カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2017年4月22日 (土)

【松伏】 埼玉東部地域を代表する鰻の名店 「川昌 本店(松伏町)」

01

07

 メディアに登場することが多い埼玉東部屈指の有名鰻店です。
 よく聞くのが「鰻の刺身」。またはいろんな調理法で鰻を扱った鰻懐石。ぼくらはそのどちらも食べていないので、あんまり参考にならないと思います。

 ランチに伺って、夫婦で鰻重並(3000円)をお願いしました。内税です。他に生ビールを一杯。鰻屋さんてご飯が少ない印象があったのでぼくのだけご飯を大盛りにしてもらいました。プラス100円。
 ご飯の量がすごかった(笑)。超おなかいっぱいになりました。

続きを読む "【松伏】 埼玉東部地域を代表する鰻の名店 「川昌 本店(松伏町)」" »

2016年2月21日 (日)

【東武動物公園】 老舗でお手頃価格の鰻 「高橋屋(杉戸町)」

01_2

05_2

 「うなぎ・割烹 高橋屋」は東武線「東武動物公園駅」から徒歩3分くらい。東武動物公園とは反対側の東口へ降り、大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)に架かる古川橋を渡って左折した川沿いにある。
 クルマでやってきて門から奥の駐車場に停めてしまうと、お店の入口がわからなくなってしまうくらい敷地は広い。
 テーブル席が並んだお店の入口は川沿いに開いている。

 創業百数十年にもなる老舗で現店主は四代目にあたる。マスコミ等への露出も多く界隈では知られた鰻店である。名物は「うなぎの天ぷら」であるらしい。
 噂の「埼玉S級グルメ」に2014年、初回認定の30店のひとつとして認定された。
 「埼玉S級グルメ」は「埼玉の食材を使う」という大きな基準があるのだが、鰻は埼玉産ではないだろうし、どの食材が埼玉県産なんだろう。認定されている鰻店全般への疑問なのだけれど。

続きを読む "【東武動物公園】 老舗でお手頃価格の鰻 「高橋屋(杉戸町)」" »

2014年12月11日 (木)

【岩槻】 風情だけはちょっと高級っぽい蕎麦屋 「まるしめ(さいたま市岩槻区)」

_01_2

 浦和レッズの最終節を見てから伺った。
 優勝したら雰囲気を味わうために浦和へ行こうと思っていたが、惨敗だったので当店で残念会をすることになった。家族だけだけどw。

 残念だった。
 悔しくて悔しくて仕方ない。これを書いているのは試合から5日後だが、未だに思い出すと胃の底から苦い思いがせり上がってくる。

続きを読む "【岩槻】 風情だけはちょっと高級っぽい蕎麦屋 「まるしめ(さいたま市岩槻区)」" »

2014年8月 7日 (木)

【閉店・春日部】 注文受けてから捌いて紀州備長炭で焼く! タレはちょっと塩辛目 「うなぎの尾崎(春日部市)」

01

 春日部市内の大沼公園近くにある鰻屋。
 三和土に2人掛けのテーブルがひとつ、小上がりに詰めれば6人くらい座れそうなテーブルがひとつと奥の座敷に更にテーブルがひとつのこじんまりしたお店だ。
 11時半をちょっと過ぎたころに伺うと先客がひとりテーブル席に腰かけていらっしゃった。ぼくらは小上がり席に上がらせてもらう。

 こちらはオープンキッチンww。
 L字方の客スペースの反対側が調理場になっている。オヤジさんがちょうど先客1名の鰻を捌いていらっしゃるところだった。へえ、注文を受けてから捌くのか。
 しかも、備長炭使用ともあるし。店構えとは裏腹に期待しちゃいますね(失礼)

06

09

08

 先客の鰻を捌いていたオヤジさんにお願いしたのは、「うな重 並 2,600円(税込)」を2つと「うな重 上 3,100円(税込)」。
 鰻に串をさして火にかけたあと、ぼくらの鰻を捌き始めた。簡単に頭をまな板に差していたから、隅っこに穴が空いているのかな。
 このあたりで、オヤジさんの娘さんと思しき方が登場。ビール(エビス 680円税込)をお願いして、ぼくのだけご飯を大盛り(100円)にしてもらった。

 この大盛りが凄まじかった。重箱のフタがちゃんと閉まらないww。
 どこの鰻屋に行ってもご飯が少ない印象があったので、ついつい大盛りをお願いしてしまったけど、当店に限ってはそんな必要はなかった。こどもとカミさんの普通盛りでも結構な分量だった。

02

03

 鰻は焦げが目立って焼き加減がかなり強め。でも、食べても焦げた感じは一切しない。ただ、焦げ目が目立って印象が悪いという意見もあった。焦げた苦味を感じたらしい。
 身はふっくらふわふわで柔らかく、皮まで柔らかい。当然、臭みはまったくない。身は薄めに感じたけど、この時期なら仕方ないよね。
 タレは塩辛目だけど味は濃くない。ぼくはもうちょっと甘めで味が濃い方が好み。でも嫌いじゃない。

 5年前のレビューで「ゆぽんた」さんが酷評していたご飯は、口開けだからか粒が立って良い仕上がりだった。
 満足した。ご飯が多くてまいったけど(笑)。

04

05

 肝焼きが別皿に乗っけられ、お吸い物には肝が入っていなかった。
 これはどうやって食べるんだろう。肝をお吸い物に入れれば肝水になるのかな? ぼくはそのまま口にいれてしまったけど。こうして食べると、いかにも動物の「レバ」という感じだ。

 2番目だったからか、鰻が出て来るまで約40分。
 時間はかかったけど、オヤジさんはしっかりとした良い仕事をしてくれていたと思う。

07

尾崎
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:うなぎ | 八木崎駅春日部駅一ノ割駅

2013年7月29日 (月)

【岩槻】 小さな旅。個室だけどサービス料無しの素敵な鰻屋 「きわい家(さいたま市岩槻区)」

01

02

04

 鰻受難の時代は続きます。
 万が一、絶滅危惧種にでも指定されてしまったら、鰻屋はどうなってしまうのでしょうね。
 
 当店の鰻は「特上うな重 3,000円(漬け物 肝吸い付き」のみです。200円でご飯を大盛りにしてくれます。想像していたよりずっと安い。
 今回は鰻好きの二男が同行しているので、「特上うな重」を3人前で、二つを大盛りにしてもらいました。他にビールを1本(650円)。合計で10,050円でした。
 この春まで鰻重は2,800円だったそうです。ギリギリの攻防ですね。

 何より、サービス料ゼロがいいです。普通こんなお店だと10%くらいはかかっちゃうものですけど。
 
09

10

08

07

 鰻は好き嫌いがはっきりとわかれる料理ですね。ぼくはタレが甘めで、鰻の身はほどほどにふわふわが好き(笑)。
 こちらの鰻は好みでした。甘さの勝ったタレも鰻の印象もかなり気に入りました。大好き。
 身はほろほろと柔らかく、結構厚味もありました。脂が良い感じです。

 ただし、皮が異様に厚くてかたいんです。これほど皮が厚くて硬い鰻は初めてかも知れない。
 最近、マダガスカルから輸入している鰻があって、その鰻は皮が厚くて硬いというニュースを見たばかりなんですよね。もしかしたら、と疑ってみたくなっています。もちろん未確認。単なる個人の感想です。

 帰宅して家族に聞いてみたけど、ぼくが思ったほどには感じなかったそうです。
 大盛りにした二男がちょっとだけ残したのでもらったのですね。確かに、ぼくのほど硬くなかった。個体差があるのかな。

11

 当店は、「小島家」「沖田家」と並んで、武蔵大六天神社の真ん前にあります。

 岩槻方面から来ると、「小島家」「きわい家」「沖田家」の順に並んでいます。隣り合わせ。

 上に掲載した外観の写真は、1枚目が神社側の入り口で2枚目が県道325号側の入口です。どちらにも駐車場があります。双方3台ずつくらいかな。
 神社から325号まで、細長い家屋が二つ直列で並んでいる格好です。
 中央部分が入口で3番目の写真。

03

06

 客室は、325号側の建物にあります。混み合うと神社側も開けるのかもしれませんが。
 駐車場側に長い廊下があって、片側が個室になっています。たぶん、6畳程度の部屋が4室くらいあったと思います。もちろん、独立した部屋で襖等を閉めれば誰に気兼ねするこもなくゆっくりと食事ができます。
 昔の料理旅館みたいな感じでしょうか。

05

 調理場は神社側にあるので配膳がとてもたいへんそうでした。
 掃除が行き届いてキレイなのですが、年季が入っているので廊下が軋むんです。配膳の方が急がれるので、廊下が軋んで(笑)。

 これで、武蔵大六天神社前の鰻屋は全部行きました。
 好みから言うと、小島家>きわい家>沖田家、でしょうか。
 どちらも、個室で鰻をいただけるとても良いお店です。

1312

武蔵第六天神社とその周辺。
きわい家が神社の鳥居越しに見えているのが確認できると思います。水辺は元荒川です。すぐ近くの永代橋の水門がダムになっていて、雨の後はご覧のような貯水湖になります。
1415

きわい家
昼総合点★★★☆☆ 3.7

関連ランキング:うなぎ | せんげん台駅武里駅大袋駅

2012年7月29日 (日)

蓮田 脂を落とし過ぎた鰻に味の薄いタレ 「川魚料理 魚庄 本店(蓮田市)」

総合 3.0 | 料理・味 2.5 | サービス 3.0 | 雰囲気 3.5 | CP 3.0

01_2

 いくら江戸前鰻でも、脂を落とし過ぎでしょう。
 夏場の鰻はそれでなくても脂に乏しくて味わいが薄いのに、蒸し過ぎか、たまたまそんな鰻に当たってしまったのか、まったく鰻の味らしい味がしない。
 しかも、タレまで味がしない。たいてい鰻のタレは、甘味が強い醤油味ですよね。たまに、塩気の強いのがあったりするが、このあたりも好みのわかれるところだ。

続きを読む "蓮田 脂を落とし過ぎた鰻に味の薄いタレ 「川魚料理 魚庄 本店(蓮田市)」" »

2012年4月12日 (木)

岩槻 4代目女将の人柄で保つ家庭的な川魚料理店 「沖田家 (さいたま市岩槻区)」

01

 うなぎは厳しいですね。当店も値上げを余儀なくされていらっしゃるそうです。
 2010年9月の「ゆぽんたさん」のレビューで「うなぎ単品 1,890円」だったものが、今は2,600円になっています。あ、肝吸いがなかったらいくらなんだろう。もうちょっと安いかな。

 「ウチのは大きいのよ。浦和あたりにいったらこんな値段じゃ出せないから」と女将さんが胸を張るうなぎは、確かに大きくて肉厚でぷりっぷりで食べ応えがありました。注文を受けてから、いけすの生魚を捌くのだそうです。
 タレは、甘さよりも塩気が立つ濃い目。焼き加減は強めでしょうか。それでも、うなぎの脂をたっぷりと堪能できました。

0203_207_2
08

 この脂がクセモノで、えぐ味と旨味のボーダーラインだった。脂からしっかりとしたうなぎの味わい伝わってきて、こっち系のうなぎ好きには溜まらない逸品でしょう。
 ぼくはもうちょっとさっぱりしているのが好みで、タレももう少し甘めが好みだけど、立派なうなぎなのは間違いありません。

 先日卒業した二男のお祝いなので、昼間からビールを1本(笑)。おつまみでお願いした「だし巻き玉子 500円」が旨い。
 せっかくの川魚料理店なので、「鯰の天ぷら」とか「鯉こく」にすれば良かったんだろうけど、メニューの「だし巻き玉子」が目に入っちゃって離れなかったので(笑)。
 しっとりふんわりした玉子焼きは、ちょっと水っぽいんだけど、しっかりと出汁が効いて美味しかった。

0409

 4代目という女将が明るく元気です。
 食後に果物をサービスしてくださって、いろいろお話も。明治30年の創業以来、多くの常連客に愛されていらっしゃるようです。
 かなり前ですが、映画評論家の荻昌弘氏(おぎまさひろ 1925年8月25日~1988年7月2日)が奥様といらっしゃって、サンデー毎日に記事を書いてくださったそうで、今でも大事に玄関に飾ってありました。
 ちゃきちゃき女将の一面を見たような(笑)。
 ホームページを作ったらいかがですか?

 「小島家」「きわい家」「沖田家」と三軒の川魚料理店が並んだこの一角は、武蔵第六天神社の門前町といった風情があって旅情をかきたてます。
 店内は、「小島家」さんと同じく古き良き料理旅館みたいな風情で、ほぼ全室が個室です。
 「小島家」さんと同じく、建物も年季が入っていますが、古ぼけたかび臭い建物の匂いは一切しません。廊下は磨き上げられてピカピカ。
 ちなみに、トイレはタイル貼りでした(笑)。

05_2

 ぼくらが通していただいたお部屋は、表通りからの通路に面した一階の個室(六畳間)。明るい部屋です。中央の襖を開けるとお隣とつながって大きな部屋の片側。

 静かな部屋でひとときの旅情を味わって、埼玉スタジアムに向かいました。今回はちゃんと「天狗羊羹」も買いましたよ(笑)。

 追記:
 あとからレシートを見て一部見方が変わったので追記しておきます。
 奉仕料の名目で「500円」が加算されていました。サービス料が必要なのは、夜だけかと勝手に思っていました。メニューには「一割」とありましたが。
 「肝吸いがいらないけど、値段は安くなりますか?」との問いに、「たぶん」というようなお話だったのですが、レシートを見たら肝吸い付きと同金額でした。
 これらを勘案して、点数をちょっと下げました。

13
12

店舗データ

関連ランキング:うなぎ | せんげん台駅武里駅大袋駅

2011年9月 5日 (月)

東大宮 さっぱりタレでいただくトロトロの大井川共水鰻 「炭火焼 鰻 笹家(さいたま市見沼区)」

01_2

 甘味が少なくさっぱり薄醤油味のタレと、ほとんど焦げ目の無い美しい焼き目が特徴です。
 タレが甘くないので、鰻本来の脂の甘味とコクがストレートに伝わってきました。身はホロホロと柔らかく、口に入れると皮までトロけてしまいます。当然、まったく臭みはありません。
 焦げ目の見えない美しい身は厚くはないですが、それほど薄くもなく食べ応えもありました。良い鰻でした。
 ご飯は硬めに炊かれていて粒が立っています。分量もそれほど少なくありません。

02_2
03_2
04_205_2

 でも、特徴のあるタレは、好き嫌いが分かれるかも知れません。
 わが家では、カミさんにはイマイチだったようです。「しょっぱかった」と言っていましたが、ぼくにはそれほどの塩気は感じられませんでした。どちらかと言えば薄味に感じたくらい。食後に喉も渇きませんでしたし。子どもは気に入ったようです。
 ぼくももうちょっとタレの甘みがほしかった。 

 先行レビューを参考に、電話で予約をしました。予約時に注文をしておけば、到着時間に合わせて調理してくれます。
 お願いしたのは、「鰻重特上3,700円」と「鰻重上2,600円」をふたつ。到着時にビール。ビールの時間は調整してくれました(笑)。
 「笹家」さんの鰻は、養殖でも幻と言われる大井川の共水鰻を使用しています。同じ鰻を使用しているさいたま市岩槻区の「小島家」さんが印象的だったので、食べてみたくなったのでした。

 期待通り、美味しい鰻でした。
 もう少し安いと利用しやすいのですけどね。

07
10_2

 第二産業道路からちょっとだけ芝川方面へ入った住宅地にあります。
 黄色っぽい外観のお店は、見た目は普通のお宅です。駐車場はお店の前に2台と、道路のちょっと先の砂利敷き駐車場に3台分くらい用意されていました。

 引き戸を開けて暖簾をくぐると、真ん前に廊下風の三和土が現れます。奥に厨房があって、ご主人が焼き場に立ち、奥様らしき女性が配膳をしてくださるようです。
 三和土の両側が客室です。障子の引き戸を開けると、細長い部屋に座卓が3卓並んでいました。
 狭い客室ですが、腰を下ろしてみるとそれほど狭苦しく感じません。同室の客が他にいなかったせいもあってか、とても落ち着いて食事ができました。隣席に客が入ったらどうでしょうね。

 日本酒の品揃えも良いみたいなので、夕飯にのんびり伺いたい。

06_2

店舗データ


関連ランキング:うなぎ | 東大宮駅

2011年8月 1日 (月)

岩槻 岩槻の奥座敷でいただく幻の大井川共水鰻 「小島家(さいたま市岩槻区)」

01

養殖だけど天然に匹敵するブランドうなぎ

 近くに住んで約20年。さいたま市岩槻区大戸にうなぎ屋が3軒も並んでいるなど、まったく知りませんでした。
 その後何度も訪問を企てましたが適わず、今回初めて、土用丑の日に挟まれた土曜に美味しいうなぎをいただくことができました。

 もっと身が厚くてご飯の量が多ければ(^_^;、自分としては満点のうなぎです。ここまでうなぎの脂を甘く感じたことは初めてかも知れません。舌触りが滑らかでまったく臭みはなく、風味と旨味は天然に近い感じがしました。
 こちらで使っている「大井川の共水うなぎ」が「天然うなぎに匹敵する幻のうなぎ」と言われるのも、少しだけわかるような気がします。

02
0304

 ただ、残念なのことに前述の通り身が薄い…。もうちょっとふっくらとして身が厚いのが食べたいとか、贅沢なんでしょうかね。
 甘めのタレは、程ほどに濃いのにしつこくない好みの味です。

 別にお願いしたなまずの天ぷらも食感良く、まったく臭みもなく、美味しい天ぷらでありました。

埼玉県自然百選

 よく耳にする「○○百選」。お店の目の前にある「武蔵第六天神社」を中心としたこのあたりは、「埼玉県自然百選」に選ばれているのだそうです。
 確かに、下町の横町か鄙びた門前町といった風情で、「小島家」「きわい家」「沖田家」と3軒並んだうなぎ屋が郷愁を誘います。寂れた観光地といった風情が堪らない。

 「武蔵第六天神社」の奥には元荒川がゆったりと流れ、川の向かいには残土を積み上げたような小高い丘。元荒川は近くの永代橋で堰き止められ、ダム湖の様相も呈しています。この日は、増水して川原が見えませんでしたが、情緒たっぷりでとても惹きつけられるエリアです。
 全国に存在する「第六天神社」は、非常に日本的な由来があって興味深いですね。帰りに参拝しました。

08
06

雰囲気は5.0

 「小島家」さんは2階建てで、すべて個室です。ぼくらは2階の神社が真ん前に見える6畳間に案内されました。
 磨き上げられた木の床の光沢にびっくり。若干古びてかび臭いような匂いが漂いましたが、清潔な古い家の匂いなので気になりません。懐かしさすら覚えました。

 2階の客室は、広い廊下を挟んで6畳程度の個室を3室取れる大広間と独立した6畳の部屋。神社が見えるのは独立した6畳の方です。
 古い木造家に生まれ育ったぼくには、これほどのツボはありません。落ち着くこと落ち着くこと。
 実に静か。時折聞こえてくる顔の見えない隣の客の声も、雰囲気を盛り上げる要素になっていました。

10

 「お店の雰囲気が良い」を判断するには様々な要件があると思いますが、個人的には周囲の環境も含め、過去最高の雰囲気だと思いました。ですので、雰囲気に5.0を献上させていただきます。

 堪能させていただきました。

05

店舗データ

関連ランキング:うなぎ | せんげん台駅武里駅大袋駅

その他のカテゴリー

★★★★☆~(☆=0.5) | ★★★★~★★★★☆ | 埼玉S級グルメ認定 | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ) | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー) | 上尾市「Maison d'H(メゾン・ドゥ・アッシュ)」 | 上尾市「イル・モンド・ピッコロ」 | 春日部市「イル・カンパネッロ」 | 越谷市「ヴェッキオ・コンヴェンティーノ」 | 久喜市「コット ア コット」 | 春日部市「オークウッド」 | さいたま市「カンパネ食堂」 | 春日部市(イタリアン) | 春日部市(フレンチ) | 春日部市(洋食・欧風料理) | 春日部市(カフェ) | 春日部市(回転寿司) | 春日部市(ラーメン) | 春日部市(そば・うどん) | 春日部市(中華) | 春日部市(エスニック) | 春日部市(スイーツ) | 春日部市(パン) | 春日部市(その他) | 越谷市(イタリアン) | 越谷市(フレンチ) | 越谷市(洋食・欧風料理) | 越谷市(そば・うどん) | 越谷市(中華) | 越谷市(その他) | さいたま市岩槻区 | さいたま市浦和区 | さいたま市大宮区 | さいたま市見沼区 | さいたま市緑区 | 上記以外のさいたま市 | 熊谷市 | 北本市 | 上尾市 | 久喜市 | 蓮田市 | 三郷市 | 日高市 | 杉戸町 | 上記以外の埼玉県 | 埼玉県以外 | イタリア料理 | フランス料理 | 中華料理 | うどん | うなぎ | そば | エスニック | カフェ | スイーツ | バーベキュー | パン | フライ&ゼリーフライ(行田熊谷の郷土料理) | ラーメン | 和食 | 回転寿司 | 洋食・欧風料理