」です。スパゲティはカルボナーラを選びました。
 正直、どちらも美味しくありません。

 カレーライスは明らかにレトルトです。スパゲッティはたぶん冷凍でしょう。もちろん、個人の感想なので厨房で確認したわけじゃありませんので、間違っている可能性もあります。
 それでも20年続いているのですから方向性は間違っていないのかもしれません。

Kogakubou_gelateria06

Kogakubou_gelateria08

 でも、どうしても残念に思ってしまいます。せっかくこれだけ特徴的な外観を保った飲食施設なのに、なぜもっと本格的な飲食を提供してくれないのでしょうか。

 お店のサイトを拝見すると、準備も後片付けも不要で一人4,000円からのバーベキューが人気のようです。これも20年前から変わりません。
 バーベキューは店舗裏のエリアで行います。
 あの特徴的なガラス張りの建物でウェディングもできるそうで、サイトにはそんなガーデンウェディングの写真も掲載されています。これも変わらずです。

Kogakubou_gelateria03

Kogakubou_gelateria05

Kogakubou_gelateria07

 勝手な想像ですが、本格的な調理を行うには厨房が狭すぎるのでしょうか。外観を優先して設計したのでマトモな厨房設備が無い可能性もあります。でも、それこそ本末転倒だと思うんですよね。
 これだけ立派な公園に常設されているカフェレストランですから、本格的なフレンチやイタリアンを提供してお店のステータスが上がれば、それに伴って公園のステータスも上がります。

 店名からの連想ですが、以前はジェラートが名物だったのかも知れません。記憶にないのでなんとも言えませんが、本格的なジェラートを提供していたのかもしれまえんね。想像にすぎませんが。

 公園に来たついでの客が、適当にお腹いっぱいにするレストランじゃ本当にもったいないです。
 久喜菖蒲公園と「BEACON COFFEE AND BAKED」の例もあるので、研究の余地はあると思うのですが……。

Kogakubou_gelateria09

Kogakubou_gelateria10

関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 古河駅

« 【岩槻】 本当に鰻は終わってしまうのかも 「小島家(岩槻区)」 | トップページ | 【行田】 埼玉北部で絶大な人気を誇るうどん、田舎っぺ 「元祖 田舎っぺ さきたま古墳店(行田市)」 »

埼玉県以外」カテゴリの記事

カフェ」カテゴリの記事