カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2015年3月 9日 (月)

【春日部】 ネタは悪くないけど、人手不足では? 「はま寿司 春日部中央店(春日部市)」

_01

 2014年9月、「元気寿司 ユリノキ通り店」があった場所にオープンした。
 「元気寿司」は目の前で板さんが握ってくれるスタイルで、結構好きだった。ユリノキ通りの「元気寿司」は埼玉県最後の「元気寿司」だったので、閉店して埼玉県には「元気寿司」がなくなったことになる。

 「はま寿司」は、あの「ゼンショー」のグループである。イロ眼鏡では見ていないつもりだけど、当店に限っては他店と比べてオペレーションが極端に悪いと思ってしまった。
 具体的には、タッチパネルで注文しても寿司が出て来るのが遅い、出てきた寿司もネタがひっくり返っている、シャリが少ないからすぐに崩れる、と食欲を減退させる要素が多かったような気がした。

続きを読む "【春日部】 ネタは悪くないけど、人手不足では? 「はま寿司 春日部中央店(春日部市)」" »

2014年12月10日 (水)

【春日部】 100円なら十分だと思う 「くら寿司 春日部豊町店(春日部市)」

_01

_02

 某予約サイトは、メールアドレス流出or販売の噂があり、実際自分自身を振り返ってもここでしか使ったことのないメールアドレスに急にスパムメールが来るようになったので使用を中止して、メールアドレスを変更した。
 お店の混雑ぶりは相変わらずなのだが、その後は利用していない。

 この日は午後5時半近くだったので、ガラガラだった。帰宅する6時半ころには待ち合いに人が溢れていたけれど。

 長男は巣立ってしまったのでこの日は家族3名。
 浦和レッズの屈辱的敗戦を見たあとだったからか、あまり食欲が進まず寿司33皿とビール、ジュースで4,568円だった。
 驚異的な安さかもしれない。

続きを読む "【春日部】 100円なら十分だと思う 「くら寿司 春日部豊町店(春日部市)」" »

2014年6月 9日 (月)

【藤の牛島】 フードコートの寿司屋で金沢海鮮丼 「金沢海鮮丼 もり家 イオンモール春日部店(春日部市)」

01

 海鮮丼の定義がよくわからないのだが、てっきり酢飯だと思った寿司屋である当店の海鮮丼が酢飯ではなかったので、「海鮮丼=ちらし寿司」という認識はきっと間違っているんだろう。
 勘違いした自分が悪い。でも、まさか寿司屋の海鮮丼が白飯で出て来るとは思わなかった。

 フードコートは好きじゃないので滅多に利用しない。
 今回は浦和レッズの映画を観た後で、1階のレストランは行列必至の時間帯だったので、ぜいたくを言っている場合じゃなかった。
 それにしても大変な場所だった。いろいろと覚悟の上だったのに。あちこちで幸せな光景が見られたのは良かったけれど。

 家族3人で、もり家、トマト麺、佐野を食べたので、順番にレビューしてみようと思う。

03

 当店の海鮮丼をいただいたのは自分。
 どこが「金沢」なのか皆目わからないけれど、写真のとおり、見た目が豪華で食欲をそそった。

 酢飯は前述のとおりただの白米でがっかり。
 ネタは豊富。そこらの海鮮丼じゃ見られないネタがたくさん入っていたのは良かった。しかし、新鮮さには欠ける。

 お値段は1,800円。
 ここが埼玉で、しかも日曜日だったことを考えれば、極々普通だったと思う。

 下駄に乗っかった寿司と迷った末の海鮮丼だったけれど、寿司にしておけば良かった。
 店名のキャッチフレーズに書きこむほどのインパクトは無かったかもしれない。

 料理とは関係ないが、トレイに滑らない加工を施してあったのが印象的だった。

 参考までに、イオン春日部1階にある回転寿司「もりもり寿し」の経営とのこと。

02



関連ランキング:海鮮丼 | 藤の牛島駅南桜井駅

2013年1月27日 (日)

【閉店】春日部 埼玉で唯一生き残った「元気寿司」は、目の前で板さんが握ってくれる 「元気寿司 ユリノキ通り店(春日部市)」

01

 追記:閉店しました。

 春日部市ユリノキ通りには、16号から4号までのたった3kmの間に、「元気寿司」の他に「回転寿司ダイマル春日部」、「くら寿司」、「かっぱ寿司(元気寿司の目の前!)」、「すし銚子丸」と合計5軒もの回転寿司が並んでいます。

 どれも工夫を凝らして客を呼び込んでいますが、一番のオススメが「元気寿司」です。
 元気寿司は、他店のようにデザートや蕎麦等のサイドメニューが充実していませんし、タッチパネルで注文するようなシステムもありません。新幹線やガチャみたいないアミューズメント的な要素もありません。
 好意的な書き方をすれば、「寿司一本」で勝負しているみたいなwww。

02

 ともかく、低価格帯回転寿司では一番旨いんです。味に比べて料金が安い。安かろう悪かろうというマイナスイメージがありません。迷走している悪いイメージがない。
 もちろん、回転寿司でも別格に高価な「がってん寿司」に比肩できる美味しさはありません。しかし、味と価格のバランスは一番だと思う。

 理由は簡単。行程の見えない寿司ロボットでなく、板さんが目の前で握ってくれるからです。だから、ネタも新鮮で、シャリもほの暖かいちょうど良い温度でいただけます。

 残念ながら、超低価格回転寿司に押されて、旧16号沿いの店舗も閉めてしまい、その他の店舗も「魚べい」や「すしおんど」に業態転換を図っているようで、元気寿司と名乗る店舗は埼玉県でここ「ユリノキ通り店」のみとなっていまいました。

 07

0608

09

10

 100円寿司の他店に比べたら、若干お値段が高めかもしれません。……といっても、105円(黄皿)、168円(赤皿)、231円(金皿)、315円、472円ですから、たいしたことありません。
 この日は、家族4人で伺って写真の通りです。こうして並べると凄い量ですが、合計で6,573円です。ビールを飲まなかったから、それほど高額にならなかったのかもしれませんが。

 この日一番旨かったのは、元気寿司オリジナルの「ペッパー炙り」です。
 写真を撮り忘れているのもありますが、「海老」「まぐろ」「サーモン」の表面にマヨネーズをちょっと塗ってペッパーを振りかけて炙っています。
 最初は新鮮でないネタをカモフラージュしているのかと思いましたが、そうじゃなかった。

2314

 マヨネーズによってコクが増し、ペッパーによってネタの味わいが際立ち、更に炙ることによって香ばしさが生まれます。
 旨い。良いアイディアだと思う。

03

1112

13

17

18

19

20

21

22

24

25

26

 店内はそれほど広くありません。だから、カウンター内に二人しかいない職人さんでまかなえるのかもしれない。
 写真のように涙ぐましい努力もしています。

 銚子丸やダイマル水産のように、活気はありません。これは静かで良いと思う。(笑)。
 くら寿司やかっぱ寿司のように、子どもたちを喜ばせる仕掛けもありません。ウチはそんな子供だましを喜ぶ年齢じゃなくなりました(笑)。

 そんな家族に、絶対のオススメ。 

0405

15

16

関連ランキング:回転寿司 | 春日部駅一ノ割駅八木崎駅

2012年12月31日 (月)

【春日部】 家族連れにぴったりな100円回転寿司 「くら寿司 春日部豊町店(春日部市)」

01

 以前はよく行っていたのですが、「食べログ」に投稿を始めてからは足が遠のいてしまいました。3年ぶりくらいの訪問です。
 当時は昼も夜も非常に混雑していたので、「EPARK」という携帯の予約代行サイトから予約してから伺っていました。
 今回も当然「EPARK」を利用して順番取りです。

 しかし、予約の必要はありませんでした。
 お昼の一番忙しそうな時間帯だったのに、誰も待機席に座っていません。席を見渡すと写真のとおり空席が目立っています。
 いくら年末とはいえ、往時を知る者としては信じがたい風景でした。

 味が変わったのかというとそんなことはありません。
 元々それほど良いネタを使っているわけじゃないですが、お値段なりの寿司だと思います。
 昔から春日部のユリノキ通りは回転寿司店が多く、最近は「回転寿司ダイマル水産 春日部」が出来て繁盛していると聞きます。
 価格帯や客層を見ると、あちらに押されているのかもしれません。「かっぱ寿司」もありますし。
  
 ガチャガチャのアトラクション等が、飽きられてしまったのもあるかも。
 注文用のタッチパネルも小さいかもしれません。注文担当の二男が操作しにくそうでした。それと本末転倒な感じですが、寿司皿のフタを開ける作業がちょっと面倒とか? 

 寿司皿にフタが付いてから初めての訪問なので、開け方をレクチャーしてもらってからテーブルに着きました。
 でも、以前みたいに簡単に取れません。タイミングによっては取れないこともあって、明らかに食べる量が減ったと思う。

 それでも4人で行って、なんだかんだと49皿。それにビールやジュースを飲んで合計6,508円でした。

02

0304

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

24

17

18

19

20

21

22

23

25

26

27

28

29

30

関連ランキング:回転寿司 | 八木崎駅春日部駅豊春駅

2012年1月14日 (土)

春日部 iPadでオーダーして、板さんがさばいてくれる100円回転寿司 「回転寿司ダイマル水産 春日部(春日部市)」

総合 3.0 | 料理・味 3.0 | サービス 3.0 | 雰囲気 2.5 | CP 4.0
A22


 2011年秋、テレビの情報番組で紹介されて以来の大混雑が2012年に入っても続いています。
 「がってん寿司」のRDCが経営する100円(基本)の回転寿司にもかかわらず、板さんがさばいてくれるという「差別化」というか「高級感」がうけているんだそうです。錯覚だと思いますけどね。
 ぼくらが行ったのは日曜日の午後5時20分ころでした。当然、待つことなく食事にありつけるだろうという算段です。
 しかし、この早い時間にもかかわらず、14組も待っていました(笑)。呼ばれるまで30分以上待ってしまいました。

A02A03

A04

A05

A06

A07

A08

A09

 ネタはほとんどが105円と157円で、たまに200円があります。ビール中ビンは610円です。この日は家族3人でビール2本と35皿食べて5,850円でした。先日のがってんに比べたら本当に安い(笑)。
 でも、ネタは雲と泥くらいの差がありますww。小さくて薄い。競合他店より小さいかもしれない。新鮮さはほとんど同じかもしれません。初来店なので当店のシステムがよくわからず、ベルトに流れているのを何皿も取ってしまいましたが、これが失敗でした。ご飯が……。何皿も食べてから気がついたのがなんとも(笑)。
 当店へ行ったら、ベルトの寿司は取らず iPad から注文する。これ、鉄則です。いくらたくさん客がいて回転が良さそうに見えても、ベルトから皿を取る人がいなければ……、ね。

A10A11

A12

A13

A14

A15

A16

A17

A18

A19

 似たような料金体系の某店は、寿司の皿にドーム型の透明なフタをするようになりました。握ってから30分経った皿は自動で廃棄されるとか?握り手はロボットですが。
 こちらは、100円にも関わらず板さんが手でさばいてくれるのは良いですが、皿の経過時間管理は板さんの「目」と「勘」で行っているようです。ぼくの目の前で板さんが何皿も破棄してました。板さんが握っているのかどうかは不明です。
 貧乏な舌は、ロボットか板さんの手かなんてわかりません。

A21

 高級感があるかというと……、気分の問題ですね。
 店内に演歌がガンガン流れています。駐車場にいても、うるさいくらいに聞こえます。
 「寿司=魚=漁師=演歌」という発想でしょうか。ぼくは演歌が苦手なので、本当に辛い食事でした。それと店員の皆さんのコスチューム。がってんでも同じでしたが、ダボシャツに豆しぼりなんですよね…。これがもうなんとも…。白なら清潔感があって良いのですが、柄物はガラの悪いテキヤにしか見えない(笑)。想像力が貧困で申し訳ありません。
 店内の雰囲気からは、高級感は微塵も感じません。

A20

 席の前に置かれた iPad2 から注文するシステムです。これは斬新で良かった。子どもは楽しかったようです。
 iPad の画面操作で、注文した皿の累計もわかるようになっています。だから、いくら食べたかわかっちゃう。でも、ベルトから取った皿は計算しませんので、全額じゃありません。あのシステムじゃ、計算しながら食べたい人はベルトから取りませんね。

 タッチパネルで注文すると不安がよぎりますが、忘れられたことは一度もありませんでした。
 iPad システムは良いアイディアですね。「くら寿司」や「かっぱ寿司」みたいなのをゼロから構築したらいくらかかるかわかったもんじゃありません。初期投資をかなり抑えられているのでしょう。出店も撤退も楽とか。安い料金で寿司を提供できている理由でしょうね。
 高級感とか差別化とかなら、板さんに口頭で注文した方が良いのは間違いありません。

 春日部市のユリノキ通りは回転寿司の激戦区で、当店の他にも「かっぱ寿司」「くら寿司」「元気寿司」「銚子丸」が並んでいます。
 100円の皿が中心なのに、まぐろの解体ショーをやったりと話題作りも熱心なのも手伝ってか、他店とは明らかに違う方向性が受け入れられているようです。目くらましっぽい感じがしますけど。
 今後も注目ですね。

A01

関連ランキング:回転寿司 | 八木崎駅豊春駅春日部駅

その他のカテゴリー

★★★★☆~(☆=0.5) | ★★★★~★★★★☆ | 埼玉S級グルメ認定 | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ) | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー) | 上尾市「Maison d'H(メゾン・ドゥ・アッシュ)」 | 上尾市「イル・モンド・ピッコロ」 | 春日部市「イル・カンパネッロ」 | 越谷市「ヴェッキオ・コンヴェンティーノ」 | 久喜市「コット ア コット」 | 春日部市「オークウッド」 | さいたま市「カンパネ食堂」 | 春日部市(イタリアン) | 春日部市(フレンチ) | 春日部市(洋食・欧風料理) | 春日部市(カフェ) | 春日部市(回転寿司) | 春日部市(ラーメン) | 春日部市(そば・うどん) | 春日部市(中華) | 春日部市(エスニック) | 春日部市(スイーツ) | 春日部市(パン) | 春日部市(その他) | 越谷市(イタリアン) | 越谷市(フレンチ) | 越谷市(洋食・欧風料理) | 越谷市(そば・うどん) | 越谷市(中華) | 越谷市(その他) | さいたま市岩槻区 | さいたま市浦和区 | さいたま市大宮区 | さいたま市見沼区 | さいたま市緑区 | 上記以外のさいたま市 | 熊谷市 | 北本市 | 上尾市 | 久喜市 | 蓮田市 | 三郷市 | 日高市 | 杉戸町 | 上記以外の埼玉県 | 埼玉県以外 | イタリア料理 | フランス料理 | 中華料理 | うどん | うなぎ | そば | エスニック | カフェ | スイーツ | バーベキュー | パン | フライ(行田熊谷の郷土料理) | ラーメン | 和食 | 回転寿司 | 洋食・欧風料理