カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサーリンク


無料ブログはココログ

2015年12月 6日 (日)

【北本】 蕎麦を愛で雰囲気に浸ることができる理想の蕎麦店 「蕎麦 阿き津(北本市)」

03

06

 安易に書くわけにいかないが、総合的に見て埼玉県には「阿き津」より気に入りそうな蕎麦屋はないような気がしている。
 理由は以前書いたとおり → 【北本】 蕎麦を愛で、雰囲気に浸り、店主ご夫妻との会話を楽しむ 「蕎麦 阿き津(北本市)」

 お店の設えからロケーションから料理から何から何まで、当店のすべてが好き。
 蕎麦の美味しさだけなら当店より美味しいお店はいくらでもあると思う。しかしロボット化された工場よろしく、運ばれて来た料理をひたすら無心に食べてハイ終わりじゃ全然物足りない。
 中でも狭苦しいお店がとにかく苦手。初めてのお店のドアを開けて、隣席の方の息遣いまで聞こえてきそうな席の配置を見ると帰りたくなる。
 特に蕎麦店にはそんな思いが強い。

続きを読む "【北本】 蕎麦を愛で雰囲気に浸ることができる理想の蕎麦店 「蕎麦 阿き津(北本市)」" »

2015年4月25日 (土)

【北本】 地域のイタリアン文化の担い手は今も大人気 「アドマーニ(北本)北本店(北本市)」

01

 想像以上の繁盛店だった。
 10時40分ころ(11時オープン)に到着して店舗周辺を撮影したんだけど、すでに店内のウェーティングスペースにお客さんがいらっしゃる!
 慌てて撮影を終えて待機スペースに並んだ。2番だった(笑)。

 その後も客足は衰えない。開店までに10組近くが来店し、12時までには満席になった。北本のこの場所で驚くべき集客力じゃないですか。
 「この場所」とか失礼極まりないけど、実際、北本駅から2.5km以上あるので駅から徒歩では無理だし、街道から横道に入った場所なので流しの客が入る立地でもないし、更にアクセス道路から奥まった場所にあるので目立たない、気を抜いていると通り過ぎてしまう、という意味だから(笑)。

続きを読む "【北本】 地域のイタリアン文化の担い手は今も大人気 「アドマーニ(北本)北本店(北本市)」" »

2015年4月22日 (水)

【北本】 おしゃれなおしゃれな畑の中のカフェ&フレンチ 「フォースカフェ(北本市)」

01

 頻繁に訪問している北本の大自然「北本自然観察公園」の裏手(表?)にある。
 この日も公園内にある満開の「エドヒガンザクラ」を見てから伺った。

 場所はざっくりと言うと、公園を挟んで北里大学の反対側になる。
 なぜか田んぼがなく、農地はほぼ畑ばかりというエリアである。地形的にちょっと高台だから?
 「フォースカフェ」はそんな田舎の風景にしっかりと溶け込んで、とても素敵な佇まいを見せていた。

続きを読む "【北本】 おしゃれなおしゃれな畑の中のカフェ&フレンチ 「フォースカフェ(北本市)」" »

2015年1月 6日 (火)

【北本】 激戦の北本イタリアンで存在感を示す素敵な一軒家レストラン 「La Luna(北本市)」

02

01

 正月も休まず営業しておられた。
 それだけでもすごいのに、通常のランチメニューがある。気合い入ってます。

 お店のサイトで拝見した「ルナコース 2,980円(税抜)、オードブル、パスタ、フォカッチャ、魚料理、肉料理、デザート、プチドルチェ、カフェ」をお願いしようと考えていたんだけど、手渡されたメニューには「要予約」の文字が…。
 仕方なく、「ステラランチ 1,436円(税抜 税込だと1,550円) オードブル、フォカッチャ、ミニサラダ、ミニスープ、パスタ、デザート、プチドルチェ、カフェ」を2名分お願いした。
 ほかにビール(523円)と赤ワイン(パテなので)(496円)パスタのプラス料金で合計4,199円だった。

続きを読む "【北本】 激戦の北本イタリアンで存在感を示す素敵な一軒家レストラン 「La Luna(北本市)」" »

2014年12月18日 (木)

【北本】 北本のイタリアン文化を象徴するレストランかもしれない 「リストランテ ビスティ(BISTY)(北本市)」

01_2

 北本は町の規模の割にイタリア料理店が揃っていて驚く。
 『アドマーニ』や『La Luna』みたいに広い敷地でゆったりとした、これぞ郊外の一軒家レストランという雰囲気最高のレストランが多いのも特徴だ。
 フレンチは少ないが、やっぱり『フォースカフェ』みたいな雰囲気抜群の一軒家レストランがある。

 『BISTY』も上記3店ほどではないが近くに「北本総合公園」があり、広い窓の外には雑木林?が広がる緑の多いエリアに構える一軒家イタリアンだ。
 雰囲気は最高の部類。
 ただ、余計なお世話だけど、『La Luna』と近すぎて心配になってしまうw。

続きを読む "【北本】 北本のイタリアン文化を象徴するレストランかもしれない 「リストランテ ビスティ(BISTY)(北本市)」" »

2014年10月 8日 (水)

【北本】 店内は居酒屋風だけど、立派なイタリア料理店 「cucinA D(クッチーナディー)(北本市)」

01

03

 お店の前でカミさんに「このお店だよ」と言っても屋根を見上げるだけで、信じてくれない。
 イタリア国旗でも掲げてあれば違ったのだろうけど、お隣の美容院しか目に入らなかったらしい。
 外観写真でご覧いただけるように、当店は三角屋根の一戸建て店舗を美容院と半分ずつに分けて営業していらっしゃる。
 
 店内は客席が L 字型で奥に小上がり席?というか座敷席。上がり框で靴を脱いで板の間に座る。
 一目で居酒屋だったことがわかっちゃう作りだけど、内装はしっかりと南欧風に仕上げてあって感じが良い。

 ランチはそれぞれのメニュー記載の金額で、サラダと飲み物が付いてくる。

0506

 お願いしたのは、「マルゲリータ(800円)」と「北海道産 帆立フェットチーネ(トマトクリーム 1300円)」。
 そのほか、300円でデザートがオーダーできるそうなので、「りんごのシブースト」と「ティラミス」をお願いして、別にイベリコ豚の生ハムのハーフ(800円)、生ビール(600円)、白ワイン(400円)をお願いした。合計4500円だった。

 まずサラダ。葉物野菜が新鮮だった。ドレッシングはクリーミィな白のフレンチ(だと思う)。

 イベリコ豚の生ハムは、前菜みたいなビール・ワインのつまみが欲しくなってオーダーした。
 わりと良い生ハムだった。口当たりで塩気は感じないのだが、1回2回と噛むと塩気が出て来る。舌の上で蕩けるような生ハムではなかったが、満足できるものだった。

07

08

09

10

 ピッツァは、ローマ風と呼ぶほどパリパリじゃない薄めで、たぶん冷凍クラスト。トマトソースもチーズも悪くないし、800円なら満足だと思う。
 しかし、もうちょっとモッチリとしたナポリ風のクラストならなお良かった。ローマ風好きのカミさんには好評だったが。

 フェットチーネは、パサパサとした粉の感じもなく、適度に噛みごたえがある。
 しかし、せっかくのトマトクリームソースが分離してしまっている。これだと、どれだけ美味しくても見た目が悪すぎて印象が悪い。
 ソース自体の味は良かった。ホタテが染み出して、良いクリームソースになっていた。でも、やっぱり分離は気になる。

 デザートは、どちらも美味しい。特にシブーストが美味しかった。カスタードが良いのかな。盛りつけも美しい。
 コーヒーも好み。ミルクはポーションだったが、別容器で角砂糖ができたのはよかった。

11

13

12

 こうして1時間ほどでランチは終了。
 ドアを開けて店内が見えたときは不安になったが、トマトクリームが分離していた以外は、悪くなかったと思う。
 これなら、メイン料理をいただいたみたい。しかし、北本までディナーを食べに来るのは難しい。残念。

 サービス面は居酒屋そのものだった。イタリア料理店を名乗るなら、ちゃんと客の前に料理をサーブしなくてはダメだよね。
 テーブルの端に並べた皿を客が自分で引っ張り寄せるとか、この手のお店では考えられない。もったいない。

 外に出ると、予報とは裏腹に曇り空。
 それでも、一縷の望みをもって「北本総合公園」へ向かった。

04

02_2

クッチーナディー
昼総合点★★★☆☆ 3.3

関連ランキング:イタリアン | 北本駅

2013年11月19日 (火)

【北本】 料理もサービスも経験豊かで自信に満ち溢れた熟達のフランス料理店 「ダンデライオン(北本市)」

01

 オードブル(前菜)でワインを飲むせいもあって、メイン料理よりもオードブルの美味しさに感動することが多い。
 それは多分に、ワインと相性の良い前菜をいただいた時、双方が高め合って美味しくいただけたという意味も多く含んでいる。
 もちろん、食材や料理法がバラエティに富んでいて楽しめる点も大きい。
 アミュゼのオードブルみたいに、アルコールの肴だとかそんなことにまったく関係なく超美味しい場合も当然ある。

 だから、当店みたいに何よりもメイン料理の美味しさに感動することは珍しいかもしれない。
 それくらいメイン料理が良かった。

続きを読む "【北本】 料理もサービスも経験豊かで自信に満ち溢れた熟達のフランス料理店 「ダンデライオン(北本市)」" »

2012年12月16日 (日)

【北本】 蕎麦を愛で、雰囲気に浸り、店主ご夫妻との会話を楽しむ 「蕎麦 阿き津(北本市)」

11

13

 決して蕎麦通じゃないが、蕎麦屋はこんな感じがいいという固定観念めいた思いがある。
 「北本自然観察公園」の少し北の荒川河畔に立つ「蕎麦 阿き津」は、そんな思いに応えてくれるお店だった。蕎麦、ロケーション、雰囲気、ホスピタリティ、どれもこれも満足させてくれるお店だった。

 開店の11時をめがけてクルマを走らせたのだが、Nexus 7標準搭載のカーナビが思いのほか気が利いているのか空いている道を走らせてくれたおかげで30分も早く着いてしまった。
 店舗兼住宅から下った駐車場を開けてもらい、しばらく待っていると10時50分ころ店主が迎えに来てくださった。

お店下の駐車場と先に見える荒川河川敷↓
17

 話し好きな店主がいろいろとお話しして下さる。栽培している作物のこと、農作業のこと、猫が多いこと、キツネやタヌキやシカまで目撃情報があること、小鳥たちのこと、その他いろんなこと。
 荒川の河畔なので水が上がってきたことはないかと尋ねると、一度だけあったと写真を見せて下さった。普段はそんなことないんですよ、たった一度だけですよ、と笑う。
 店舗近くまで荒川が溢れた迫力満点の写真だった。

 店内へは、履き物を脱いで上がる。磨き上げられた焦げ茶の板張りが美しい。清潔感漂う板張りの部屋に白い円柱型の石油ストーブ。
 板張りの部屋は十畳程度の広さがあるが、テーブルはたった三つしか設えられていない。とても贅沢なテーブル配置。おかげで、他席の方を気にすることなく食事ができそう。

 板張りの部屋の脇に六畳大の畳の個室があった。
 「どこでもどうぞ」と言ってくれたが、六人程度は収容できる畳の個室に二人で座る図々しさは持ち合わせていないので、窓際のストーブの傍に腰を下ろした。

15

02

 奥さまのサービスがすばらしかった。
 湯飲みひとつを置くにも、湯飲みの模様を見て向きを整えて置いてくれる。お茶がなくなったとき、厨房から見ていたように次の急須を持って来てくれる。
 こんな所作のひとつひとつが堂に入っている。物腰が柔らかく作り物めいたサービスでない身体の芯からわき出してくるような自然なサービスとは、こういうことを言うんだろうなと勉強になってしまった。
 いろんな偶然が重なっただけかもしれないが、ぼくら夫婦には本当に居心地が良かった。

14

03

04

 お願いしたのは、「天せいろ 2000円」「天付き かけ蕎麦 2000円」「かけ蕎麦 900円」「伊吹団子 500円」。かけ蕎麦がお代わりとすぐに察して下さって、ちゃんと天せいろのあとに出て来た。

 白っぽく細めの蕎麦。まずは何もつけずに啜ってみる。ほんのりとした蕎麦の香りが心地いい。コシは強めで歯応えもいい。
 鰹だしの効いた汁はまろやか。この蕎麦と良く合う。
 薬味で辛味大根、わさび、ねぎが出てきたので、順番に投入。やっぱり蕎麦には辛味大根がいい。

07

08

 驚いたのは「かけ蕎麦」。見た目は細めでそれほどしっかりした蕎麦には見えなかったので、熱い汁に浸すとすぐに伸びてしまうんじゃないかと勝手に想像していた。でも、違った。
 熱い湯で泳いでいても、しっかりとしたコシが感じられる。頬張ると非常に食べ応えがある。

 利尻昆布とどんこ、かつお節をたっぷり使ったというお出汁もいい。
 かけ蕎麦の薬味は柚がとても良かった。最後に柚を入れてかき混ぜて。ほんのりと香る柚を楽しみながら、最後の一口をいただいた。
 実に旨かった。

16

06

 天ぷらは、海老二尾、エンドウ豆二個、しいたけ、レンコン二個、りんご、さつまいもの盛り合せ。
 さりげなく書いたけど、りんごの天ぷら! 女将さんに伺ったら、季節によっては柿も出すことがあるとのこと。
 カラッと上がったリンゴは、酸味と甘味が意外と天ぷらに合っていた。
 どれもカラリと軽く揚がっていて、蕎麦屋の天ぷらとしては非常に良かった。

 食後に伊吹団子を注文。きなこが旨い。

10

09

 また一軒、良い店に出会ってしまった。これだから、食べ歩きはやめられない(笑)。
 「またどうぞ」という声に見送られて「北本自然観察公園」へ向かった。
 また行きます。必ず。

12

01_2

関連ランキング:そば(蕎麦) | 北本駅鴻巣駅

その他のカテゴリー

★★★★☆~(☆=0.5) | ★★★★~★★★★☆ | 埼玉S級グルメ認定 | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ランチ) | 蓮田市「トラットリア ナトゥーラ」(ディナー) | 上尾市「Maison d'H(メゾン・ドゥ・アッシュ)」 | 上尾市「イル・モンド・ピッコロ」 | 春日部市「イル・カンパネッロ」 | 越谷市「ヴェッキオ・コンヴェンティーノ」 | 久喜市「コット ア コット」 | 春日部市「オークウッド」 | さいたま市「カンパネ食堂」 | 春日部市(イタリアン) | 春日部市(フレンチ) | 春日部市(洋食・欧風料理) | 春日部市(カフェ) | 春日部市(回転寿司) | 春日部市(ラーメン) | 春日部市(そば・うどん) | 春日部市(中華) | 春日部市(エスニック) | 春日部市(スイーツ) | 春日部市(パン) | 春日部市(その他) | 越谷市(イタリアン) | 越谷市(フレンチ) | 越谷市(洋食・欧風料理) | 越谷市(そば・うどん) | 越谷市(中華) | 越谷市(その他) | さいたま市岩槻区 | さいたま市浦和区 | さいたま市大宮区 | さいたま市見沼区 | さいたま市緑区 | 上記以外のさいたま市 | 熊谷市 | 北本市 | 上尾市 | 久喜市 | 蓮田市 | 三郷市 | 日高市 | 杉戸町 | 上記以外の埼玉県 | 埼玉県以外 | イタリア料理 | フランス料理 | 中華料理 | うどん | うなぎ | そば | エスニック | カフェ | スイーツ | バーベキュー | パン | フライ&ゼリーフライ(行田熊谷の郷土料理) | ラーメン | 和食 | 回転寿司 | 洋食・欧風料理