カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2016年7月23日 (土)

【春日部】 これってバーニャカウダじゃなくてモロキュウだろ? 「イル・カンパネッロ(春日部市)」

01

05

 いつもの「カンパネコース(前菜9品盛り合せ、パン、プリモ1皿、デザート、飲み物)1680円(税込1814円)」にしようかと思ったのですが、「スペシャルコース(バーニャカウダ、前菜盛り合せ、本日のパスタ、デザート盛り合せ、飲み物)2300円(税込2484円)」が目に付いてしまいました。

 これが大失敗。
 バーニャカウダのアンチョビとクリームのソースが大好きなのです。メニューにバーニャカウダとあれば誰だってあのソースを思い浮かべます。
 しかし、「ウチはこれです」と言って持って来たのが「ドライトマトと塩糀のソース」でした。見た目も味も味噌じゃないですか。
 こんなもの「バーニャカウダ」じゃありません。「モロキュウ」です。メニューに「モロキュウ」と書いてください。

続きを読む "【春日部】 これってバーニャカウダじゃなくてモロキュウだろ? 「イル・カンパネッロ(春日部市)」" »

2015年11月 1日 (日)

【春日部】 1680円(税別)で前菜9品のイタリアンランチ 「イル・カンパネッロ(春日部市)」

01

 約1年ぶりに訪問。ランチなら2年ぶりくらいになる。
 ランチで一番需要があると思われる「カンパネコース」は前菜9品が固定でメインが8択。これにパンとデザートと飲み物が付くコースになっていた。
 このコースが税別で1,680円(税込だと1,814円)。

 ぼくらは「カンパネコース」を2名分お願いして、ほかにワインを2杯とビールを飲んで合計5,788円。
 高いか安いか人それぞれだと思う。
 前菜は9品もあるが、鶏とサーモンのほかはすべて野菜。工夫を凝らしてはあるものの、記憶に残るほどのインパクトを感じさせる料理はなかった。

続きを読む "【春日部】 1680円(税別)で前菜9品のイタリアンランチ 「イル・カンパネッロ(春日部市)」" »

2014年10月20日 (月)

【春日部】 ディナータイムも値段抑えめで美味しい 「イル・カンパネッロ(春日部市)」

01

 ディナータイムに初めて伺った。

 ディナーのコースは2,500円からで、前菜、パスタ、パン、デザート、飲み物がついている。
 3,800円というワンランク上のコースも考えたが、昼にとんかつを食べたせいか胃がモタれ気味だったのと、メニューを見るとそれほど高額でもなかったので、3名でそれぞれ単品をお願いすることにした。

10_211

12

 お願いしたのは、

 小さな前菜の盛り合わせ(2名分) 1,800円
 しらすとキャベツのペペロンチーノ 1,100円
 にんにくと唐辛子のペペロンチーノ 1,000円
 生ハムとルッコラのピッツァ 1,600円
 白ワイン 1本 3,000円
 ガーリックトースト 420円
 チーズスフレ 580円
 コーヒー 1杯
 ビール 2杯

 合計 11,793円だった。

 コーヒーとビールの金額がわからないけど、コーヒー1杯とビール2杯でたぶん1,420円と思う。これで合計10,920円。消費税が外に8%ついて11,793円になる計算かな。
 アルコールを4000円以上飲んでこの値段だから、安い方だと思う。値段だけなら、贔屓にしている蓮田の「トラットリア ナトゥーラ」と遜色ない。

05

 味については、相変わらずピッツァが美味しかった。
 生地からお店で作っているので、冷凍クラストとは比較にならない小麦の風味とモチモチした生地の食感がいい。だけど、この日はちょっと薄かったかも。

 2名分が一皿に盛りつけられているはずの「前菜盛り合わせ」は、3名で伺ったから3皿に取り分けてくれてサーブしてくれた。ありがたい。

03

04

 前菜盛り合わせは

 豆乳のフラン
 自家製じゃがいものシュー
 安納芋の巻物 皮が紫芋 
 バーニャカウダ 柚子風味
 紅茶鴨のロースト 巨峰にマスカルポーネチーズ
 帆立のソテー
 さつまいものサラダ チュイル

 しかし、せっかくの前菜がほとんど野菜で、どれもぼんやりした味だった。とても残念。その上、どれも甘めの味付けというのもバランスに欠けるように思う。
 7品を見てみると、魚介が1品と肉が1品の他は野菜。ものたりなかった。できれば、アクセントになるような味のはっきりした魚介の前菜をいただきたかった。
 当店の前菜類は野菜が多いので、想定の範囲内ではあるのだけれど。

06

07

 パスタはどちらも美味しかった。
 しかし、気がついてみれば、ペペロンチーノを二つ並べてしまったのは失敗だった。どちらかをトマトかクリームにすべきだった。
 素直にセップ茸のクリームをお願いしておけばよかった。

 今回はアルコール類で満腹になってしまったので、メイン料理をお願いしなかった。メインも2000円程度からとそれほど高い値段ではないので、次回はいただいてみたい。

08

09

 やっとディナーに伺うことができた。
 ホームページ等で情報発信をしていないレストランなので、極端に情報が少なく、夜のメニューがどうなっているかまったくわからなかったので、長い間伺えずにいた。
 ランチの安さから、ディナーも高級店の料金ではないのはわかっていたのだが。
 夜も素敵な雰囲気だった。

 気になるのはお客さんの数。
 土曜日の7時過ぎに訪問して帰宅するまで1時間半近くの間に、ぼくらを含めて5組程度しか確認できなかった。
 おかげで周囲に気兼ねすることなく長男の愚痴を聞いて、元気づけてやることができたわけだから感謝しなければならない。
 カンパネ3は営業したりしなかったり、らしい。

 ディナーの様子がわかったので、また伺いたい。

02

関連ランキング:イタリアン | 八木崎駅春日部駅

2014年1月 8日 (水)

【八木崎】 1500円でこんな立派なイタリアンランチがいただけちゃう 「イル・カンパネッロ(春日部市)」

06

 約2年ぶりの訪問。

 2年の間に変わったことを上げると、まず入口左手のテーブルレイアウト。
 窓に背を向けて座る長椅子は変わらないが、2人掛けのテーブル2卓ごとに植栽を載せた間仕切りを置くことによって、わずかでもプライベートな空間を保てるような工夫がなされていた。
 もうひとつ、ランチでリッチコースと呼ばれる、プリモ(渡り蟹のパスタ固定)とセコンドのついたコースが2,680円になっていた。2,800円→2,500円→2,680円と変遷したことになる。

 今回は、リッチコースではなく、通常のカンパネコース(前菜、パン、パスタ、デザート、ドリンク 1,500円)を二名分とグラスワインを2杯お願いした。
 前菜は「盛り合せ」だけのようだ。以前は一品料理の前菜もあったが。2名なので、1名分だけ追加料金300円で「シェフ特製盛り合せ」にした。
 パスタは、「シラスとレタスのペペロンチーノ」と「天使のエビのトマトクリーム(手打ち) プラス300円」をお願いしたので、合計で4,600円だった。(ワインが1杯500円なんだね)

08

 プラス300円でお願いした特製の前菜盛り合せは、9品だった。
 パプリカのムース
 もずくのレモンマリネ
 プルーンとフォアグラのムースを載せたクロスティーニ 
 玉子のクレープ 鮪のタルタル巻き 蓮のピクルス乗せ
 若鶏のロースト モスタルダソース
 白身魚とズワイガニのソーセージ仕立て カマンベールを使ったフリッタータ トップにカラスミ
 生春巻き ローストビーフ
 タコと下仁田ネギのマリネ
 薩摩芋とクリームチーズのサラダ仕立て

011

 通常の盛り合せは上記の中から、下記の6品の皿だった。
 パプリカのムース
 プルーンとフォアグラのムースを載せたクロスティーニ 
 若鶏のロースト モスタルダソース
 玉子のクレープ 鮪のタルタル巻き 蓮のピクルス乗せ
 生春巻き ローストビーフ
 薩摩芋とクリームチーズのサラダ仕立て

09

 プラス料金のあった皿にあって通常のに無かったのは、もずく、白身魚ズワイガニ、タコ下仁田ネギの3品。単純計算は成り立たないと思うが、1つ100円(笑)。
 通常の盛り合せが、まずまず豪華なので300円の価値を見いだせたり、前菜で昼ワインを飲みたい方はプラス料金を支払うのも一興かもしれない。

 料理はどれも一口サイズと寂しいが、味は良かった。
 オレンジのソースと若鶏のローストが合うのでびっくり。もずくは和食だが、レモンでマリネにすると白ワインに合ってなかなか良かった。
 酸味、甘味、塩味とそろってバランスもよく、見栄えもよい前菜だった。

03

 「天使のエビのトマトクリーム」は、タリアテッレとかパッパルデッレと呼ばれるくらい太さで手打ち。
 モチモチとして非常に食感が良い。大ぶりの海老が4尾。最初はクリームが少なめかなと思ったけど、補って余りある生のトマト感がすばらしかった。食べれば食べるほど美味しくなる稀有なソースだった。
 ほど良い酸味と海老の風味を、控えめなクリームが深みを与えている。
 こういうトマトクリームもいいかもしれない。

04

 「シラスとレタスのペペロンチーノ(乾麺)」は程よい塩加減とにんにく加減。丁寧に乳化されたアーリオオーリオだった。野菜の風味もとても良い。
 これも良かった。

 デザートが選べず、ちょっと小さめで、味もそれほどインパクトが無いことが、イル・カンパネッロ&カンパネ食堂唯一にして最大の弱点なんだけど、この日はこんな皿で出て来た。

02a_2

10

 黒糖を使ったガトーショコラ
 抹茶のケーキ(スティック)
 トマトとベリーのソルベ
 柿

 抹茶のシフォンケーキ
 抹茶のケーキ(スティック)
 トマトとベリーのソルベ
 柿

 見た目も寂しい。あといくつかフルーツを盛り合せるだけで印象が変わるような気がするんだけど。味は普通。
 久しぶりの訪問で良い店であることを再確認したけど、デザートだけは改善の余地があると思った。
 これだけの料理を出しておきながらもったいない。 

 食事とは関係ないんだけど、この日はちょっと珍しいことがあった。
 例によって一眼レフで撮影をしていたら、「雑誌か何かに載せるんですか?」と隣席の方から声を掛けられた。見た目40歳前後と思しきご夫婦(たぶん)。
 聞けば、「食べログ」を見てわざわざ松戸から食べに来て下さったそうだ。

07

 「春日部は美味しそうなお店がたくさんあるんですよね」とありがたいお言葉を頂戴したが、レストランで隣席の方から話しかけられたのは初めてだったので、ちょっとばかり面食らってしまった。
 驚きが先に立って上手く春日部を宣伝できなかったのが残念。
 家族の慶事の度に野田から当店へやってくる某会社の部長の話とか、春日部の他のお店の話とか、今度開催される「WEバル」の話とか話題には事欠かないはずなのに。

 話題といえば、カンパネ3店目「カンパネ3」の詳しい話も伺うことができた。
 店長は当店の古株女性シェフが担当(美人!!)。彼女は昼はイルカに出て、夜になったら「カンパネ3」へ行くらしい。
 当面は日曜日はお休みだそうだけど、満天横町のサイトには土曜日も休みとある。
 土曜日はやってると言ってたけどなぁ。
 前菜類が中心みたいだけどパスタもやっているそうなので、今度行ってみるつもり。

★参考★
カテゴリ「春日部 イル・カンパネッロ」

05

関連ランキング:イタリアン | 八木崎駅春日部駅

2012年2月 5日 (日)

八木崎 カンパネ食堂に追いつき追い越せ! イル・カンパネッロ 4度目

010911_2

値下げのような値上げのような……

 2011年7月以来なので、約半年ぶりの訪問です。

 ランチ価格に変動がありました。
 パスタを「渡り蟹のトマトクリーム」固定でセコンドに魚or肉料理がついた【リッチコース(前菜盛合わせ、渡り蟹のトマトクリームパスタ、自家製パン、メイン料理、デザート、飲み物)】が、2,800円から2,500円に値下げされていました。
 【リッチコース】は、2011年12月に「食べログ」アップされた 黒の旅人さんのメニュー写真では2,800円 になっていますので、値下げは2011年末から2012年1月あたりに実施されたようです。
 このコースにもうちょっとメニュー選びの自由さがあれば良いのですけどね。

08

 値上げと感じたのは【カンパネコース】の「前菜盛り合せ」等の追加料金です。
 前菜、パスタorピッツァ、自家製パン、デザート、飲み物の【カンパネコース】の価格は1,500円~と変わりませんが、「前菜の盛り合せ」の追加料金は400円になっていました。以前は300円でした。
 ほかにも、追加料金が若干高くなった印象です。この日は前菜の選択肢が三種類と少ないのも寂しかった。

 パスタとピッツァのコースをお願いして、カンパネ食堂と同じようにメイン料理を一品注文しようと思ったのですが、2,100円からとめっちゃ高いのでやめました。
 カンパネ食堂でもいただいた「牛ほほ肉の赤ワイン煮」は2,400円です。カンパネは1,380円だったのに…。分量にもよるのでしょうけど、1,000円も違うなんて、ね。ワインも高かった…。

 当店の【カンパネコース】と同じ構成のカンパネ食堂【パスタコース】は1,400円からですし。
 メニュー選びの自由度も、カンパネ食堂のに分があるように思います。
 どうしてでしょうね。

12

 それでも、12時前からほぼ満席でした。予約しといて良かった…。

 注文は、【カンパネコース】を二人分に、それぞれ「シェフスペシャル!! 前菜盛り合せ(+400円)」をお願いしました。それとワイン。
 2杯目を注ぎに来てくれたのは、いつものおねえさんでした。1杯目と違うのを持ってきてくれた。銘柄を説明してくれるともっと良かったのだけれど。もっとも聞いてもわからないんだけど(笑)。

前菜は寂しかったかも

 プラス400円の前菜ですからね。期待しちゃいます。

 出て来たのは、野菜が刺さったガラスのカップから時計回りに

 ・じゃがいものペースト 黒トリュフのソース 温野菜
 ・スモークサーモン 赤かぶのピクルス ちょっとだけイクラ バジルのソース
 ・蒸した豚ヒレ肉 ツナのソース 下にズッキーニのフリット
 ・蛤のマリネ 新玉ねぎのソース
 ・さつまいもを使ったキッシュ
 ・りんごのコンポート 生ハム 新玉ねぎ(中央)

04

 「じゃがいものペースト~~」は変わった料理でした。バーニャカウダ風というか犬神家風というか(笑)。
 ペーストに突き刺さっているのは、小さな人参と小さな大根と芽キャベツ等。温野菜との説明でしたが、全然温かくなくて硬い。温野菜じゃありませんよね。ほとんど生でした。
 記録的な寒さの続く真冬なので、説明通り温野菜が良かったかも。歯応えがあって美味しかったんだけど…。じゃがいものペーストと黒トリュフのソースはとても美味しかった。
 そのほか記憶に残ったのは、「りんごのコンポート」です。洋ナシのような食感と甘味で、とても美味しかった。デザートでも通じる味わいが、生ハムととても良く合いました。
 豚ヒレ肉とズッキーニのフリットも良かった。

 どれも満足できる前菜でしたが、果たしてプラス400円の満足度はあったかな。
 お隣のテーブルにサーブされたプラス料金のない前菜を盗み見しましたが、「じゃがいものペースト~~」と「りんごのコンポート~~」が、違う一品になっているだけの違いだったような……。
 ほとんど黒トリュフの値段なのかなぁ。

パスタとピッツァ

 ピッツァは「ソーセージと新ジャガイモのピッツァ・ピッツァナポレターナ(ハーフ&ハーフ)」、パスタは「燻製鶏とキャベツのクリームソース」を選択しました。

 先にサーブされたピッツァの生地は、カンパネ食堂とほとんど同じです。中央部分までモチモチで美味しい。ただ、ソーセージが見えない(笑)。ソーセージなんてあったの? じゃがいもとトマトしか感じなかったけど…。もっとソーセージを感じられれば違った印象になったでしょうか。
 それと、焦げが気になりました。でも、この程度は許容範囲でしょうね。

14

 パスタは、最初からふたつに分けてサーブしてくださいました。
 これもカンパネ食堂と同じく、客に確認してません。ぼくらはシェアするつもりだったから問題ありませんが、やっぱり客に聞くべきでしょう。
 初回の時は、控えめな笑顔が素敵なおねえさんがちゃんと確認してくれました。

 当店では珍しいクリームソースです。イタリアンでもいろいろですよね。
 ソースがとても緩かった。前にいただいたのはもうちょっとトロリとしていたように記憶していますが。トロ味は欲しかったけれど、麺の茹で加減も申し分ないし、味も悪くなかった。

02

 デザートは、

 ・ガーゼで包んだレアチーズケーキ
 ・チョコレートベースのイタリアンジェラート

 ・なめらかプリン
 ・ヨーグルトとオリーブオイルのソルベ

 が別々の皿でサーブされました。共通して、

 ・さつまいものスイートポテト

 以上3点の盛り合せです。寂しい皿でした。毎度比べて申し訳ないけど、カンパネ食堂は4点だった。

 カンパネ食堂もデザートは弱いと感じましたが、こちらはもっと弱く感じました。
 決して美味しくないわけじゃないのですが、パッとしない…。すみません。
 全体的に何かが薄れてきているような気がしてしまったのは、気のせいでしょうか。何か小さくまとまってしまったようで、もっともっと「イル・カンパネッロ」の大見得を感じさせて欲しかった。
 抽象的で申し訳ない。
 こっちが贅沢になってしまったのかな。

0506

初めての小部屋

 入店すると左手の広いホールにはたくさんのテーブルがつなげて並べられていて、大人数の予約が入っていることをうかがわせます。
 その横手に、2人テーブルが2つほどセッティングしてあったので、あそこに案内されたら嫌だなと思いながら案内を待っていると、入口正面の小部屋へ案内していただけました。良かった(笑)。

 初体験の小部屋です。良いスペースですね。人数が揃えば貸し切りも可能だそうです。14名以上だったかな。
 この日は、この小部屋も満席で、ぼくらの他は4名と6名の女子会(おなごかい=及第様、また使わせていただいています)が催されていてなかなか賑やかでした。

 サービス面もカンパネ食堂の方が上かも知れません。
 いつも感心しているコックコートの若い女性がいらっしゃいましたが、落ち着き払った彼女はピッツァも担当しているようでなかなかホールへ出て来てくれません。
 チャキチャキ元気なもう一人の女性は今日はいらっしゃいませんでした。辞めちゃったのかな?

1310

 代わりに年配の女性がいらっしゃいました。余裕の笑顔が欲しかったなぁ。メイン料理について伺った時もそっけなかった。年齢の割に、どこかテン張った感じでどうも落ち着きません。大人数の予約が入っていて、かなり緊張していたのかもしれませんが。
 ぼくらのテーブルを主にサービスしてくれたのは、コックコートの若い男性です。どこかキョドっていて(失礼)、言葉も聞き取りにくく、まだまだ鍛錬が必要なようです。もっと堂々として良いと思いますよ。
 今にして思えば、カンパネ食堂のホールの方々は余裕綽々だった。

 両店の混雑ぶりを見ていると系列3店目も視野に入っているかもしれません。
 ホール専門のマネージャーを育てるべきじゃないかなぁ。

★参考★
カテゴリ「春日部 イル・カンパネッロ」

 元記事はこちら → http://u.tabelog.com/000225844/r/rvwdtl/2301354/ (食べログ)

店舗データ

イル・カンパネッロ
【住所】 埼玉県春日部市中央2-1-20
【TEL】 048-761-7330
【交通手段】 東武野田線「八木崎駅」下車 徒歩約9分
【営業時間】
     ランチタイム
      11:30~15:00(L.O 14:30)
     ディナータイム
      [月~土]
      17:30~22:30(L.O 21:30)
      [日・祝]
      17:30~22:00(L.O 21:00)
【定休日】 不定休(火曜日のことが多い)
【駐車場】 有(12台)


大きな地図で見る

2011年7月18日 (月)

八木崎 誕生日のサプライズあり! イル・カンパネッロ

02

メイン料理をいただく

 震災の翌日以来、4ヶ月ぶりに伺いました。相変わらず美味しい。
 今回は、いつもの「カンパネコース1,500円(パン、ドリンク、デザート、前菜、メイン料理)」と、はじめてメイン料理付きの「リッチコース2,800円〈2012年2月現在2,500円に値下げ〉(前菜盛り合せ、自家製パン、ワタリガニのトマトクリームスパゲッティ、本日のメイン料理、デザート、ドリンク)」をお願いしました。

03

 出がけにトラブルがあったため(洗濯機が壊れた!)、お店の到着が遅れて最後の一組に滑り込みセーフ。ぼくらの次は入店できませんでした。以前に比べて人気が出て来たようで嬉しい。

 当然、店内はほぼ満席でかなり賑やかです。
 そのため、料理の説明はほとんど聞き取れません。でも、どれもとても美味しいものでした。
 特に、「ワタリガニのトマトクリームスパゲッティ」はカニの風味が抜群で、味わい豊か。メインの「仔羊のロースト」は骨付き。羊とは思えない肉が柔らかく美味でした。

04
05
06

 リッチコースの前菜は、フリッタータ、イベリコ豚、枝豆のフラン、ケールの胡麻和え、豆腐のフラン、若鶏のテリーヌ、スモークサーモン等の8種類です。
 焼きとうもろこしにはびっくりしましたが、それ以外はどれも手の込んだ料理で、味のバリエーション、食感、どれをとっても文句ありません。
 下に掲載した前菜盛り合せの写真は一品食べてしまったあと撮影しました。失礼。

 デザートでは、前回も大満足のガーゼで包んだレアチーズケーキと、今回はスイカのゼリーに驚きでした。しっかりとした味の濃いスイカゼリーは初めてです。季節感が良い。

0708
09
10

誕生日のサプライズあり

 かなり賑やかな店内でランチを満喫していたら、いきなり大音量で、ケツメイシの「ハッピーバースデー」か流れ出しました。
 文句のひとつも言いたくなるような大音量です。店内を見回したら、大きなケーキが運ばれて来るじゃありませんか。次いで、写真に掲載したような扮装の男性スタッフが2名出てきて、音楽に合わせて模擬ピザを振り回すパフォーマンスです。誕生日のサプライズですね。
 野田の「コメ・スタ」には敵いませんが、男性スタッフのハニカミが伝わって来ちゃう微妙で楽しいパフォーマンスでした。もっと堂々とサービス精神たっぷりにやったらもっと良かった(笑)。

 今回、当店では初めての喧噪を味わいました。テーブルが近いので、結構気になります。
 そんな中、誕生日のパフォーマンス。なかなか味わい深い訪問となりました。
 誕生日のお祝いをしてもらったグループ(家族)のお父さんが帰りしな、「ありがとう」とスタッフに声をかけていたのが印象的でした。

★参考★
カテゴリ「春日部 イル・カンパネッロ」

 元記事はこちら → http://u.tabelog.com/000225844/r/rvwdtl/2301354/ (食べログ)

0111

店舗データ

イル・カンパネッロ
【住所】 埼玉県春日部市中央2-1-20
【TEL】 048-761-7330
【交通手段】 東武野田線「八木崎駅」下車 徒歩約9分
【営業時間】
     ランチタイム
      11:30~15:00(L.O 14:30)
     ディナータイム
      [月~土]
      17:30~22:30(L.O 21:30)
      [日・祝]
      17:30~22:00(L.O 21:00)
【定休日】 不定休(火曜日のことが多い)
【駐車場】 有(12台)


大きな地図で見る

2011年3月12日 (土)

八木崎 大震災の翌朝に… イル・カンパネッロ 2度目

01

前菜も選べる1,500円のランチコース

 日本史に刻まれた2011年3月11日。
 勤務先から帰宅できず、翌朝になってカミさんに「浦和美園駅」まで迎えに来てもらい、埼玉高速鉄道でなんとか帰宅しました。
 浦和美園駅は土曜日にも関わらず、埼スタ開催時のようにごった返しておりました。

 早々にシャワーを浴びて布団に潜り込みました。しかし、前日ほとんど眠れておらず疲れ切っているのに、眠れません。気がつけばテレビの前でニュース映像に釘付け。
 そんなモヤモヤした気分を少しでも解消したいとイルカ訪問を思い立ちました。電話したら、営業していらっしゃる! ありがたい。これこそレストランの使命ですよね。

 さすがに客はぼくらのほか一組がいらっしゃったのみでした。
 いつもは、「ローマの休日」が流れているモニタから、地震と津波のニュース映像が流れるレストランで、「カンパネコース」【前菜(6択)・メイン料理(パスタ・ピッツァ・リゾット・肉・魚等から8択~日替わり)・パン・ドリンク・ドルチェ付きで1,500円】を夫婦でいただきました。他に、最近の恒例でワインをグラスで。
 カンパネコースは、1,500円というリーズナブルなお値段設定で、前菜と主料理(パスタ、ピッツァ、肉料理等)を複数メニューから選べることが大きな特徴です。

03

 この日の前菜は、「当店おすすめ! 前菜の盛り合せ +300円」「本日の前菜3品盛り合せ」「森林鶏のロースト サラダ添え」「カツオあぶり焼きマリネ」「豚バラ肉のボリート 焼きリゾット添え」「新じゃがいものクリームスープ」の6択。
 主料理は「桜海老とルッコラのペペロンチーノ」「ベーコンと新玉ねぎのアマトリチャーナ」「するめいかと新じゃがいものジェノベーゼ」「フレッシュトマトとモッツァレラのトマトソース(手打ち) +200円」「若鶏ときのこのボルチーニクリーム(手打ち) +200円」「ピッツァ マルゲリータ」「ピッツァ ナポレターナ・カラブレーゼ(サラミとソーセージ)(ハーフ&ハーフ) +200円」「いろいろ野菜のリゾット +100円」の8択。

 上記から、前菜は「当店おすすめ! 前菜の盛り合せ +300円」「豚バラ肉のボリート 焼きリゾット添え」、パスタ&ピッツァから、「フレッシュトマトとモッツァレラのトマトソース(手打ち) +200円」「ピッツァ ナポレターナ・カラブレーゼ(サラミとソーセージ)(ハーフ&ハーフ) +200円」を選びました。

手の込んだ前菜

 前菜の盛り合せは下記の8品。下の写真の右上隅から時計回りに、
  ・ポペラッチ(イタリアのショートパスタの一種。「指輪」という意味。中に空豆ペースト)
  ・じゃがいものクロケッタ(イタリア版コロッケ~リードボー(仔牛のノド肉)入り)
  ・豆腐のパンナコッタ(白い容器)
  ・豚肉とビーンズのパテ パプリカのグリル乗せ
  ・イカで巻いたお米のリゾットのサラダ
  ・さつまいもとクリームチーズのサラダ
  ・白身魚のすり身とスモークサーモンのテリーヌ
  ・蛤の白ワイン蒸し

10

 色合いも良く見栄えの良い皿です。8品もあるので、それぞれの感想は述べませんが、+300円の価値は充分にあるでしょう。
 冷菜が6品、温菜2品。冷菜でも、冷え冷えから常温まで多種。どれも手の込んだ料理で、味も多彩。楽しませていただきました。ワインが進みます。
 中でも気に入ったのが、写真の左下隅にある「イカで巻いたお米のリゾット」です。新鮮なイカが球体に丸められ、中にリゾットがくるまれていました。実に旨い。ほかにも、「じゃがいものクロケッタ」「豚肉とビーンズのパテ」「白身魚のすり身とスモークサーモンのテリーヌ」が良かった。

07

 「豚バラ肉のボリート 焼きリゾット添え」。
 ボリートとは「茹でた」とい意味だそう。スープであっさりと茹で上げたのですね。ハーブのソースとトマトのソースに、グレープフルーツが添えられていました。バラ肉であるのに、なんともサッパリ爽やかな味です。これもすばらしい。

 前菜が美味しいお店はテンションが上がります(笑)。

パスタ、ピッツァ、ドルチェ

 「フレッシュトマトとモッツァレラのトマトソース」。
 若干酸味が強かったかな。その酸味をモッツァレラが包んで、手打ちのもちもちパスタがくちの中で躍ります。パスタはリングイネですが、思った以上にコシがありました。茹で加減もいいですね。

02
05

 「ピッツァ ナポレターナ・カラブレーゼ(サラミとソーセージ)(ハーフ&ハーフ)」。
 ピッツァは前回よりも膨らみが少なくて、薄い感じがしました。でも、ナポリタイプです。チーズのシンプルなピザであるナポレターナと、サラミ&ソーセージのカラブレーゼは良いカップリングでした。

 ドルチェは、「リンゴのタタン バニラとクッキーのジェラート 紅茶のパウンドケーキ」 「ココナッツのパンナコッタ 苺とトマトのシャーベット」。
 どちらも良い味で、コーヒーとともに美味しくいただきました。

 これからも定期的に利用することになりそうです。

0609
0811

 姉妹店であるさいたま市の「カンパネ食堂」とは従業員の交流もあるようで、「カンパネ食堂」に行ったときにいらっしゃったホールの女性に声をかけられてしまいました(笑)。

 震災の翌日。2011年3月12日のランチです。忘れられない訪問となりました。
 やっぱり落ち着かなかったかも…。

 元記事はこちら → http://u.tabelog.com/000225844/r/rvwdtl/2301354/ (食べログ)

店舗データ

イル・カンパネッロ
【住所】 埼玉県春日部市中央2-1-20
【TEL】 048-761-7330
【交通手段】 東武野田線「八木崎駅」下車 徒歩約9分
【営業時間】
     ランチタイム
      11:30~15:00(L.O 14:30)
     ディナータイム
      [月~土]
      17:30~22:30(L.O 21:30)
      [日・祝]
      17:30~22:00(L.O 21:00)
【定休日】 不定休(火曜日のことが多い)
【駐車場】 有(12台)


大きな地図で見る

2010年12月19日 (日)

八木崎 本格イタリアンを良心的な価格で イル・カンパネッロ

Il01

地元に愛される店

 夫婦でたいへん美味しいランチをいただきました。
 味、雰囲気、サービス、コストパフォーマンス、どれをとっても非常に満足度の高いイタリアンです。
 わが町周辺のイタリア料理店では、これ以上を探すのが難しいのではないでしょうか。

 春日部市内ゆりの木通り沿いで3年営業したのち、この地に移転して9年。しっかりと根付いていらっしゃるようです。
 きっちり1時間のランチを楽しんだあと、12時半ころの帰宅時には、年齢を問わない女性グループ、年配の夫婦客、若いカップル等、多くの客で賑わっていらっしゃいました。

Il14

 天窓から差し込む光が店内を優しく照らし出し、大型テレビで流される「ローマの休日」と、壁にかけられた「オードリー・ヘップバーン」の写真額が雰囲気を演出します。
 ただし、ヘップバーン関連は自分的にはNG(笑)。
 イタリア=ローマ=ローマの休日=ヘップバーンっちゅう発想? なめんなよ、なんて思っちゃいました(笑)。

 タバコは、ランチタイムは全面禁煙で、ディナータイムは喫煙可です。

カンパネコース

 ランチは「カンパネコース」という1,500円のコースの他に、2,800円(2012年2月現在2,500円に値下げされています)の「リッチコース」、「みんなでわいわい大皿コース(1人2,500円、3,500円の2コース」とあります。
 カンパネとリッチをお願いする予定だったのですが、直前にぼくが「[a:11005551,巴屋]」で蕎麦を食べてしまったので、カンパネ2人分を注文することに。
 「カンパネコース」は、前菜、パン、パスタorピッツァ、ドリンク、デザート付きで、デザートはサラダに変更が可能とのこと。
 
 前菜は、下記7種から選択(この日のメニュー)
 ・当店おすすめ! 前菜盛合せ (+300円)
 ・本日の前菜3品盛合せ
 ・スモークサーモンのマリネ ケッパー添え
 ・パルマ産生ハムとリンゴのコンポート
 ・森林鶏のロースト サラダ添え
 ・フォアグラのソテー バルサミコソース (+500円)
 ・カキとカブのクリームスープ

Il11
Il12

 パスタorピッツァは下記8種から選択(この日のメニュー)
 ・ベーコンと白菜のペペロンチーノ
 ・イタリア野菜とバジリコのトマトソース
 ・ヤリイカと春菊のジェノベーゼ
 ・フレッシュトマトとモッツァレラのポモドーロ(手打ちパスタ) (+200円)
 ・ホタテときのこのクリーム(手打ちパスタ) (+200円)
 ・ピッツァマルゲリータ
 ・スモークサーモンとゴルゴンゾーラのピッツァ (ハーフ&ハーフ) (+200円)
 ・仔牛のロースト) (+200円)

 ドリンクは複数から選択。デザートはおまかせで、パンはおかわり自由です。

 前菜は「本日の前菜3品」と「森林鶏のロースト」、パスタorピッツァは「ホタテときのこのクリーム」と「マルゲリータ」を注文。
 当然、二人でシェアして食べるつもりです。察知したホールの女性は「取り分けて召し上がりますか?」と笑顔を向けてこられて、小皿を用意してくださいます。

 パスタでは、なんと最初から小皿2皿に分けて配膳してくれました。
 余計なお世話に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、ぼくには非常に心地よかった。

前菜とパンをいただきました

 「本日の前菜3品盛合せ」は実は、4品ありました。
 ・真蛸のマリネ
 ・鶏肉?のインボルティーニ
 ・かぼちゃクリームのシュー皮包み
 ・黒トリュフとポルチーニ茸のフラン

 手が込んでいて、どれも美味しかったですが、黒トリュフのフランは結構衝撃的。かつて味わったことのない味で、カミさんと顔を見合わせたり(笑)。
 酸味あり、甘みあり、辛味あり、異次元?の味ありで、随分と楽しませていただきました。

Il03
Il02

 「森林鶏のロースト サラダ添え」では更にグレードアップ。
 ルッコラ、ベビーリーフ、サニーレタス、トマト等の彩り豊かな野菜にチーズとドレッシング。その下には、大きくカットされた鶏のローストが3枚隠れていました。
 森林鶏のローストには、ガーリック風味のドレッシングが振りかけられていて美味な上にボリューム満点!本当にこれが前菜?

 パンもおいしいです。
 オリーブオイルはデフォのようです。クラストがカリカリでクラムがもちもち。
 おかわりをお願いしたら、トマトを練り込んだという、最初のとは違うちょっと赤みがかったパンが出てきました。これもおいしい。…というか、同じ物を出さないというサービス精神がとても嬉しいのです。

Il08Il07

パスタとピッツァ

 パスタがクリーム系だったので、ピザは酸味かさっぱり系が良いと思い、定番のマルゲリータに。目の前で若いシェフがクルクルと生地を回して伸ばしていてワクワク(笑)。

 「マルゲリータ」は期待通りでした。額縁の焦げ目が主張して、威風堂々(笑)。
 チーズがしつこくなく、トマトソースのさっぱりとしたさわやかな酸味が旨い! 生地はモチモチとして食べ応えもありました。

Il05
Il06

 「ホタテときのこのクリーム」は、イカ、アサリ、ホタテ等の魚介類と、シメジ等のきのこ類がたっぷり。
 前述のとおり、最初から小皿2皿に分けて配膳してくださったサービスに感謝です。
 ガーリック風味に鷹の爪の辛味、更に海鮮の濃厚なコクとクリームの甘めの味わいが渾然一体となって、実に旨い。平打ちの手打ちパスタもモチモチとして食感がとても良いです。

デザートもすばらしい

 デザートは、「レアチーズケーキ」と「ガトーショコラ」でした。ここにもまた、お店の配慮。
 お店におまかせですから、ふたりに別々のデザートを出す必要はありません。でも、別なのですよね。心憎いです。当然、シェアしていただきました。

 「レアチーズ」は、ガーゼにくるまれています。
 ガーゼを剥がすと濃厚なチーズの香りが立ち上りました。口に含むとまず濃厚なチーズの味わいがやってきて、すぐに追いかけてきた柔らかいクリームチーズ風味に取って代わります。
 さわやかな酸味と甘みが美味しい。専門店においてもおかしくないですよ、これ。
 更に、抹茶のスポンジと柚のアイス。柚のアイスがまた旨い。

Il10Il09

 「ガトーショコラ」にも、随分と楽しませていただきました。
 若干ビターなチョコの上にクリーム。クリームの分量を調節していろいろと楽しめちゃいます。これも、専門店レベル。
 「レアチーズ」と同じく、抹茶のスポンジに、こちらはチョコアイス。

 デザート単品だと420円だそうですので、全体で1500円は、ものすごくお得です。コースのデザートが単品のと同じ大きさかは不明ですが。

一級品のサービス

 味が良い上、ホスピタリティ精神溢れる良店だと思います。手間を惜しまないのですね。
 
 帰りのクルマでカミさんから聞いた話に感心しちゃいました。
 お隣の席で年配のご夫婦が食事していたのですが、奥さんの方に、ホールの女性がお店備え付けの膝掛けを貸していたのだそうです。屋外のテラス席とかではたまに聞きますが、暖房の効いた室内ですし。気が利いていますよね。

 非常に居心地が良かった。こういう接客の姿勢が徹底されているので、客は居心地が良くなるのでしょうね。

 ただし、ホールの女性が出色で、厨房から出てくる若い男性たちは、まだまだです。女性を見習いましょう(笑)。

Il13Il04

 至福の時間を過ごさせていただきました

 ありがとうございました。
 次回は是非、ディナータイムに伺いたい。

 さいたま市で絶大な支持を集めるイタリアン「[a:11003757,カンパネ食堂]」とは姉妹店とのこと(オーナーが同じでシェフが別)。
 食べ比べてみるの一興かも(笑)。

★参考★
カテゴリ「春日部 イル・カンパネッロ」

 元記事はこちら → http://u.tabelog.com/000225844/r/rvwdtl/2301354/ (食べログ)

店舗データ

イル・カンパネッロ
【住所】 埼玉県春日部市中央2-1-20
【TEL】 048-761-7330
【交通手段】 東武野田線「八木崎駅」下車 徒歩約9分
【営業時間】
     ランチタイム
      11:30~15:00(L.O 14:30)
     ディナータイム
      [月~土]
      17:30~22:30(L.O 21:30)
      [日・祝]
      17:30~22:00(L.O 21:00)
【定休日】 不定休(火曜日のことが多い)
【駐車場】 有(12台)


大きな地図で見る

その他のカテゴリー

★★★★☆~(☆=0.5) | ★★★★~★★★★☆ | 埼玉S級グルメ認定 | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ) | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー) | 上尾市「Maison d'H(メゾン・ドゥ・アッシュ)」 | 上尾市「イル・モンド・ピッコロ」 | 春日部市「イル・カンパネッロ」 | 越谷市「ヴェッキオ・コンヴェンティーノ」 | 久喜市「コット ア コット」 | 春日部市「オークウッド」 | さいたま市「カンパネ食堂」 | 春日部市(イタリアン) | 春日部市(フレンチ) | 春日部市(洋食・欧風料理) | 春日部市(カフェ) | 春日部市(回転寿司) | 春日部市(ラーメン) | 春日部市(そば・うどん) | 春日部市(中華) | 春日部市(エスニック) | 春日部市(スイーツ) | 春日部市(パン) | 春日部市(その他) | 越谷市(イタリアン) | 越谷市(フレンチ) | 越谷市(洋食・欧風料理) | 越谷市(そば・うどん) | 越谷市(中華) | 越谷市(その他) | さいたま市岩槻区 | さいたま市浦和区 | さいたま市大宮区 | さいたま市見沼区 | さいたま市緑区 | 上記以外のさいたま市 | 熊谷市 | 北本市 | 上尾市 | 久喜市 | 蓮田市 | 三郷市 | 日高市 | 杉戸町 | 上記以外の埼玉県 | 埼玉県以外 | イタリア料理 | フランス料理 | 中華料理 | うどん | うなぎ | そば | エスニック | カフェ | スイーツ | バーベキュー | パン | フライ&ゼリーフライ(行田熊谷の郷土料理) | ラーメン | 和食 | 回転寿司 | 洋食・欧風料理