カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2016年12月30日 (金)

【豊春】 端正な電動石臼挽き自家製粉蕎麦 「そば吉(春日部市)」

01

04

02

 ウチから近いのでしょっちゅう行っているのですが、4年半も更新しませんでした。
 当店は健在です。屋根のオブジェも電動臼も何もかも。
 そばも変わらず端正で美味しい。

 今回お願いしたのは、「カツ丼セット 1200円」と「ほうとううどん 850円」。ビールを1本(630円)いただいて2894円でした。

続きを読む "【豊春】 端正な電動石臼挽き自家製粉蕎麦 「そば吉(春日部市)」" »

2016年9月24日 (土)

【春日部市神間】 週末だけ営業している人生の楽園的蕎麦屋 「神間亭(春日部市)」

01

03

10

 週末だけ営業している蕎麦屋さん。
 2014年3月29日放送のテレビ朝日「人生の楽園」で紹介されたのでご存じの方も多いはず。
 放送直後は大混雑だったとか。

 オープンは2012年。
 空き家だった築100年の古民家でお仲間と蕎麦屋を始められたそう。

続きを読む "【春日部市神間】 週末だけ営業している人生の楽園的蕎麦屋 「神間亭(春日部市)」" »

2016年6月17日 (金)

【南桜井(春日部)】 道の駅の地粉手打ちうどん 「地粉うどん 麦ぼうず(春日部市)」

01

03

 春日部市内唯一の道の駅にあるうどん店。
 唯一というか、周辺でも数少ない道の駅のフードコート(道の駅とは別棟のプレハブ?の食彩館)で、しかもうどん不毛地帯(埼玉東部)にあって地粉を使っているという希少価値の高いお店です。
 地粉らしい薄っすら黄色みがかったうどんは見事に縮れているんだけど、武蔵野うどんみたいに太くないしコシみたいなもあまりありません。

 手打ちかどうかを判断する舌は持ち合わせていないのでなんとも言えませんが、機械打ちかな? 不明。
 とても人気があって、何店も入っているフードコートでも一番たくさんのお客さんがいらっしゃいました。

続きを読む "【南桜井(春日部)】 道の駅の地粉手打ちうどん 「地粉うどん 麦ぼうず(春日部市)」" »

2015年7月24日 (金)

【豊春】 店舗建て替えて心機一転オープン! 「兵九郎 大村庵(春日部市)」

02

 40年に渡って同じ場所で『大村庵』として営業してきた蕎麦屋が店舗を建て替えて、店名も『兵九郎 大村庵』としてリニューアルオープンした。
 店名にある「兵九郎」は「ひょうくろう」と読む。どんな謂れがあるのかと伺ったら、店主の実家の屋号とのこと。
 リニューアルを機に出前は廃止したので、お店はご主人の奥さんの二人で切り盛りしていらっしゃるようだ。

 前店舗と離れを合わせた敷地全部が店舗になった。数えたら全部で32席もある。狭苦しかった前店を覚えている方はびっくりするくらい広く感じるかもしれない。
 混雑時は二人じゃ無理だろうからヘルプが来るのかも。そのあたりは未確認。
 四角い積み木みたいな新店舗の中央に入口があり、左手が厨房で右手が客席。厨房もかなり広めで仕事がしやすそうだった。

続きを読む "【豊春】 店舗建て替えて心機一転オープン! 「兵九郎 大村庵(春日部市)」" »

2014年8月28日 (木)

【一ノ割】 藤うどんを考案されたそば屋さん 「蕎麦匠 ほりた(春日部市)」

01_2

 2年半ぶりの訪問。2年半の間、スパゲッティばっかり食ってましたww。しかも、伺ったのは6月下旬。2ヶ月も放って置いて申し訳ない。

 ぼくの場合、春日部でそばというと、一に「鈴庵」、二に「竹舟」、で三番目に思い出すのが当店。

 挽きたて打ちたて茹でたてを標榜されていらっしゃる。
 当店の大主人が、いまや春日部を代表するグルメとして知られている「藤うどん」の発案者というのは、知る人ぞ知る「春日部トリビア」、、なのかなww。

04

05

06

03
 
 お願いしたのは、

 さらせいろ 648円 大盛 216円
 海老天せいろ 1404円
 舞茸肉汁せいろ 972円
 ビール 中ビン 540円

07

08_2

 変わらず端正で美味しいそばだった。水切りも悪くなかった。
 舞茸の肉汁がそばに合う。

 ぼくの意識としては、町場の蕎麦屋みたいに雑然として生活感が漂っておらず、ある程度落ち着いて食事ができて、それでいて値段もお手頃な「ちょうど良い」お蕎麦屋さん。

 できるだけ座敷に上げてもらうようにしているので、毎回かなり落ち着いて食事ができている。
 そういう意味では非常にありがたい蕎麦屋さんでもある。 

02

関連ランキング:そば(蕎麦) | 一ノ割駅

2013年11月 3日 (日)

【一ノ割】 九割の蕎麦を囲炉裏端でいただく 「そば処 妙高(春日部市)」

01

04

 食べログに、yyyumeさんが投稿してくださった写真で、当店の蕎麦が「蕎麦粉9割小麦1割」との記述を見つけて、食べてみたくなった。
 一般的には「九一」と呼ばれているんだよね? ちょっと珍しい。興味津々。

 変わった蕎麦だった。
 お母さんが持って来てくれた蕎麦は、白い! 九割でこんなに白いの? ちょっとびっくり。
 もしかしたら更科粉が多めかもしれない。それでいてホシが見える。どんな配合か聞きたかったのだが、大将が奥にいて出てこないので諦めた。
 九割蕎麦といえば、もうちょっと色合い濃いめを想像しますよね。

07

 蕎麦は肌がザラザラで太目。写真を見ると肌のザラザラが見えている。
 何も漬けずに食べてみたけど蕎麦の香りは薄目。喉越しはあまり良くない。
 汁は濃い目で甘め。カミさんが食べていた鴨南ばんをもらったけど、種物にするとこの蕎麦が生きるかもしれない。出汁も非常に良い味だった。
 鴨はかなり厚い。食べ応えのある良い鴨だった。

09

 お願いしたのは、「天せいろ 海老2本つき 1,280円」と「鴨南ばん 1,100円」。双方に小さなおにぎりがついていた。
 奥に座敷席もあったがは囲炉裏端の席に腰を下ろし、自在鉤に吊された黒光りする鉄瓶を眺めながらのんびりを食事することができた。
 ぼくらが入って帰るまで客は一組も無し。

05

06

08

 お母さんにいろいろ聞いてみたんだけど、要領を得なかったので失礼しました。

 「妙高」という店名は新潟県の妙高からとったもの。
 妙高地方の蕎麦が美味しいからという理由だったそうだが、現在は北海道の確か幌加内産の蕎麦粉を使用してる。うろ覚えだけど、幌加内だったと思う。
 新潟のご出身ですか? と伺ったら、違いますと。中部地方の地名を上げておられた。

 メニューには、そばがきやそばぜんざいもある。もちろん? うどんも丼ものも。
 町場の蕎麦屋さんだけど、微妙な立ち位置にあるかもしれない。

03

02

そば処 妙高
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:そば(蕎麦) | 一ノ割駅

2013年7月16日 (火)

【春日部】 イベリコ豚の肉汁うどん 1,050円 「たつ吉(春日部市)」

01

12_3

 メニューにある「イベリコ豚つけそば(うどん) 1,050円」、これが埼玉伝統の肉汁うどんです。

 イベリコ豚を使ったからコクがあるとかそういうことはありません。普通に出汁のよく効いた肉汁です。
 この出汁ならば、国産豚バラ肉を使った「肉汁うどん(そば)」で十分勝負できますが、わざわざ「イベリコ豚」を使い、さらに「肉汁うどん」という名称を使っていません。

 このあたりが武蔵野うどん文化圏から離れた春日部の、さらに蕎麦屋で提供されるうどんならではの難しさと思っていただけると分かりやすいと思います。
 春日部でも、何軒か「肉汁うどん」をいただけるお店がありますが、「肉汁うどん」と称しているお店はほとんどありません。

02

03

 肝心のうどんは、艶や配膳の仕方を見ると讃岐とは違うようですね。
 武蔵野うどんともちょっと違って細め。少しは地粉を使っているのか、ほんのちょっとクリーム色をしています。細いので食べ応えがありません。食感を楽しむうどんとしては、もう少し太さが欲しいところです。

 それと、うどんの分量が少なすぎ。200gくらいだと思う。これで1,050円とか、武蔵野の肉汁うどん好きから総スカンをくらいそうな料金設定です。
 いくらイベリコ豚で差別化を図ったところで、700円が良いところでしょう。春日部だから通用してしまう価格かもしれません。

06

07

 川越の「めんこや」の並盛(500g)が700円、名店「田舎打ち 麺蔵」が大盛(500g)で750円ですから、1,050円とか1,200円がどれほどのインパクトを与えるか。
 ラーメンの大勝軒系でも、麺量300gくらいで700円前後が相場のはずです。

 肉汁は非常に良い出汁が出ています。甘めの醤油で味が濃い目。まさに埼玉の肉汁(笑)。嬉しくなっちゃったww。

 冒頭に書いたとおり、イベリコ豚だから甘味がどうとかほとんどありません。バラ肉は独特の甘味があるものですから。
 具材ももうちょっとほしいところ。豚肉に長ネギは定番ですが、キュウリの千切りが添えられていたのが夏らしかったでしょうか。

15

 お店は大落古利根川沿いに立っていて、川を渡る風がとても気持ち良い。ただ、店内は非常に狭く、お世辞にも雰囲気が良いとは言えません。

 一般の民家を改造したような作りです。
 玄関から入ると靴を抜いて下駄箱にしまいます。戸を開けて入ると目の前に大テーブル。左に小上がり席が奥まで続きます。
 全体がL字型で非常に狭苦しく感じてしまいました。 

1314_2

11_2

12_2

 この日お願いしたのは、「イベリコ豚のつけそば(うどん) 1,050円」のそばとうどんを一つずつと、「夏のつけ麺(うどん) 1,200円」、「ざるそば 820円」、「厚焼きたまご 680円」「瓶ビール 650円」「シフォンケーキ 170円」「そばアイスクリーム 170円?(250円)」。合計6,130円でした。

 肉汁うどんだけでなく、全体的にお値段高めですね。
 某竹やぶみたいな贅を尽くしたお店で、名人が打ったのじゃないですし。

 そばの価格設定から見ると春日部市内の「山喜」と似通っていますが、あちらはお店の作りが豪勢で雰囲気が抜群ですから。

04

 「夏のつけ麺」の汁は、東池袋系大勝軒のつけ汁に非常に似ています。
 豚骨醤油系に程よい酸味とゴマ風味のドロドロ系。ラーメン店でよくいただくあの味です。確かにパプリカやトマト、ナス等の夏野菜がたっぷりはいってとても美味しい。角煮はちょびっとwww。

 「料理には正当な値段がある」といつも思っています。
 モノの値段のわからない人が、「コストパフォーマンス」とか言う都合の良い言葉でお店を不当に貶めるのはみっともない行為だと思います。
 そんな自分ですら、当店の雰囲気・ロケーション・サービスその他すべて加味して考えても、お値段高めだと思う。

05

 そばもちょっと高いかな。細打ちで美味しい蕎麦だったようですが。二口くらいもらいました。さすがに夏場のそばは難しいですね。まったく香りがありません。でも良い仕事はされていたと思います。
 厚焼き卵も美味しかった。680円とこれもちょっとお値段高めですけど。

 そば粉を使ったシフォンケーキは、ふわふわで良かった。
 シフォンケーキと言えば主婦の趣味ケーキの定番で、それほど期待値は高くありませんが、そば粉使用となるとまた違うかもしれません。
 特に気にしないで注文したら、全部「紅茶味」でした。そのあたり説明があるともっと良かった。別の味はなかったのかな?

 ランチには松花堂弁当やコース料理まであります。

08

09

10

 料理はどれも美味しかったし、気さくなサービスも良いと思います。
 家族4人のうち3人までが飲み物付きのメニューだったそうです。オレンジジュースとかアイスティとか。
 「ざるそば」の二男だけ飲み物無しだったのですが、サービスで付けてくださいました。
 ありがとうございました。

 今度、松花堂弁当でもいただきにいきます。

 駐車場はお店から川沿いにちょっと進んだ先にあります。すぐにわかります。6台くらいは大丈夫でしょうか。

16

たつ吉
夜総合点★★★☆☆ 3.4

関連ランキング:そば(蕎麦) | 北春日部駅姫宮駅

2012年8月15日 (水)

春日部 端正な電動石臼挽き自家製粉蕎麦 「そば吉(春日部市)」

総合 3.5 | 料理・味 3.5 | サービス 2.5 | 雰囲気 3.0 | CP 3.5

01_3

 前回同様、今回も8月の夏休み中にフラリと訪問しました。今回は二男が一緒なので、少し多めにお願いしています。
 それでも、「シラスおろしそば(大) 1030円」「ちからそば 940円」「ざる 500円」「唐揚げ 500円」「ビール 350円」でしたけど。

02_2

03_204_3

 夏場はさっぱりとしたそばが食べたくなるのに、長い間貯蔵されて香りが飛んだ夏場のそばはあまり美味しくない。気分的に旨い時期に旨くないというジレンマがありますが、当店は昨年同様荒々しく香り立つ美味しいそばでした。
 ちょっと土臭いような香りは、そば殻の影響でしょうか。白くたおやかなそばなのにホシが見える自家製粉のそば。修行店譲りの「三たてそば」だから、8月盛夏にこれだけのそばを食べさせてくれるのかも知れません。

05_306_3

 唐揚げも美味しかった。

 注文品を忘れたりと、サービス面は昨年同様もっさりしていますが良いそば屋だと思います。
 屋根の「大せいろ」オブジェも健在でした(笑)。

関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊春駅

2012年4月21日 (土)

豊春 多彩なメニューで出前迅速ながらも包丁切りの蕎麦屋 「大村庵(春日部市)」

Img_1043

 わが家の胃袋と呼んで差し支えない蕎麦屋です。
 歩いて行ける距離にあって出前迅速。子どもたちが乳飲み子の時分から何十回何百回利用させてもらっているかわかりません。

Img_1049

 蕎麦うどんはもとより、酒のつまみや丼物からラーメン、餃子、カレー、きしめん、焼肉定食まで揃える驚異の品ぞろえです。
 わが家の蕎麦好き息子は、こちらではほぼ100%カレーです。確かに旨い。どこかで「大村庵のカレーは旨い」と読んだ記憶があるのですが、秘伝の製法があるのかもしれません。和風ダシが効いているだけかもしれませんけど。

Img_1075Img_1072

 しかし、当店が本当にすごいと思うのは、蕎麦を「包丁切り」していることなのです。
 随分前ですが、蕎麦の香りがとても良かったので、麺をまじまじと観察したことがありました。不揃いで四角ばっています。見るからに手打ちだと思った。
 帰りしな店主に伺ったら、「機械で捏ねているけど、包丁切り」と教えてくれました。嬉しそうにニコニコ顔だった。いつも包丁切りなのか、うどんも同じようにしているのか知りませんが、出前客の多い蕎麦屋にしては、たいへんなことだと思いました。

Img_1056_2

 出前の電話がひっきりなしで、いつも忙しいので水切りが雑だったり、女将さんがちょっとだけ強面だったり、たまにお酒に向かって独り言を言っている赤ら顔のご近所さんがいたりしますが、そこは町場の蕎麦屋さんなので許容範囲です。
 ただ、お酒の品ぞろえがイマイチなんですよね。
 三和土にテーブルが3つ、小上がりにテーブルが3つくらいの小さなお店なので、店内での飲食はあまり落ち着かないかもしれません。

Img_1064Img_1066
Img_1058
Img_1068
Img_1054
Img_1050

 当店では、うどん以外は一通りいただいています。
 蕎麦は冷たく締められてコシがあって良いですが、前述の通り水切りが甘いことが多い。割としっかりした蕎麦なので、種物もいけます。ぼくはカツ丼や天丼とのセットメニューが多い。
 丼物はほどよく甘辛醤油の王道味。玉子の火の入れ方は、まあこんなもんでしょう。カツはそれなりですけど。天ぷらは衣が厚いかも。
 ラーメンは昔ながらの醤油ラーメン。意外といけます。懐かしいホッとさせてくれる味わいなので、無性に食べたくなるときがあります。そこらの専門店は軽く凌駕していると思う。餃子も旨い。
 おつまみ類もなかなかです。でも、お酒が…ね。

 「大村庵」っていったい全国に何店あるのでしょう。
 こちらが、大村庵の組織である「大むら親子会」とか「大村庵兄弟会」に属しているかどうかは知りませんが、地域に根差して支持されている立派な蕎麦屋さんです。
 ご飯時、豊春の旧16号で出前バイクを見かけたら、下蛭田の大村庵と思って間違いありません。

Img_1052

関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊春駅

2012年3月25日 (日)

豊春 豚つけ汁(肉汁)で更科そばをいただく 「鳴子庵(春日部市)」

総合 3.0 | 料理・味 3.0 | サービス 3.0 | 雰囲気 2.5 | CP 3.0

01_3

 更科みたいな細くて白っぽい蕎麦でした。
 均等な太さで角ばっていないので、手打ちじゃありませんね、たぶん。蕎麦の香りは薄め。汁は若干塩辛目でしょうか。

 ぼくがお願いした「かつ丼・もりそばセット 1,050円」の蕎麦はそれほど多くなくて印象が薄いので、滅多なことは言えないけど、水切りは粗かったかも。残った水分に辟易…。
 かつ丼は甘め醤油味の王道でした。これを不味く作るのは難しい(笑)。とんかつ定食みたいなのがあるので、もしかしたら自家製とんかつかも知れません。でも、肉は薄い。仕方ありません。

02_3

03_3

04_3

06_2

07_2

 ちょっとびっくりだったのが、カミさんがお願いした「豚つけそば 700円」。
 もしかしたらと思ったら、やっぱり肉汁でした。鰹だしとみりんの醤油汁に豚バラ肉の、あの肉汁です。肉汁うどん不毛の地にあったんですね。うどんをお願いすればよかった。
 カミさんからちょっともらって食べてみたけど、ダシのよく出た美味しい肉汁でした。これならうどんを食べたかった。
 でも、たぶん、うどんも手打ちじゃないと思う。

 お願いしたのは、ほかに「大もり 550円」「さつま揚げ 360円」「ビール(中)2本 500円×2」。合計3,660円でした。

 店構えも店内の感じもメニューも、いかにも町場の蕎麦屋さんといった風情です。店内は思ったよりも狭い。
 それでも、ひっきりなしにお客さんがやってきて、支持されていることが伺えます。
 わかっているんだけど、食事時のタバコは我慢できないなぁ。

 次回は、迷わず「肉汁うどん(豚つけうどん)」をお願いするつもりです。
 こんな近所に肉汁うどんをいただけるお店を見つけて、ちょっと嬉しい。

08_2

関連ランキング:そば(蕎麦) | 豊春駅

その他のカテゴリー

★★★★☆~(☆=0.5) | ★★★★~★★★★☆ | 埼玉S級グルメ認定 | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ) | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー) | 上尾市「Maison d'H(メゾン・ドゥ・アッシュ)」 | 上尾市「イル・モンド・ピッコロ」 | 春日部市「イル・カンパネッロ」 | 越谷市「ヴェッキオ・コンヴェンティーノ」 | 久喜市「コット ア コット」 | 春日部市「オークウッド」 | さいたま市「カンパネ食堂」 | 春日部市(イタリアン) | 春日部市(フレンチ) | 春日部市(洋食・欧風料理) | 春日部市(カフェ) | 春日部市(回転寿司) | 春日部市(ラーメン) | 春日部市(そば・うどん) | 春日部市(中華) | 春日部市(エスニック) | 春日部市(スイーツ) | 春日部市(パン) | 春日部市(その他) | 越谷市(イタリアン) | 越谷市(フレンチ) | 越谷市(洋食・欧風料理) | 越谷市(そば・うどん) | 越谷市(中華) | 越谷市(その他) | さいたま市岩槻区 | さいたま市浦和区 | さいたま市大宮区 | さいたま市見沼区 | さいたま市緑区 | 上記以外のさいたま市 | 熊谷市 | 北本市 | 上尾市 | 久喜市 | 蓮田市 | 三郷市 | 日高市 | 杉戸町 | 上記以外の埼玉県 | 埼玉県以外 | イタリア料理 | フランス料理 | 中華料理 | うどん | うなぎ | そば | エスニック | カフェ | スイーツ | バーベキュー | パン | フライ&ゼリーフライ(行田熊谷の郷土料理) | ラーメン | 和食 | 回転寿司 | 洋食・欧風料理