カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2016年6月 3日 (金)

【蓮田】 4月に桜海老のパスタがあった(4月の祭日と5月のランチ) 「ナトゥーラ(蓮田市)」

01

05

 ゴールデンウィークの祭日のランチと5月土曜日のランチを更新しておきます。
 祭日は通常のランチがないのでアラカルトで注文して、5月は土曜日だったので通常のランチです。
 4月の祭日はラッキーなことに「桜海老とポロねぎのパスタ」をいただくことができた。

 もう6月なのでどちらも詳しい説明は省略するけど、いくつか気になったことを書くと、
○カルパッチョのマスタードソースは美味しくない。
○祭日のパスタは恐ろしいくらいに具材たっぷり。
○やっぱり前菜付きランチがオススメ。

続きを読む "【蓮田】 4月に桜海老のパスタがあった(4月の祭日と5月のランチ) 「ナトゥーラ(蓮田市)」" »

2015年2月22日 (日)

【蓮田】 久しぶり真鱈白子のムニエル/1月のランチも 「ナトゥーラ ランチ&ディナー(蓮田市)」

_10

 上の写真は初めてのカットだと思う。
 122号を岩槻方面から走ってくるとこんな感じで右手に見えてくる。大きなセコイアが目印。

 随分久しぶりに夜伺った。2014年8月以来なので半年ぶりになる。
 目当ては当然「真鱈白子のムニエル おろしとんぶりソース(1,200円)」だ。年に一度か二度しか食べられない自分にとっては本当に貴重なごちそうである。

続きを読む "【蓮田】 久しぶり真鱈白子のムニエル/1月のランチも 「ナトゥーラ ランチ&ディナー(蓮田市)」" »

2014年8月23日 (土)

【蓮田】 8月のランチとディナー訪問をまとめて 「トラットリアナトゥーラ(蓮田市)」

01

02

03

04

05

06

07

08

 8月のランチ

 タイミングを逸してしまったので軽めのレビューで。
 いつものように「メイン料理のコース」を2名分とビールとワインをいただいて、6,000円だった。やっぱり値上がり感がありますねww。

前菜の盛り合せ
 
 にんじんのムース
 エリンギのマスタードマリネ
 コッパロマーナ 
 パテ・ド・カンパ-ニュ
 おくらと山芋のサラダ
 銀宝のエスカベッシュ
 ソーメンウリ おろしとんぶりソース

ズワイガニと野菜のクリームソース(+ ¥400)
自家製アンチョビとブロッコリー

真鯛のソテー 夏野菜のカポナータ添え
豚ヒレ肉のソテー グレープフルーツソース

アメリカンチェリーのクラフティ
バナナとチョコのパウンドケーキ
ヨーグルトのムース 自家製フランボワーズのソース
 
 珍しかったのは銀宝。特徴の無い白身の印象だけど、ちょっと硬かったかな。ググったら大きめのドジョウみたいで笑った。
 
 パスタではズワイガニのがすばらしい。久々のヒット。

 メインではグレープフルーツソースという夏らしい味。ナトゥーラのシェフは豚肉にこういうフルーツ系のソースを合わせることがある。想像したよりずっと合っていた。美味しい。
 トップにはみじん切りしたグレープフルーツの皮を載せる念の入れよう。おかげで香りが増した。

 7月は残念だったが、8月はとても良かった。

----------------------------------------------------------

 ランチの6日後、夏休みで帰宅した長男を伴って家族4人で晩飯を食べに行った。

01_2

02_2

03_2

04_2

05_2

06_2

07_2

前菜
 真鰺のカルピオーニ 700円 
 真鯛のカルパッチョ 1300円
パスタ
 生ウニのクリームソース 1700円
 あさりとしめじの ボンゴレビアンコ 1300円
 茄子とフレッシュトマトのオレガノ風味 1200円
メイン
 US産リブロースのグリル 自家製ソース 2000円
飲み物
 500ml ハウスワインデキャンタ 1200円
 ビール 650円
 ジュース 3杯 500円×3 1500円
その他
 パン 220円

 飲み物をオーダーすると結構行っちゃいますね。
 消費税アップでアラカルトも値上げされているので、高くなった印象があるなぁ。
 



関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2013年11月13日 (水)

【蓮田】 いつものイタリアンで誕生日会 「ナトゥーラ(ディナー)」

03

 ナトゥーラのランチは月替わりなので、大抵1週目の土曜日に行く。
 しかし、11月1週目の土曜日は夜に長男22歳の誕生会をやる予定だった。だから、ランチもナトゥーラはちょっと勘弁という話になって、その後は都合が合わず行けていない。
 23日は土曜だけど祭日なのでランチはない。月末の30日かなぁ。

 毎度のナトゥーラ。
 11月から当店イチオシの「カキとほうれん草のクリームソース」も始まった。一年ぶりの白子もいただけたので、更新しておく。

10

08

09

 この日いただいたのは、

 大トロ〆鯖の炙りカルパッチョ 750円
 ウスバハギのカルパッチョ 1,200円
 北海道産真鱈白子のムニエル おろしとんぶりソース 1,200円
 サーモンのカルパッチョ 1,000円
 牡蠣とほうれん草のクリームソース(スパゲッティ) 1,500円
 オーストラリア産子羊のグリル 2,100円
 スペイン産イベリコ豚ロースのグリル 2,500円

 その他、ワインデキャンタ(750ml) 1,500円、お祝いデザートプレート 1,050円、ビール1杯、ジュース3杯、パン、ライス、ケーキ等をお願いして、15,850円だった。
 これだけ飲んで食べて一人分4,000円以下。信じられないお値段だと思う。

07

06

05

Bygdk1icmaami7mjpglarge

 真鯛がなくて残念だったけど、ウスバハギも歯応えがあってなかなか良かった。
 サーモンは、当店のメニューにないが、サーモン好きの長男のためにいつも作ってもらっている。美味しいそうで、この日も一人で全部食べていた。

 ぼくが一人で食べたのは、白子。
 当店の場合、信じられない大きさででてくるので注意が必要(笑)。この日の白子もご覧の大きさ。丁寧にムニエルされて美味しい。大根おろしのソースとよくあう。
 イベリコ豚も羊も美味しい。

 牡蠣とほうれん草のクリームソースは言うまでも無い。これが当店イチオシのパスタ。8ヶ月ぶりだった。美味しい。

11

04

 長男は来春大学を卒業して就職する。
 4月から都内で缶詰めになって研修するため、3月一杯で家を出て行く。研修のあとは全国どこに配属されるかわからないので、実質誕生日をお祝いして上げられるのは最後になるかもしれない。
 そんな話をしていたら、デザートプレートには「新天地でも頑張って下さい」と書いて出してくださった。
 ありがとうございます。
 
 気持ち良くワインを飲んで、楽しい時間を過ごさせてもらった。

 惜しむらくは、浦和レッズ。
 11月2日(土)。この日の昼間、国立競技場で行われた「ナビスコカップ 決勝」で柏レイソルに負けてしまった。勝っていたら、もっともっと楽しかっただろうに(笑)。
 国立まで応援に行ったのに負けてしまったので、二男は悔しそうだったなぁ。

02

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2013年9月18日 (水)

【蓮田】 わが家の定番イタリアンで10回目のディナー 「トラットリア ナトゥーラ(蓮田市)」

01

 ナトゥーラでは都合10回目のディナー。
 ちょうどこの日は子どもたちが二人とも外出。夫婦二人っきりだと晩飯の用意をしてもらう(する)のが億劫になります。じゃあ、ナトゥーラに行こうと即決定。

 ナトゥーラに晩ご飯を食べに行くときは、いつもお風呂に入ってからです。
 なぜかというとワイン飲んで帰宅してすぐ寝るから。でも、この日は間違ってコーヒーを飲んでしまって、全然眠れなかった。

 この日お願いしたのは下記。
 いつもの定番メニューです。

 自家製ピクルス 500円
 炙り〆鯖のカルパッチョ 700円
 有頭海老のガーリックソテー 5尾 500円
 北海アサリのワイン蒸し 900円 
 帆立貝とブロッコリーのクリームソース(タリアテッレ) 1,300円
 山口県萩漁港直送 真鯛のアクアパッツァ 2,400円
 
 パン 200円

 ビール 600円
 白ハウスワイン デキャンタ 500ml 1,000円
 ブラッドオレンジジュース 500円
 コーヒー 500円×2杯

 合計9,600円

 料理だけなら、6,300円で済んでしまう計算です。

02

03

04

05

06

07

 なんといっても、一匹物の真鯛ですね。おめでたい日でもないのに、鯛の尾頭付きwww。
 そんなに大きくないですが、それでも一匹丸ごとで2,400円とは破格だと思います。

 アサリのワイン蒸しと同系統の味わいなので、と奥さまが確認に来て下さいました。言われてみればww。
 でも、問題無いのでそのままいただきました。
 白身がふわふわ。美味しかった。

 何度も書いているけど、いろんなお店に行けば行くほどナトゥーラが好きになります。
 次、夜に行けるのは、長男の誕生祝いかな。ぎりぎり白子のムニエルが出ているかな。昨年は無理言ってお願いしたのでした。

08

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2013年7月26日 (金)

【蓮田】 50回は通っているわが家の定番イタリアン 「トラットリア ナトゥーラ(蓮田市)」

01_2

 2ヶ月近く経ってしまいましたが、6月初旬に家族で訪れたときの様子をアップしておきます。

 就職活動中の長男に内定をいただいたお祝いでした。

 お願いしたのは、
 白身魚のカルパッチョ
 モツのトマト煮込み
 鰯の白ワインマリネ
 穴子のテリーヌ バルサミコ酢ソース
 上州牛の赤ワイン煮込み
 牛リブロースのグリル
 北海タコとパプリカのペペロンチーノ
 ベーコンとキノコのトマトソース
 
 これらに飲み物とデザートを付けて、15,350円でした。

 どれも美味しかったのですが、この日のイチオシは、モツのトマト煮込みでした。トリッパとは違う部位でした。濃厚なトマト煮でした。

 今回の写真はRaw現像したのみのノートリミングです。

07

08

09

05_3

03_2

04_2

02_2

06_2

10_2

12

11_2

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2013年4月25日 (木)

【蓮田】 今年もダブル誕生日でナトゥーラ 「ナトゥーラ ディナー」

01

 昨年に続き、今年もカミさんと二男のダブル誕生日をナトゥーラでお祝いしました。

 この日お願いしたのは、
 
 炙り〆鯖のカルパッチョ
 サーモンのカルパッチョサラダ(特注です)
 香川県産ホワイトアスパラのビスマルク風
 プロシュート (ハーフ)
 モルタデッラ (ハーフ)

 生ウニのクリームソース
 クリーム仕立てのボロネーゼ

 スペイン産イベリコ豚骨付きロースのグリル

 カプリ島レシピのチョコレートケーキ(ホール)

 パン、ワイン(デキャンタ)、ジュース等

 これだけ飲んで食べて15,050円でした。

 事前にお願いしていた、主役である二男の大好物がホールの手違いで無くなっていて、非常に残念な思いをしました。
 それ以外は文句無し。

 当店で久しぶりにいただいた生パスタも出来が良かった。

 しかし、この日一番良かったのは、当店定番のドルチェ「カプリ島レシピのチョコレートケーキ」をホールでいただけたことです。
 当店へ一度でも足を運んだ事がある方なら、このアーモンド粉を使ったデザートがシェフのイチオシであることはご存じだと思います。
 これを贅沢にもホールでいただいてしまった。満足いくまで食べることができました。しかも、この大きさで2,000円。
 ランチよりもディナータイムがいいですね。

 4月はランチもいただいていますが、公園の取材やなんやかやが重なって更新できていません。
 写真くらいはお見せできると思いますが、終わっちゃいますね、4月。 

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2013年3月14日 (木)

【蓮田】 白子のムニエルが食べたくて日曜昼に 「ナトゥーラ(アラカルト)」

総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.2 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.2(夜)
総合 5.0 | 料理・味 4.4 | サービス 3.9 | 雰囲気 4.5 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.2(昼)

01

04

 「北海道産真鱈白子のムニエル」が食べたくて、初めて日曜日の昼に行きました。
 日曜日はいつものランチメニューはありません。ディナータイムと同じくアラカルトでの注文になります。

 白子のムニエルだけで良かったのですが、そういう訳にもいかないので、
 「北海道産真鱈白子のムニエル(おろしとんぶりソース) 1,200円」
 「本日の白身魚のカルパッチョ(ハーフ) 650円」 確か黒鯛でした
 「牡蠣とホウレン草のクリームソース 1,400円」
 「茄子とトマトのオレガノ風味 1,200円」
 これらにパン、白ワインデキャンタ(500ml 1,000円)、アイスコーヒーをお願いして、合計6,150円でした。

03

 念願の白子のムニエルです。なんというバカでかさ。下に野菜でもあるのかと思ったら、全部が白子です。これが1,200円なんて信じられない。
 記憶していたよりも、ちょっと塩辛かったかもしれません。ですが、トロトロの食感と、周りのちょっとの焦げ目が良い感じです。もちろん、臭味はまったくなし。
 カミさんに無理を言って食べに行って良かった。
 「ワインは余計!」と言われましたが。

05

 初めていただいたのが、オレガノ風味のパスタです。
 たっぷりの茄子がインパクトありますね。味は、ちょっとのトマト味にオレガノ風味。想像していたより美味しかった。

 カルパッチョと牡蠣とホウレン草は安心の味です。

02

06

 3月はまだランチをいただいていません。
 食べに行かなくては。

07

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2012年11月 4日 (日)

蓮田 バースデーにナトゥーラで晩飯 ナトゥーラ 32度目

総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.5 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(夜)
総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.0 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(昼)

01

 9月に行ったランチと10月のランチをアップしていないので、今回が32度目です。もう、いい加減カウントするのは止めようと思うんだけど。
 9月二度目のランチと10月のランチはいずれ書きます。

 今回は、長男21歳の誕生日で事前に予約して伺いました。

15

 いただいた料理は、
 「目鯛のカルパッチョ」 1200円
 「サーモンのカルパッチョ風サラダ」 1050円
 「炙り〆鯖のカルパッチョ」 700円
 「北海道産真鱈白子のムニエル おろしとんぶりソース」 1200円
 「サンダニエーレ産 プロシュート」 ハーフ 750円

 「牡蠣とホウレン草のクリームソース」 1400円
 「クリーム仕立てのボロネーゼ タリアテッレ」 1300円
 「スペイン産ガリシア栗豚肩ロースのグリル」 2100円

 「デザートの盛り合せ」
 「ワイン 1本」、ごはん、パン、飲み物等。全部で16,300円でした。

02

03

04

 前菜は、生ハム以外はメニューに載っていないものなのであんまり参考にならないかもしれません。予約のときに食材を言って調理してもらいました。
 「鯛のカルパッチョ」「サーモンのカルパッチョみたいなサラダみたいな」「白子があれば最高なんだけど」「炙り〆鯖はありますか」みたいなオーダーです。「目鯛のカルパッチョ」は本日の白身魚のカルパッチョだからメニューにあるのかな。
 マスタードのソースがものすごく美味しい。濃厚でいてさっぱり。いままでいただいた白身魚のカルパッチョでは最高かも。
 
 酸味の青魚メニューは複数置かないそうで、いまは「真鰺のカルピオーニ」があるので、「炙り〆鯖のカルパッチョ」はお休みだったみたいです。なので、シェフがわざわざ仕入れてださった。無理を言ってしまったみたいで、申し訳ありません。
 やっぱりおいしい。お値段は、この分量でたぶん700円。普段はこの分量の半分ちょっとくらいで500円ですから、破格すぎ。ワインが進む進む。

05

06

 白子は、昨年11月「食べログ」のオフ会で食べて、あまりの美味しさに驚いた「北海道産真鱈白子のムニエル おろしとんぶりソース」です。これも今のところメニューにありません。わざわざ仕入れて下さいました。
 奥さまのお話だとまだ出始めで値段が高いので、「いつもの分量の半分か1/3くらいで1200円」とのことでしたが、サーブされた料理はいつもと同じじゃありませんか。
 大きな白子は濃厚でまったく臭味なく滑らか。白子の下に大根おろしとそうめんうりのとんぶりソース。これは酒が進みます。こんな旨い白子はナトゥーラでしか食べたこと無い。

 プロシュートはちょっと質が落ちるみたいですね。塩気が強すぎてエグい豚感が横溢していました。赤ワインと合わせたら美味しいかも。

07

08

 パスタは、3月にシーズンが終わってしまってから待ち続けた、自分的にナトゥーラ最高の「牡蠣とホウレン草のクリームソース」と、手打ちパスタの「クリーム仕立てのボロネーゼ タリアテッレ」です。
 言葉が無い。実に旨い。やっぱり当店イチオシはこれです。「牡蠣とホウレン草のクリームソース」。
 手打ちはモチモチとしていいです。

 肩ロースのグリルは、スペイン産の栗豚でした。これも新しいメニューです。
 ガリシア栗豚という耳慣れない豚が育てられているガリシア地方とはスペイン北西部に位置し、「グリーンスペイン」と言われるほど豊穣な土地なのだそうです。ガリシア地方の特産品が「栗」。この栗を惜しげもなく与えて育てた豚が「ガリシア産栗豚」と呼ばれています。

09

 特徴は霜降り部分の大きさです。霜降りの大きさをガリシア州で審査して初めて「ガリシア栗豚」として出荷できるんだそうです。
 肉質はジューシーで柔らかい。脂身にほんのりのした甘味を漂わせるとても美味しい豚肉でした。この栗豚の大きな肩ロースが二枚。二男が「旨い旨い」と大半を平らげてしまいました。
 「どんぐり」を食べて育つイベリコ豚と食べ比べてみるといいかも。ですが、そんな贅沢は……。

 ガリシア栗豚について、信頼できそうなサイトから引用させてもらいます。
 http://www.chefpride.co.jp/ 左のサイトの下の方にありました。
ガリシア栗豚は全てにおいて特別に管理されており、餌はもちろんのこと、飼育から製品に至るまでガリシア州政府の厳格なチェックの下、飼育・生産されています。生後28日まで母豚と一緒に健やかに育てられた後、脂の質が変わる70日後より1日約300gの同州産の栗を約5か月間食べ続けます。その間数度の選別を経て、最終的に43%以上の霜降りがある豚のみがガリシア栗豚としてガリシア州の認証を受けることができます。ストレスに最大限配慮し、栗を与えたガリシア栗豚は、通常の白豚と比べ50~60%以上霜降りが多く、肉質はジューシーで柔らかく噛む毎にあっさりとした甘みを楽しめます。

13

14

 ワインはおまかせでお願いした「ズコッティー フリッツァンテ」(微発泡ワイン 750ml 2,100円)をいただきました。フルーティで美味しかった。スパークリングワインとは違うみたいですけど。
 イタリアの新酒「ヴィーノノヴェッロ」を薦められたけど、赤なので遠慮しました。ノヴェッロは、最後に2杯試飲させてくださいました。美味しかったですよ。ありがとございました。

 心づくしのおもてなしで2時間たっぷり飲んで食べて楽しい時間を過ごしました。

 テーブルクロスを取り払ったのはたしか7月だったと思いますが、今回はランチョンマットが登場していました。焦げ茶とオレンジの素敵なヤツです。
 ナトゥーラの雰囲気にぴったりかも。また写真撮りに行かなくちゃ。

10

11

12

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅

2012年9月 1日 (土)

蓮田 夏休み中、2回ディナーで ナトゥーラ 27・28度目

総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.5 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(夜)
総合 5.0 | 料理・味 4.5 | サービス 4.0 | 雰囲気 5.0 | CP 5.0 | 酒・ドリンク 4.5(昼)

0201

 9月1日からランチが値上がりしています。
 ぼくらが毎月いただいている「メイン料理のコース」は2100円になりました。それでも、コストパフォーマンスに優れているのは間違いない。
 それとランチタイムの営業時間が変わりました。14時オーダーストップです。

 値上げ初日にランチをいただいて素材はあるのですが、先に8月にいただいたディナーの様子を簡単に更新しておきます。

 8月中旬、自分の夏休み期間中に2回ほど伺いました。
 天候不順のため外出の予定を全部キャンセルして、自分の内職を優先した休みだったのでカミさん孝行でもあります。
 外出の予定といっても、「青春18きっぷ」を使ったカミさんにとっては罰ゲームみたいな旅行だから、キャンセルして返ってホッとしているかも(笑)。

 ナトゥーラのディナーは都合6回目です。行けば行くほど、ランチよりもディナーが良いと思うようになった。
 アラカルトで好きな料理を好きなだけ注文する方が性分にあっているんだと思います。一品一品の価格が安いので、それほど価格を気にしなくても大丈夫なのがありがたい。こうして自分のコースを作ってしまうことができます。

 前菜類は500円とか600円のもあるので、場合によってはパスタやメイン料理を抑えれば、財布に超優しいコースが完成してしまいます。
 その上、前菜やパスタはメニューによってはハーフサイズをお願いできるので、飲み物やデザートを控えれば、二人でも信じられない金額で済んでしまうかもしれません。
 ハーフサイズについては割高になることもあるのでご注意を。6月から2ヶ月くらい相当な営業強化を図ったようなので、その副産物と認識しています。

 それと、お店の雰囲気が夜の方がずっと良い。白熱灯のオレンジの色合いが非常に落ち着きます。
 静かなのも良いかも。もっとも、お店にとっては死活問題でしょうけど。

 ただ、この照明がクセモノで、当店の照明とカメラのホワイトバランスの設定が合わず、何度やってもキレイな白が出ないんですよね。
 今回も納得できる色合いになっていません。どうしても赤っぽくなってしまう。普段は超面倒臭いのでJPGでしか撮影しないんだけど、そろそろ観念してRAWで撮影しなくちゃいけないのかな。じゃなければ、色温度で厳密に設定するか。

 8月12日
 炙り〆鯖のカルパッチョ 500円
 コハダの白ワインマリネ 600円
 岩手県産南部鶏白レバーのパテ 800円
 自家製バジリコソースのジェノベーゼ(ハーフサイズ) 700円
 帆立貝とブロッコリーのクリーム  タリアテッレ(ハーフサイズ) 650円
 イベリコ豚ロースのグリル 2500円
 ワイン(銘柄失念) 2100円
 ------ 合計 7850円

0405
06
07
08
09
10
11

 8月15日
 炙り〆鯖のカルパッチョ 500円
 鰯の白ワインマリネ 600円
 ハモンセラーノ(ハーフサイズ) 600円
 帆立貝とブロッコリーのクリーム  タリアテッレ(ハーフサイズ) 650円
 アサリのトマトソース(ハーフサイズ) 650円
 オーストラリア産 プレミアム子羊のグリル 2000円
 ワイン(デキャンタ) 1000円
 ビール 600円
 コーヒー2杯 1000円
 デザート 450円
 ------ 合計 8050円

01_202_2
03
04_2
05_2
06_2
07_2
08_2

 シェフの体調によって味が変わってしまうことがあります。特にランチは落差が大きい。でも、なぜかディナーは安定しています。比較的空いていることが多いからでしょうか。

 8月にいただいた料理で2回お願いしているのが、「炙り〆鯖のカルパッチョ」です。ウチはともかくこれが大好き。普段、〆鯖なんて絶対食べないカミさんが喜んで食べます。
 酸味と香ばしさと鯖の旨みが渾然一体。炙っているからいいんでしょうね。

 それと白レバ。ウチは二人して、レバと言えば豚しか食べない、鶏のレバ大嫌い夫婦です。鶏のレバのパサパサ感と独特の臭みが苦手。
 7月のランチで伺ったとき、白レバのパテがチコリと一緒にちょこっと出てきたんですね。旨かった。鶏レバ独特の臭みがすっかり消えています。甘すぎる感じもしたけど、鶏レバ苦手にはとても良い。りんごとか混ぜているそうです。

 パスタは手打ちを初めていただきました。これも2回連続。
 手打ちパスタってできの悪い十割そばみたいで苦手だったのですが、ナトゥーラのはモチモチしてとても良い食感だった。
 手打ちパスタを、シェフご自慢のクリームソースで。クリームを目一杯持ち上げてきます。たしかに、このソースには手打ちが合う。 

 ラムも初体験。当然臭みなく、美味しい。柔らかい。
 ウチは夫婦そろって肉大好きなので、たいてい肉をいただいちゃいます。でも、当店のシェフはシーフードの扱いに長けているので、次回は魚をいただきたい。そういえば、ディナーで魚はいただいたことがありませんでした。
 でも、肉、いっちゃうんだろうな。

03_2

関連ランキング:イタリアン | 蓮田駅


その他のカテゴリー

★★★★☆~(☆=0.5) | ★★★★~★★★★☆ | 埼玉S級グルメ認定 | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ) | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー) | 上尾市「Maison d'H(メゾン・ドゥ・アッシュ)」 | 上尾市「イル・モンド・ピッコロ」 | 春日部市「イル・カンパネッロ」 | 越谷市「ヴェッキオ・コンヴェンティーノ」 | 久喜市「コット ア コット」 | 春日部市「オークウッド」 | さいたま市「カンパネ食堂」 | 春日部市(イタリアン) | 春日部市(フレンチ) | 春日部市(洋食・欧風料理) | 春日部市(カフェ) | 春日部市(回転寿司) | 春日部市(ラーメン) | 春日部市(そば・うどん) | 春日部市(中華) | 春日部市(エスニック) | 春日部市(スイーツ) | 春日部市(パン) | 春日部市(その他) | 越谷市(イタリアン) | 越谷市(フレンチ) | 越谷市(洋食・欧風料理) | 越谷市(そば・うどん) | 越谷市(中華) | 越谷市(その他) | さいたま市岩槻区 | さいたま市浦和区 | さいたま市大宮区 | さいたま市見沼区 | さいたま市緑区 | 上記以外のさいたま市 | 熊谷市 | 北本市 | 上尾市 | 久喜市 | 蓮田市 | 三郷市 | 日高市 | 杉戸町 | 上記以外の埼玉県 | 埼玉県以外 | イタリア料理 | フランス料理 | 中華料理 | うどん | うなぎ | そば | エスニック | カフェ | スイーツ | バーベキュー | パン | フライ&ゼリーフライ(行田熊谷の郷土料理) | ラーメン | 和食 | 回転寿司 | 洋食・欧風料理