カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2012年2月20日 (月)

【閉店|せんげん台】 あっという間に人気店になった鶏そば専門店 「鶏そば 雫一(越谷市)」

総合3.5 | 料理・味 3.5 | サービス 2.5 | 雰囲気 3.0 | CP 3.5

01_2

 「食べログ」の店舗詳細に中休みがあるとの記載を発見したので、夜のオープン目がけて伺いました。通し営業だばかりと思っていました。助かっちゃった(笑)

 到着は日曜日の17時40分ころです。
 ありゃりゃ、すでに小上がりは満席で、カウンターにいくつか空きがある程度じゃありませんか。ぼくらが食べている間も客が引きも切らずやってきます。
 2011年2月1日オープンなのに、あっという間に人気店になったようです。

続きを読む "【閉店|せんげん台】 あっという間に人気店になった鶏そば専門店 「鶏そば 雫一(越谷市)」" »

2012年1月 8日 (日)

蒲生 ポルチーニ茸香る中華そば 「満天食堂(越谷市)」

総合 3.5 | 料理・味 3.5 | サービス 3.5 | 雰囲気 3.5 | CP 3.5

01

 宮雀さんが先陣を切って登録してくださった後、千日紅さん、yyyumeさん、sakana_〆(゚▽゚*)さん、茶器さん、Kouさんと、立て続けに地元周辺のレビュアー様方からレビューが上がって、とても気になっていたお店です。
 特に気になっていたのが、ポルチーニ茸を使用したというラーメン。夢に出るくらい(笑)。
 イタ飯大好きなのでイタリア料理店にはよく行くのですが、ポルチーニ茸って高価なのでそれほど頻繁にはいただけません。あの香りがラーメンのスープに入ったらどうなるか考えただけでワクワク(笑)。塩よりも醤油に合うような気がしました。

10

11

 これだけ気になっていながら、いざ注文する段になって、自分は「担々麺 800円」と「麻婆豆腐 480円」というパブロフ犬状態で(笑)。
 保守志向の家族にポルチーニ茸とか言ったら拒否られるのは必定なので余計な説明をせず、「餃子 390円」×3、「五目チャーハン 800円」×2,「中華そば 680円」「とり塩中華そば 680円」「ビール 550円」と昼間からちょっと贅沢なオーダーをしました。合計で5,960円でした。

02

03

 帰宅時、主に中華そばとチャーハンを食べた長男に感想を聞いたら、案の定「変な香りがした」…(笑)。
 詳しく探ってみるとポルチーニ茸ではなくて、気になったのは魚介系の香りだったようですが「2.5…」と抜かしておりました。
 確かに、ポルチーニ茸は結構強烈に香りました。ナッツのようなあの香りは醤油とかなり微妙なバランスです。ぼくは嫌いじゃありません。でも、食べ進めるとすぐに香りがわからなくなって(笑)。
 マスタードはどかしました。

04

05

 とり塩そばをいただいたのがカミさん。
 こちらは評判上々です。塩加減がちょうど良い。チャーシューを載っかっていたマスタードといただいたあと、少しスープに溶いて食べたそうです。マスタードは塩にはあったみたい。
 こちらにもポルチーニ茸が入っていると思いますが、先に醤油ラーメンと担々麺を口にしてしまったので、微妙な香りを捕らえることができませんでした。
 美しく黄金色に透き通った塩のスープは塩分控えめで、薄いと感じるギリギリの線です。鶏ガラでしょうか。とても上品な味わいでした。

08

09

 チャーハン修行中の二男の五目チャーハンは、しっとり水分多め系だったのがイマイチだったようです。
 ぼくは二口くらいもらっただけですが、かなりべっちょりとしていました。でも、味は悪くなかった。もうちょっとパラッと炒められていたらもっと美味しいのに…。
 餃子5個で390円はとても良心的なお値段ですね。皮がモチモチとして餡の量も多い。味もいい。噛みこむと肉汁溢れるジューシーな餃子ではありませんが、とても品の良い餡だと思いました。ニンニクの量は少なそうです。鉄板だけに鉄板の味(笑)。
 
 担々麺はちょっと変わった香りがしました。あれは何だろう?? まさかのポルチーニ茸? 違うよなあ。最後まで気になる風味が残って、いまひとつ堪能できません。
 辛さはほとんど感じません。胡麻とナッツの風味が濃厚。旨味の濃いスープでした。
 麻婆豆富も、ほとんど辛くありません。甘いくらい。甜麺醤多めなのでしょうか。最近自宅でもハマッている「My 花山椒」を持ってくれば良かったと後悔しました。辣油はあったので少しだけ投入。でも、やっぱり花椒が…。

06

07

 ラーメンはどれも盛りつけが美しく目でも楽しめます。特に、食用菊の黄色がすばらしいアクセントでした。チャーハンにクコの実が見えたり、チャーシューの上にマスタードが載っていたり、いろいろと楽しませてくれます。
 ラーメン業界には詳しくないのでシッタカは書けませんが、さすがに知られたシェフのお店だと感じ入った次第です。

 今回はポルチーニ茸に惹かれて麺類ばかり食べました。次回は夜にでも伺って一品料理でお酒を呑みたい。
 昼に行く場合は、お得感一杯なランチセットが狙い目でしょうか。

 皆さんのレビューを知らなければ出会うことのなかったお店です。
 先行レビュアーの皆さま様方に感謝したします。

13

12

関連ランキング:餃子 | 蒲生駅

2011年11月24日 (木)

越谷 やっぱり地域一番中華料理店 「中華キッチン ぐら(越谷市)」

01_3

あの絵本「ぐりとぐら」です!

 ディナーのメニューに「ぐり」コース(3,000円)、「ぐら」コース(5,000円-要予約)がありました。
 店名の出典は、あの絵本「ぐりとぐら」で間違いありません。疑問は氷解しました(^^)/

 ディナータイムはジャズが流れています。そのほか、初のディナータイムで気がついたことをいくつか。
 まず、夜になると麺類にご飯のサービスがなくなって、お得なセットメニューもなくなるなど、ランチタイムよりもちょっと高めになります。どこのお店でも似たような感じですけど。それでも、この美味しさなら充分に納得しました。

09_4

 喫煙については、ランチタイムは全席禁煙ですが、ディナータイムは喫煙OKです。今回はお隣にプカプカおば様がいらっしゃって辟易しました。幼稚園児くらいの孫を二人も連れていて、目の前で喫煙はどうかと思います(笑)。
 グルメぴあには禁煙席があるとの記載ですが、お店側からその説明はありませんでした。
 もし、禁煙席があっても、狭い店ですから効果のほどは期待できません。

やっぱり地域一番店

 今回は「四川担々麺 880円」「四川麻婆豆腐 850円」「五目チャーハン 850円」「海老の特製マヨネーズソース 1200円」「餃子 380円」「アイス 300円」「杏仁豆腐 420円」等をいただきました。
 どれも美味しい。味については文句無しです。家族にも大評判で、「バーミヤンの炒飯が一番旨い!」と豪語する炒飯修行中の二男は「やっぱりぐらのが一番旨い!4.5!」だそうです。

 担々麺を提供している近隣店をひととおり回って(回ったつもりになって(笑)、久しぶりにいただいた当店の「四川担々麺」はやっぱり地域NO.1です。
 辛味と旨味と胡麻の風味と若干の酸味等のバランスが最高で、麺の茹で具合もばっちりです。個人的には太麺が好きですが、全体のバランスを考えたらこれが正解なのでしょう。

02_3
03_3

 「四川麻婆豆腐」はやっぱり塩気が強い。花山椒の香りと痺れは感じますが、もうちょっと塩気を抑えて花山椒が入って豆腐が多ければ最高の麻婆豆腐かも。豆腐がグズグズで少ないんです(笑)。
 お店のお姉さんに、「もっと辛くすることはできますか?」と質問したところ、可能とのこと。無料でできるとおっしゃっていましたが、どうでしょうか。

 今回、美味しさを再確認したのが「餃子」。これもまた最高クラスかもしれません。こちらの餃子は一口サイズなので、是非一口でいっちゃいましょう。もちろん少し冷めてからね(笑)。
 皮を噛みこんだとき、ジュワーっと口の中に肉汁が溢れ出るのがわかります。至福の瞬間です。
 一皿4個で380円ですから、それほど値段も高くありません。

 「五目チャーハン」はどちらかと言うとしっとり系。具材がたっぷりと入って旨味の濃いチャーハンです。
 子どもが旨いというので脂が強いかと思いましたが違います。たっぷりの具材から染み出た旨味がギュッと詰まった感じでしょうか。さっぱりとして旨い。

05_3

 今回初めていただいた「海老の特製マヨネーズソース 1200円」は、海老大好きのカミさん絶賛でした。なんといっても、卵感たっぷりの自家製マヨネーズがすばらしい。プリプリの海老の旨味と食感がマヨネーズと出会って新しい世界が生まれます(笑)。
 「杏仁豆腐」はトロトロ系。間違いない味です。クコの実も良いアクセントでした。

04_406_3

 今回はいろいろと確認したくて前回と似たような料理を注文しました。もっともっといろんな料理を食べてみたい。次回はランチの1800円のコースです。

いくつかの補足情報

 ホールの人たちは、ちょっと落ち着きがないかな。でも、ホスピタリティの気持ちは伝わってきます。若いお店なので、まだまだ伸び代がたっぷりでしょう。
 ウチからクルマで約40分。定期的に通えるギリギリでしょうか(笑)。冒頭に書いた喫煙のこととか、もうちょっと大きな店だったら分煙にすれば良いだけなのでそれほど問題はないですが、いかんせん、小さい店なのでいろいろ残念なこともあります。ゆったりと食事ができれば言うことないのですが。

 駐車場は向かいの月極めに3台分しかありません。ランチもディナーも、開店から30分くらいで満席になると思われますので、クルマの方は開店と同時に行かないと厳しいかも。ウチはいつもその手です。
 この日も開店30分後(午後6時)には予約も含めて満席でした。やっぱり予約がいいかな。

店舗データ

関連ランキング:中華料理 | 越谷駅

2011年10月10日 (月)

越谷 丁寧に作られた四川料理が旨い 「中華キッチン ぐら(越谷市)」

01_5

「ぐら」の意味はなんだ?

 「ぐら」といえば、あの赤い帽子に赤い洋服を着た野ねずみですよね(笑)。
 初めて当店の名前を目にして以来、絵本「ぐりとぐら」 で描かれた野ねずみの画像と直結してしまいました。食べログで「ぐら」を見るたびに赤い帽子の野ねずみが…。

 食べに行ったら、絶対に「ぐら」の意味を聞いてやろうと思っていました。
 でも、アッと言う間にお客さんでいっぱいになって、ホールのおねーさんは日本語が上手くないみたいだし、イケメンはなかなかホールに出てこないしで、とうとう思いを果たせないまま帰途につきました。残念です。

11_4
12_3

 「ぐりとぐら」じゃなかったら、イタリア語でそばを意味する「grano saraceno」(グラーノサラチェーノ)の「ぐら」とか(笑)。コジツケ過ぎたかな。
 気になって眠れません。

 こちらも、脂ギッシュでないオシャレ風中華料理店です。かなり気に入りました。

四川料理

 中華初心者の脳裏に、「四川」というキーワードが刻まれました。
 中華と言っても、いろんなのがあるとはさすがに知っています。その中でも、「四川」はとりわけ辛い……、正直申しますとその程度の認識しかありません。
 当店は「四川担々麺」「四川麻婆豆腐」を四川を強調したメニューを拝見する通り、四川料理のお店なのでしょう。坦々麺も麻婆豆腐もどこの中華屋さんでも扱っていますから。

 久しぶりにガッツリと辛いものを食べてみたい、と思ったわけですが、担々麺も麻婆豆腐も思ったほど辛くなくて、旨味の方を強く感じました。同行した小学生は、麻婆豆腐を一口二口食べて「すごく辛いけど、旨い!!」だそうです。

02_4
03_4
04_5
05_4
06_4

 「四川麻婆豆腐」は、ちょっと塩気が強かったように感じましたが、山椒風な辛味(花椒?)をベースに強く感じて、そこに濃厚な旨味が被さってくる感じ? 経験値が足りなくて申し訳ない。皆さんおっしゃる痺れるような辛さは感じなかった。
 普段、お手軽麻婆しか食べていない貧困な舌には表現できない旨味がギッシリと詰まっておりました。もうちょっと豆腐がしっかり残っていると、なお良かったかも。

 「四川担々麺」は、薄っすらと白胡麻の香り。クリーミィで濃厚なスープは辛いのですが、こちらも旨味が強い。旨い。思い切り啜るとむせるくらいの辛味だけど、こちらも思ったほど強い辛味は感じなかったかな。
 セットのご飯を投入して、ガッツンガッツン行っちゃいました。
 麺は細くて、あまり食べ応えがありません。

セットがお得

 麺類にはご飯が無料でついてくるとか、ザーサイがお通しで出てくるとか、リーズナブルなサービスがいろいろあります。
 ランチだとデザートと飲み物をセットにしたAセットと、Aセット+春巻・サラダのBセットがあります。お得感いっぱい。

 「四川坦々麺」「四川麻婆豆腐」の他にお願いしたのは、「鶏の塩味そば」「焼き餃子」「五目チャーハン」「ビール」「アイス」等。焼き餃子は4個で380円。やっぱり高めですね。でも、美味しかった。
 どれも丁寧に作られていて、中華の美味しさを存分に教えていただきました。全種類食べてみたくなっています。

07_408_5
09_6
10_4
 ザーサイをお代わりしてビールを呑んで、Gyaoのクーポンで揚げ団子をいただいて、お腹いっぱい。

 1800円で、前菜三点盛、スープ、海老のチリソース、黒酢風味の酢豚、春巻、かた焼きそばorチャーハン、デザート二種盛り、のミニコースもあります。とても惹かれたのですが、担々麺の誘惑に勝てませんでした。
 次回はミニコースを食べてみたい。

店舗データ

関連ランキング:中華料理 | 越谷駅

その他のカテゴリー

★★★★☆~(☆=0.5) | ★★★★~★★★★☆ | 埼玉S級グルメ認定 | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ) | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー) | 上尾市「Maison d'H(メゾン・ドゥ・アッシュ)」 | 上尾市「イル・モンド・ピッコロ」 | 春日部市「イル・カンパネッロ」 | 越谷市「ヴェッキオ・コンヴェンティーノ」 | 久喜市「コット ア コット」 | 春日部市「オークウッド」 | さいたま市「カンパネ食堂」 | 春日部市(イタリアン) | 春日部市(フレンチ) | 春日部市(洋食・欧風料理) | 春日部市(カフェ) | 春日部市(回転寿司) | 春日部市(ラーメン) | 春日部市(そば・うどん) | 春日部市(中華) | 春日部市(エスニック) | 春日部市(スイーツ) | 春日部市(パン) | 春日部市(その他) | 越谷市(イタリアン) | 越谷市(フレンチ) | 越谷市(洋食・欧風料理) | 越谷市(そば・うどん) | 越谷市(中華) | 越谷市(その他) | さいたま市岩槻区 | さいたま市浦和区 | さいたま市大宮区 | さいたま市見沼区 | さいたま市緑区 | 上記以外のさいたま市 | 熊谷市 | 北本市 | 上尾市 | 久喜市 | 蓮田市 | 三郷市 | 日高市 | 杉戸町 | 上記以外の埼玉県 | 埼玉県以外 | イタリア料理 | フランス料理 | 中華料理 | うどん | うなぎ | そば | エスニック | カフェ | スイーツ | バーベキュー | パン | フライ&ゼリーフライ(行田熊谷の郷土料理) | ラーメン | 和食 | 回転寿司 | 洋食・欧風料理