カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2015年12月 6日 (日)

【北本】 蕎麦を愛で雰囲気に浸ることができる理想の蕎麦店 「蕎麦 阿き津(北本市)」

03

06

 安易に書くわけにいかないが、総合的に見て埼玉県には「阿き津」より気に入りそうな蕎麦屋はないような気がしている。
 理由は以前書いたとおり → 【北本】 蕎麦を愛で、雰囲気に浸り、店主ご夫妻との会話を楽しむ 「蕎麦 阿き津(北本市)」

 お店の設えからロケーションから料理から何から何まで、当店のすべてが好き。
 蕎麦の美味しさだけなら当店より美味しいお店はいくらでもあると思う。しかしロボット化された工場よろしく、運ばれて来た料理をひたすら無心に食べてハイ終わりじゃ全然物足りない。
 中でも狭苦しいお店がとにかく苦手。初めてのお店のドアを開けて、隣席の方の息遣いまで聞こえてきそうな席の配置を見ると帰りたくなる。
 特に蕎麦店にはそんな思いが強い。

続きを読む "【北本】 蕎麦を愛で雰囲気に浸ることができる理想の蕎麦店 「蕎麦 阿き津(北本市)」" »

2015年7月12日 (日)

【菖蒲(久喜)】 フレンチ不毛の東武北埼玉に誕生した奇跡のようなフランス料理店 「コット ア コット(久喜市)」

01_2

 これだから食べ歩きはやめられない。
 最初の情報は敬愛するR923Eさんのブログだった。R923Eのレストランガイド「コット・ア・コット[côte à côte](菖蒲町) 」
 相変わらず辛口コメントだが、端々から美味しそうな雰囲気が伝わってくる。食べログにもすでに投稿が1件あった。

 その後、当店のFacebookを確認し、オーナーシェフの経歴を確認し、相当な期待をもって伺った。
 期待し過ぎると現実に直面したときの落差に幻滅してしまうことが多いものだが、当店の場合は正真正銘期待通りかそれ以上のレストランだった。
 すばらしい。

続きを読む "【菖蒲(久喜)】 フレンチ不毛の東武北埼玉に誕生した奇跡のようなフランス料理店 「コット ア コット(久喜市)」" »

2015年6月13日 (土)

【蓮田】 初登場! 富山湾産の白海老を使ったパスタ 「ナトゥーラ 6月のランチ(蓮田市)」

01

04

 毎月ランチを食べに行っているんだけど、月末に行ったり早めに行っても更新が遅れたりで、ナトゥーラのランチについては全然役に立っていない。一応自覚してます。ごめん。
 今月は、最近では珍しく一週目の土曜日(6日)に行った。
 目当ての「富山県産白海老」を使ったパスタが非常に良かったので、一週間遅れたけど紹介しておきます。

 ナトゥーラのメニューに「富山湾産白海老」が並んだのは初めてだと思う。
 白海老とは、桜海老と同じく深海に生息していて桜海老よりかなり大ぶり。日本海の固有種だそうで、商業漁獲が認められているのは富山湾のみという希少種。言わずと知れた「富山湾の宝石」である。

続きを読む "【蓮田】 初登場! 富山湾産の白海老を使ったパスタ 「ナトゥーラ 6月のランチ(蓮田市)」" »

2014年8月11日 (月)

【一ノ割】 パン・ド・カンパーニュの玉手箱! 春日部に出現したハード系パン好きの天国! 「ブーランジェリー エルポール(春日部市)」

01

 すばらしい。すばらしすぎる。
 ようやく、春日部市内にハード系パン&カンパーニュ好きのための、正統なお食事パンを提供してくれるお店が誕生した。
 この日を待っていた。嬉しい。心の底から嬉しく思います。
 
 とにかく、カンパーニュの種類が凄まじい。一店舗でこれだけ多種類のカンパーニュを見たのははじめてかもしれない。しかも、全部が自家製酵母とは、ハード系パン店不毛の春日部にいきなり物凄いレベルのパン店が出現してしまったものである。
 近隣の方々には、たぶん珍しいパンであろうカンパーニュを啓蒙するために、ほぼ全種類に試食を出しておられる姿勢にご苦労を感じるけど、甘い菓子みたいなパンに慣れ親しんだ春日部市民にカンパーニュの美味しさを広めてほしい。

02

 ここのパンは美味い。
 ハード系パンが好きだけど、春日部周辺にはまともなハード系パンを扱うお店がないと思っていた方、是非当店に足を運んでほしい。きっと自分が求めているパンがあるはず。
 駐車場がギリギリ1台分しかないので、周辺の人たちだけでは厳しいかもしれないが、パン好きは一定数は必ずいらっしゃる。そんな人にカンパーニュという食事パンを啓蒙し、客を開拓していって欲しい。

 驚くべき事に、当店の天然酵母は市販のホシノ天然酵母などではなくすべてが自家製で、それも4種類も使い分けていらっしゃるそうだ。

○レーズン種
○レーズンオレンジ酒
○ルヴァン種
○麹の天然酵母

 個人的にはルヴァン種のカンパーニュが好きなのだが具材の味が強めなのと、生来のバカ舌のおかげで試食ではわからなかったので、今度行ったらどれなのか教えてもらおう。

03

 試食できるカンパーニュはすべて試食した。
 確認できただけでも、4種の天然酵母を使い分けてこれだけのカンパーニュとカンパーニュ生地を使ったパンがあった。驚異。
 きっとそれぞれの天然酵母と具材のマリアージュみたいなのがあるんだろう。これだけのカンパーニュを作り上げるためにどれだけの努力をしたんだろう。

 おさつとりんごのカンパーニュ
 いちじくとくるみのカンパーニュ
 ドライトマトのカンパーニュ
 伊予柑のカンパーニュ
 ドライトマトとチーズのカンパーニュ
 クランベリーとくるみのパン
 山ぶどうとくるみのパン
 フレンチロッソ
 チョコナッツフランス

04

 数あるカンパーニュを試食させてもらって、一番美味しいと思った下記の2種類を購入。それらを含めてこの日購入したのは6個。

 いちじくとくるみのカンパーニュ 260円
 クランベリーとくるみのカンパーニュ 170円
 明太子フランス 180円
 あんパン 130円
 クリームチーズ 180円
 チョコレートドーム 130円
 
 すべて税込なので合計1,050円だった。値段もすばらしい。

05

06

07

08

 カンパーニュは、どれもクラストはカッチカチでクラムはモチモチ。
 購入した二つのカンパーニュの断面写真をご覧いただいたとおり、すばらしくスダチが良い。みっちりと詰まったクラムはとても食感がよかった。

 生地の風味がよく、濃い目の具材をしっかりと受け止めている。
 いちじくにもクランベリーにもしっかりとした味がついて、ちょっと濃いかなとも思ったが、生地の主張と対等に渡り合うためにはこれくらい味がないと厳しいのかもしれない。

09

10

11

12

 もちろん、カンパーニュだけでなく、惣菜パンもデニッシュもバゲットも菓子パンも揃っている。こだけのお店で、驚異的な品揃えだ。
 今回購入したパンだと、あんパンの餡は甘さ控えめでとても上品で印象に残った。ほか、どれも実に美味い。
 
 ケーキみたいなパンばかり作ろうとする町中のパン屋に飽き飽きしている方は是非訪問してほしい。
 本当に良いブーランジェリーができてくれた。

 住宅地に突如出現したお店のオシャレな外観も気合いが入っている。
 是非、地域に受け入れられて息の長いお店になって欲しい。これだけ全面的に応援したいと思ったお店は久しぶりだ。
 がんばってほしい。

13

14

エルポール
昼総合点★★★★ 4.8

関連ランキング:パン | 一ノ割駅藤の牛島駅武里駅

2013年9月30日 (月)

【熊谷】 大人が集うに相応しいパーフェクトなランチ 「レストラン アミュゼ(熊谷市)」

01

 【オードブル盛り合わせ、自家製パン(お代わり自由)、カップスープ、パスタ、メイン料理(魚介)、メイン料理(肉)、デザート、飲み物】 という構成で2,500円のランチCコースをいただいた。
 別に、熊谷の地ビール(504円)と白ワイン1杯(630円)を合わせて合計6,134円だった。

 多彩なオードブル、スープ、パスタ、メイン料理の数々、それぞれのポーションはそれほど大きくはないが、どれひとつをとっても満足いくもので、気分としては支払った金額の1.4倍くらいの満足感があった。

 ここまで多品目のランチコースが2,500円。
 食材高騰の折、努力はいかばかりかと思う。どれも美味しかった。外れがひとつとして無かった。
 次回行って似たような感想を持てれば、総合点で満点を献上したい。そんな感想を持たせるお店だった。

続きを読む "【熊谷】 大人が集うに相応しいパーフェクトなランチ 「レストラン アミュゼ(熊谷市)」" »

2013年9月29日 (日)

【上熊谷】 「雪くま・フライ」の名店は今や国内有数のかき氷の名店に上り詰めた 「慈げん(熊谷市)」

01
↑ 以前はこの壁に「慈げん うどん」と書いてあった。

08

 上の写真は「ミルクココア 700円」。前回訪問時にメニューに無かったので、随分久しぶりにいただくことができた。変わらず旨い。

 ふんわり軽い氷のどこを掬ってもココア、どこを口に運んでもミルク。
 生半なかき氷なら、どこかで必ず水っぽく味気ない氷そのものを掬ってしまう瞬間があるものだが、慈げんのかき氷にはそんなことが一切無い。
 どこから食べても丁寧に味のついた氷がいただける。しかも、口溶けが一瞬なので頭にキーンとこない。仕入れた氷を一晩高めに設定した冷凍庫で寝かせているのだとか。氷の温度を高めに保つことで生まれる食感かも知れない。
 すばらしい。本当に美味しいかき氷だった。

 2013年、「慈げん」は、ちょっと感度の高い方なら誰でも知っている「かき氷の名店」に上り詰めてしまった。
 「食べログ」的大ブレイクは2012年だったけど、メディアに頻繁に取り上げられて多くのお客さんが来るようになったのは2013年から。
 日経だったかで特集した「かき氷の名店」特集で、確か2位にランクインしていた。
 「食べログ」は功罪いろいろあるけど、こういうところははっきり「食べログ」の良い点だと思う。

02

 今年の夏は1時間待ちはざらで、暑い日は熱中症患者も出たとか。
 久しぶりに店主とお話させていただいたところによると、「来夏は整理券制にしようと思う」とのこと。柏の三日月さん方式かな。

 現在は通年で「かき氷」をやっているので、今ごろは狙い目。
 今回の訪問は、晴天の2013年9月28日(土)だったけど、先客は2名様のみ。あとから3名。しつこいようだけど、いまが一番の狙い目。

 もう少し経つと、うどんとフライをはじめるかも知れない。そしたら、また狙い目だったりするけど(笑)。

 今回は「ミルクココア」の他に「巨峰 750円」と「抹茶ミルクあずき930円」をいただいた。

 驚いたのは抹茶の完成度。
 注文毎に毎回立てるのは以前と変わらないが、抹茶の出来具合が以前いただいたときより数段アップしているように思った。前の写真と比べると見かけも変わっている。

 前回のレビュー

07

 10

09

 苦味がより増して、抹茶の味わいがストレートに感じられるようになった。その分、オトナの味わい。
 ミルクをたっぷりつけてくれるので、飽きたらミルクをかける。
 今回の抹茶は「抹茶ミルクあずき 930円」なので、奥にあずきもある。(若干手ブレごめん)

 「慈げん」に来たら「駆けつけ3杯」の方が多いようだが、直前にイタリアン・フレンチの名店「アミュゼ」でたらふくいただいたばかりだったので、今回は2杯で断念。

05

06

 実はこちらが1杯目だったんだけど、「巨峰 750円」。
 見た目は、紫っぽいうす赤というかオレンジというか。口に入れるとストレートにぶどうの味。中には巨峰が5粒入っていた。
 ぶどうの味わいが鮮烈だ。旨い。

 たぶん、もうすぐ美味しいうどんとフライを提供するようになると思う。
 そのころは、夏みたいに混まないから狙い目ですよ。っていうか、ほどほどに暑いいまが一番の狙い目。

 もうすぐメニューが変わってしまうので参考にならないけど、2013年9月末のメニューを張っておく。

 ★参考★
 → 前回のレビュー
 → 初回のレビュー

03

04

関連ランキング:かき氷 | 上熊谷駅熊谷駅

2013年9月22日 (日)

【姫宮】 すばらしい! 東埼玉では最高の本格フランスパン屋 「ブーランジェリー ルソント(宮代町)」

02

 たいへんなお店に出会ってしまった。ブーランジェリーで、当店に比肩しうるのは東埼玉では「 cimai 」しかないと思う。。
 拘りの方向性が「 cimai 」とは違うので単純な比較はできないが、コストパフォーマンスの良さとホスピタリティだけなら、「 cimai 」を超えるかもしれない。

 何より値段が安い。この日は8個買って一万円札を出したら、「920円です」って。え? 今あらためてレシートを見ているが大半(8個中6個)が105円だった。1個はなんと70円。
 信じられない。これだけのパンがたったの105円ですか?!

14

13

 しかも、1個1個丁寧にビニール包装されている。もちろん、ビニール裏に水滴なんてついていない。大事に大事にパンを扱っているのが一目でわかる。
 むき出しのパンもあるけど、それはクラストの乾燥を保つためだからどうしようもない。

 「今日全部食べられないときは」と店主がおっしゃったので、「冷蔵?冷凍?」と聞いてみた。そしたら、ちゃんと「冷凍」との答えが返ってきて、しかも冷凍用のビニール袋までつけてくれた。乾燥を防ぐため。
 すばらしい。冷凍するときは両端を残して中央部分からスライスして食べて、残った断面を合わせて冷凍するのが一番風味を殺さないんだけど、さすがに一般客にそこまでのレクチャーはしないみたい。

04

 そのときの店主の言い回しの端々に、自分のパンが好きだ、客に美味しいパンを食べて欲しいという邪気のない意気込みみたいなのがヒシヒシと伝わってきて、もう、一遍にこの人が好きになってしまった。

 パン職人としてのウデも確かだと思う。
 バタールの内相を見てもらえるとわかる人にはわかると思うが、大小様々な気泡の具合が見事としか言いようがない。縦長もちゃんとある。
 唯一、下火の効かせ方にちょっと難があるような気もするが、ぼくはパン職人じゃないのでこの程度は許容範囲内だ。

03

 味もすばらしい。クラストの香ばしさ塩加減、色艶も最高。大胆なクープはエッジが立ってパリッと香ばしく、クラムはシットリと甘みがあって小麦本来の味がする。
 過去いただいたフランスパンでは最高クラスだと思う。

 しかも、これが220円です。東京の有名店に行ったら350円じゃないですか?ww。

10

11

12

 そのほか、この日購入したのは、
 バタール 220円
 フィグノア(いちじくとクルミのカンパーニュ風) 105円
 きのこのピザパン 105円
 粗挽きウインナーのパン 105円
 クリームパン 105円
 かぼちゃクリームパン 105円
 ショコラマロン 105円
 くるみパン 70円

05

06

 バタールのことを先に書いたけど、実は一番驚いたのが「フィグ・ノア」だった。このパンが105円!!!!
 ライ麦を使っていないので、こんな価格になるのかもしれないが、それにしてもこれが105円とは、ホントに良いのか心配になったくらい。

 美味しいですよ、これも。
 生地に若干の甘味があってとても美味しい。バタールより甘味が強いのは、クルミの甘さが生地に影響しているのもしれません。
 いちじくからの酸味は控えめ。個人的にはもうちょっといちじくの酸味があっても良いと思うが、他店ではたぶん200円くらいの値札をつけてもおかしくないくらいのパンだった。

07

08

09

 他の菓子パンも、どれもモチモチ生地にしっかりとした風味がついて、中のクリームも丁寧に作られていて美味しい。

 すばらしい。本当にすばらしいパン屋だった。

 ライ麦全粒粉を使った「メランジェ 350円」を絶対食べてみたい。

01

ルソント
昼総合点★★★★ 4.6

関連ランキング:パン | 姫宮駅

2013年5月29日 (水)

【北上尾】 美味しい料理をお腹いっぱい食べられる幸せ 「メゾン・ドゥ・アッシュ(上尾市)」

02

 3回目の訪問です。この日もランチ。
 久しぶりにフォアグラを食べたくなったぼくは「休日だけのバリューコース 3,900円」にして、それほどフォアグラが好きでないカミさんは「ランチコース 2,400円」でした。ほかにワインをお願いして合計7,000円。

 オードブルの写真を過去のと見比べてもらえればわかりますが、この日はいつにも増して量が多かったwww。オードブルは特に多かったですね。

 味はもう鉄板です。こんな美味しい料理をお腹いっぱい食べられる幸せを存分に味わいました。

04

 この日のコースは

 オードブル
 ・海老
 ・カツオのカルパッチョ
 ・パテ・ド・カンパーニュ
 ・子鴨の燻製
 ・ホタテの燻製
 ・ほたるいか
 ・ニース風サラダ
 ・地鶏の半熟卵
 ・山菜(のびる たらのめ こごめ) 野菜

10

11

 フォアグラ アスパラガスのスープ仕立て(バリューコース)
 枝豆のスープ

 アイナメのソテー
 牛とも三角のソテー

 いちごのロールケーキ
 キャラメルのアイス

05

 この日用意されていたフォアグラは、前回いただいたのと同じだったようで、覚えていた奥様が気を使ってくれて料理法を変更してくださいました。
 こちらは前回のリゾットでもよかったのですが、シェフと相談して提案してくれたのが「フォアグラ アスパラガスのスープ仕立て」です。

 良く味の沁み込んだ黒キャベツ(ベーコンの味と言っていた?)に載せたフォアグラを、ホワイトアスパラのスープが入った皿の中央に添えた料理。名前をつけたらなんだろう。
 アスパラガスがほんのりと香るスープに、具材として輪切りされたグリーンアスパラとホワイトアスパラが浮かんでいます。

06

 思ったよりもスープがさっぱりしていて、濃厚なフォアグラとは相性ばっちりです。フォアグラの下にあった黒キャベツに染みこんだ味はなんだろう。
 濃い目のデミグラスっぽい感じ? それがフォアグラと良く合います。ソース代わりというか。美味しいフォアグラだった。

 オードブルはとにかくすごい量でした。
 一品一品じっくりと作り上げられてこの量ですから、すごいですよね。味もとても良い。ワインを美味しくいただきました。

07

08

 アイナメはアンチョビのソース。アンチョビの風味がこんなに上品に感じられるなんて(笑)。かなり質の良いアンチョビだと思います。
 皮がパリパリで身がほくほく。文句無く美味しい。
 牛は赤ワイン系のソース? かなりしっかりとして食べ応えがありました。

 オードブルにしろメイン料理にしろ、やっぱり野菜が美味しい。カブが甘い、じゃがいもが甘い、キャベツが甘い。
 たっぷり2時間食事を楽しんで、智光山公園のバラを撮影に向かいました。

09

 ナトゥーラにしろ当店にしろ、気長に食事ができないせっかちな方は別のお店がいいかもしれません。東京には美味しいお店がたくさんあるんだから、わざわざ北上尾の田舎にいらっしゃる必要はないと思われます。

 美味しい料理を味わうには、食べる側に心構えが必要な場合もあります。ささいなことでイライラしてしまうと味覚が鈍って、料理の味がわからなくなってしまいます(笑)。
 結果、双方に不幸な結果しか生まれません。

 次回は7月。予約が取れれば。

03

関連ランキング:フレンチ | 北上尾駅

2013年3月 6日 (水)

【北上尾】 野菜が最高! 満腹感と満足感を同時に味わう幸せ 「Maison d'H(メドンドゥアッシュ)(上尾市)」

総合 5.0 | 料理・味 4.8 | サービス 5.0 | 雰囲気 4.4 | CP 5.0
 
01

 前回の訪問 から4ヶ月を経ての再訪です。初見の印象からまったく変わりません。すばらしいレストランでした。
 カミさんと二人で伺って、今回はフォアグラの無いランチコース(2,400円)を2名分お願いしました。

02

 それにしても、客商売のプロの方々が顔と名前を覚える凄技には驚かされます。
 トラットリア ナトゥーラ の奥さまにも驚かされましたが、当店の奥さまもちゃんと顔を覚えていらっしゃって、オードブルをサーブされるとき「前回とカブっているのがありますね」などとおっしゃられます。前回の料理まで覚えていらっしゃったwww。

04

05

 前回とカブったオードブルは、サーモンとローストポークとキッシュでしょうか。
 今回のはこんな感じでした。

 サーモンのマリネ アボガドのサラダ
 ホウレン草のキッシュ
 ローストポーク
 季節の野菜
 帆立の燻製
 小鴨の燻製

 豪華な盛り合わせです。
 彩りというか盛りつけとしては、ローストポークの周囲の隙間が目立ってちょっと残念でしたけど、逆に言うとその程度のアラしか見えません(笑)。

 サーモンのマリネみたいなありきたりな料理も、当店のシェフにかかるとこんな料理のなるんだ……と感心することしきり。
 マリネして丸く形を整えたサーモンの下に隠れているのは、ペースト状のアボガドです。ナイフを立てると汚くなってしまうような気がして一口で行ってしまったのでアボガドペーストの他に何が入っているか未確認です。見たってわからないかww。

06

 相変わらずキッシュは異次元の美味しさ。ふんわりしているのに、こんなにキレイな焼き目がついている。
 食感だけなら極上のダシ巻き玉子かババロアみたいです。パイ生地がキッシュと思い出させてくれます。
 食感のバランス、味わい、どれをとっても文句無しの美味しさでした。

 ローストポークは前回より美味しかったかも知れない。ローストした肉料理では過去味わったことのない柔らかさでした。
 一度塩漬けしたポークを塩抜きしてローストしているんだそうです。甘めのソースもいいです。

 その他毎度の未知の野菜類に、今回は豆もたくさんありました。豆を強調するためか、インゲン豆の鞘を二つに割って中の豆を見せる盛りつけには、カミさんがかなり感動していました。 
 時期だからか、蕪の種類が多かったようです。どれも新鮮で美味しかった。
 
 前後しますが、パンとリエットも美味しかった。当店のパンは、単体で見ても埼玉上位の美味しさだと思う。

07

 ついで出てきたのが、蕪のピューレスープです。
 蕪の香りが良い。牛乳にほんのちょっとのじゃがいもと玉ねぎだとか。クリームは使っていないんですね。
 だから、濃厚でいてサッパリだったのかも知れません。
 これなら、丼一杯いただけます(笑)。

 メインでお願いしたのが、

 シャラン鴨のコンフィ
 鱈のソテー アンチョビのソース

09

 シャラン鴨は濃厚です。
 皮がパリパリで若干甘めなので、北京ダックみたいな味わいだったかも知れません。皮が実に旨かった。

 鱈は脂が乗っていて美味しかった。ギリギリ旬かな? 

08

 これらメイン料理で最大の驚きは、付け合わせの野菜なんです。量が多くて実に旨い。
 ただのメークインが信じられないくらい甘い。何種類もある蕪が甘い。人参があまい。野菜があまい……。
 野菜によって一度ボイルしてから焼いたりといろいろ工夫しているそうです。
 すばらしい。

 デザートは、
 ロールケーキ
 自家製キャラメルアイス

 ロールケーキはしっとりしています。
 当店定番(らしい)キャラメルアイスも美味しい。

10

11

 どれもこれも満足できる料理でした。
 量も多く、この手のレストランでは珍しい、満腹感と満足感を同時に味わうことができました。
 使った金額は、2,400円×二人分と白ワイン1杯700円で、合計5,500円でした。値段の1.5倍くらいの満足感があります。

 また行きます。

03

関連ランキング:フレンチ | 北上尾駅

2013年2月11日 (月)

【北越谷】 移築再生された蔵でいただく野菜が美味しいフレンチ 「楽の蔵 レストランChez tomo.(越谷市)」

01

 ぼくよりも、カミさんがとても気に入ったお店です。
 「雰囲気が良くて、料理が美味しくて、サービスが良くて、非の打ち所がない。たった一人で料理を作っていて忙しいのに、レジの時にシェフが出て来てちゃんと挨拶してくれたのも良かった。若いシェフだから向上心があって勉強して、いろんな手法にチャレンジしているんだと思う」とまくし立てていましたww。
 いやいや、ベテランシェフだって向上心はあるよ(笑)、とは反論しなかったけれど、彼女の言う通りとても良いお店でした。

 早く到着してしまったので、お店の方に伺って近くの駐車場にクルマを停めて、しばらくフロアで待たせてもらうことにしました。「2階のギャラリーを見てもらったら?」とレストランの方同士の会話が聞こえてきます。
 2階のギャラリーを案内してくださったのはシェフのお父様でした。(駐車場はお店の前に一台分、その他は周囲に点在しているようです。お店の方に伺ってください。)

続きを読む "【北越谷】 移築再生された蔵でいただく野菜が美味しいフレンチ 「楽の蔵 レストランChez tomo.(越谷市)」" »

その他のカテゴリー

★★★★☆~(☆=0.5) | ★★★★~★★★★☆ | 埼玉S級グルメ認定 | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ) | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー) | 上尾市「Maison d'H(メゾン・ドゥ・アッシュ)」 | 上尾市「イル・モンド・ピッコロ」 | 春日部市「イル・カンパネッロ」 | 越谷市「ヴェッキオ・コンヴェンティーノ」 | 久喜市「コット ア コット」 | 春日部市「オークウッド」 | さいたま市「カンパネ食堂」 | 春日部市(イタリアン) | 春日部市(フレンチ) | 春日部市(洋食・欧風料理) | 春日部市(カフェ) | 春日部市(回転寿司) | 春日部市(ラーメン) | 春日部市(そば・うどん) | 春日部市(中華) | 春日部市(エスニック) | 春日部市(スイーツ) | 春日部市(パン) | 春日部市(その他) | 越谷市(イタリアン) | 越谷市(フレンチ) | 越谷市(洋食・欧風料理) | 越谷市(そば・うどん) | 越谷市(中華) | 越谷市(その他) | さいたま市岩槻区 | さいたま市浦和区 | さいたま市大宮区 | さいたま市見沼区 | さいたま市緑区 | 上記以外のさいたま市 | 熊谷市 | 北本市 | 上尾市 | 久喜市 | 蓮田市 | 三郷市 | 日高市 | 杉戸町 | 上記以外の埼玉県 | 埼玉県以外 | イタリア料理 | フランス料理 | 中華料理 | うどん | うなぎ | そば | エスニック | カフェ | スイーツ | バーベキュー | パン | フライ(行田熊谷の郷土料理) | ラーメン | 和食 | 回転寿司 | 洋食・欧風料理