2010年11月 3日 (水)

2泊3日の南伊豆の旅 旅の記録5

こんにちは。
今回から2日目に入ります。

100816_091124

100816_091802

これは、伊豆急下田駅から徒歩1分の「寝姿山ロープウェイ」です。
頂上には、復元された見張り台があります。

100816_092241

100816_092427

寝姿山ロープウェイからの車窓は、下田湾が望めます。

100816_093325

100816_093417

頂上には、「ど根性楠」の「石割楠」があります。
その名の通り、石を割って出てきた楠です。

100816_095722

100816_095727

復元された見張り所、大砲です。

そして、この後下田駅へ戻り、「黒船電車」を使って城ヶ崎海岸駅へ向かいます。


100816_115603

100816_115717

100816_120148

ありがとうございました。その6へ続きます。

| | コメント (0)

2010年10月15日 (金)

2泊3日の南伊豆の旅 旅の記録3

こんにちは。
その2の続きを更新します。

100815_141550  

河津七滝ループ橋は、二重ループ橋なので通っている時に少し目が回りました。
次は、僕たちが泊まる「下田大和館」に向かいます。

100815_165809

伊豆急行の車両は、海側がボックスシートになっていました。

100815_165159

この駅は、なぜか砂利ホームの稲梓駅です。(この駅では降りてないです)
砂利ホームだったのでとても興味を持ちました。降りてみたかったです。他にも理由がありますが・・・

100815_170013

100816_090727

100816_090647

終点の伊豆急下田駅です。
改札口が黒船仕様になっていました。

ありがとうございました。
上手く切れるところがなかったので、ここで終わりとします。
その4も遅くなると思います。

 


| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

2泊3日の南伊豆の旅 旅の記録2

こんにちは。
1ヶ月も間が空きましたが、その2を更新します。

100815_133430

河津駅です。
この日、Yahooの天気予報ではずっと雨だったのですが、「ウェザーニュース」での天気予報は晴れでした。なので、どちらの天気予報が正解なのか分かりませんでした。
でも、結局ここは曇りでした。
雨が降らなくて良かったと思います。

ここからはバスで、河津七滝(かわづななだる)を目指します。

100815_142028

水垂バス停で降りて、この道を進みます。

100815_143002

河津七滝の最初の滝、「釜滝」です。
このまま順番に写真を並べていきます。

100815_143358

100815_143722

100815_144336

100815_150248

100815_151538

上から、「エビ滝」「蛇滝」「初景滝」「出合滝」「大滝」です。
初景滝と出合滝の間にも1つ滝があるのですが、写真を撮れていなかったようです。
暗かったり、指が写ってたり、いろいろとすいません・・・・

河津での最後の目的は、「河津七滝ループ橋」を見学することです。

100815_155254

「河津七滝ループ橋」は、国道414号線に存在する、全長1064m、高さ45mの二重ループ橋です。1981年に完成したそうです。

100815_155642

100815_155939

ぼくは、ここの他に「天城山隧道」(国道414号旧道)にも行ってみたかったのですが、時間が無かったのでループ橋だけにしました。

ありがとうございました。その2はここで終わりです。
次も遅くなると思います。

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

ツーデーパスで行く 別所温泉の旅 その4

こんにちは。
約3ヶ月も空いてしまいましたが、その4を更新します。
今回は、別所温泉のホテル「南條」さんに泊まって、その後の帰り道を紹介します。

100321_091125

100321_091243

100321_091307

別所温泉駅の駅舎、駅長室看板、駅名表です。「駅長」の文字が逆になっているのを見て、驚きました。

100321_092514

100321_093946

100321_094250

いちばん下の写真の列車は、この列車の名称なのかは分かりませんが、『自然と友だち2号」と書いてありました。

ここからは、旧信越本線のしなの鉄道に乗って、軽井沢の『鬼押出し園」へ向かいます。

100321_100020

100321_151353

軽井沢の駅舎は撮り忘れてしまって、これしか残っていません。軽井沢旧駅舎記念館にも行けませんでした。またいつか、機会があったら行きたいと思います。

その4はいったんここで切ります。次回は、鬼押し出し園から大宮までを紹介します。

|

2010年4月 2日 (金)

ツーデーパスで行く 別所温泉の旅 その3

こんにちは。
今回は、小諸駅から別所温泉到着までを紹介します。

100320_154348

これはしなの鉄道の車両です。115系で、列車の降り口がホームより高く、乗るときが大変でした。

100320_161604

100320_161925

上の写真が上田駅です。出口の名前は忘れてしまいました。

100320_163112

これが上田電鉄の車両です。車内はロングシートですが、所々に丸い窓がありました。
ここからは、上田電鉄の車窓風景と前面風景を並べていきます。

100320_164150

100320_164157

100320_170928

ありがとうございました。
次回は、別所温泉の某ホテルに泊まって、帰り道を紹介します。

|

2010年4月 1日 (木)

ツーデーパスで行く 別所温泉の旅 その2

こんにちは。
前回で、別所温泉までを紹介すると書きましたが、長くなったので小諸までを紹介します。

100320_123317

100320_122858

小海線で僕たちが乗った車両は、見ての通りのハイブリット車両でした。

100320_120732

100320_120721

車内はボックスシートで、イスにはカバーがかかっていました。

100320_124411

100320_132903

これは、小淵沢駅で売っていた完全予約制の駅弁、「甲州かつサンド」です。

100320_124503

同じく小淵沢駅の駅弁、「ふもとの駅弁 元気甲斐」です。」

100320_124517

さらに同じく、「春の味覚 春まん甲斐」です。

100320_134750

車内から撮影した、標高1375mのJR鉄道最高地点です。

100320_135140

列車交換でしばらく停まった野辺山駅で、駅名標を撮影しました。
景色の写真がバックの駅名標は他にもありました。

ここからは、小海線の車窓風景を並べていきます。
100320_134819

100320_141433

100320_141554

100320_152753

ありがとうございました。
次回は、別所温泉到着までを紹介したいと思います。

100320_163112

|

2009年11月11日 (水)

大月奥多摩 ホリデーパスでの旅

こんにちは。
ぼくは、9月22日にホリデーパスを使って、「ホリデー快速 河口湖5号」で大月と奥多摩へ行ってきました。

なぜ奥多摩へ行ってきたかというと、最初の予定はホリデー快速を立川で降りて、青梅線で「青梅鉄道公園」へ行って、その後奥多摩へ行って戻ってくる予定だったのですが、ぼくがホリデー快速に乗っていたかったので、そのまま大月まで行って、立川まで戻ってきて奥多摩へ行って、「青梅鉄道公園」には行かずに拝島まで行って八高線と川越線で帰ってきました。

032

これは、大宮から大月まで乗ってきた「ホリデー快速河口湖5号」です。写真は大月駅で撮影しました。

039

044

049

上の写真は、大月駅の駅舎と富士急行のフジサン特急(右)の写真です。

次は、中央線の高尾行き各駅停車に乗って、高尾の駅舎を撮ったりして、次の列車で立川へ行って、そこから青梅線に乗りかえます。下の写真は高尾駅です。

077

082

ぼくは、青梅線では113系のようなボックスシートの車両が来るのかな、と思っていたら普通のE233系でちょっとがっかりしました。

128

126

110

118

117

奥多摩駅は、大きな家のような形をしていて、駅を出ると目の前にバスが止まっていました。

この後は、駅前の食堂で昼食を食べて、拝島まで戻って八高線と川越線で大宮駅に戻ってきました。
ありがとうございました。
最近は、あまり鉄道で出かけていなくて、更新が難しいので次の更新も遅れると思います。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

わたらせ渓谷鉄道 旅の記録2

こんにちは。
今回は、足尾銅山観光から、水沼駅に到着したところまでを紹介します。

216

226

足尾銅山の中に行くには、写真のようなトロッコ列車に乗って行きます。

233

これは、トロッコ列車を降りると到着する足尾銅山の中の写真です。
銅山の中は、よく天井から水がたれてきたりしますが、涼しかったです。

235

237

239

243

247

上の五枚の写真は、銅山の中から銅を掘っているところを再現したものを撮影した写真です。

このあとは、通洞駅に戻って、普通列車で水沼駅に行きました。

290

296

ありがとうございました。

次回は、水沼駅から帰りの特急に乗ったところまでを紹介します。

| | コメント (3)

2009年7月29日 (水)

わたらせ渓谷鉄道 旅の記録1

こんにちは。
ぼくは、7月19日に、久しぶりに列車で「わたらせ渓谷鉄道」に乗りに行っていました。        
トロッコ列車や、足尾銅山観光、水沼温泉など、いろいろなところに行ってきましたが、時間が足りなかったので、神戸駅の列車のレストラン「清流」には行けませんでした。
今回も長くなりそうなので、何回かに分けて紹介します。

「旅の記録1」では、相老駅から大間々駅へ行って、トロッコ列車で通洞駅に到着した所までを紹介します。

012  

016

020

この3枚の写真は、上と真ん中は駅舎、下はわたらせ渓谷鉄道のホームから大間々方面を撮影しました。

034

038

この写真は、上が大間々方面、下は桐生方面の列車を撮りました。ぼくたちは、大間々に行く前に、まず桐生に行き、折り返しで大間々駅に行きました。

058

074

この写真は、上が大間々駅の駅舎、下が駅のホームの写真です。

198

088

089

この三枚の写真は、上が通洞駅で撮影したトロッコ列車先頭の写真、真ん中の写真が列車の天井、下がトロッコ列車の車内の写真です。

098

099

これは、トロッコ列車の中で売っている、「トロッコ弁当」です。この駅弁は、予約して買うことができます。

136

170

183

この三枚の写真は、トロッコ列車下りの進行方向右側の景色の写真です。

210

214

大間々駅から1時間半かけて、通洞駅に到着しました。

ありがとうございました。「わたらせ渓谷鉄道 旅の記録1」は、これで終わりです。

次回は、足尾銅山観光から、水沼駅に到着したところまでを紹介します。

| | コメント (2)

2009年4月25日 (土)

銚子電鉄の旅 旅の記録2

今回は、「銚子電鉄の旅 旅の記録1」の続きで、海辺の遊歩道、灯台の観光、外川駅と、観音駅、仲ノ町車庫を紹介します。

087

088

090

この写真は、灯台の上から撮影した景色と、灯台の写真です。

097

100

104

108

上の四枚の写真は、遊歩道から撮影した海の写真です。

112

この車両は、1両の「鉄子の旅」の作者の菊池直恵さんがデザインした色の車両です。

125

これは、「鉄子の旅」車両のドアにはってあった「銚子の旅」のステッカーです。

121

117

この写真は、銚子電鉄の終点の、「外川駅」の駅舎です。

128

131

この写真は、銚子駅から二つ目の「観音駅」の駅舎の写真です。観音駅の中には、大きなたい焼と、「開運 上り銚子切符」と、観音駅入場券を買うことができます。

154

166

観音駅からは、歩いて「仲ノ町」駅へ行きました。

142

これは、仲ノ町車庫にとまっていた、日本一小さな機関車の「デキ3」です。

152

170

この車両は、車庫にとまっていた、「デハ801」です。

175

この写真は、帰りに乗った桃太郎電鉄の「デハ1001」と、車庫にいた「デハ801」の写真です。

この後は、「銚子駅」に戻って、成田線と総武線を経由して「秋葉原」駅へ行き、山手線と高崎線で大宮駅へ帰りました。

193

この写真は、家に帰る時通った道に咲いていた桜の写真です。

197_2

この切符は、観音駅に売っている「開運 上り銚子切符」の写真です。

ありがとうございました。「銚子電鉄の旅 旅の記録」は、これで終わりです。

| | コメント (0)