« CS第一戦 | トップページ | 史上最大の「声」でサポートを! »

2004年12月 6日 (月)

負けるべくして負けたか…

 昨晩の夕食はベタに「カツ丼」。
 腕によりをかけて作ったが、レッズはあえなく惨敗してしまった。
 榎本に突っかかる永井には萌えたが…。

 岡田さんがああいう戦法でくるのはわかっていた。
 ぼくがわかっているくらいだから、監督もコーチも選手もみんなわかっていた。しかし、それを跳ね返せない。
 第二ステージのFC東京戦、横浜戦、ナビスコカップ決勝戦、清水戦、名古屋戦。みんな似たような戦い方で、レッズを苦しめてきた。唯一、清水戦にだけ勝利を収めているが、それだって賽の目のようなものだった。

 浦和の選手は冷静さを欠いていた。
 考えられないミスを連発して気持ちが空回りし、自らが掘った墓穴に嵌まり込んでゆく悪循環。
 悔しかったのは、前半のロングボール戦法から一転して、後半は浦和の攻撃を見切ったようにショートパスをつなぎ始めた横浜に、なすすべなく寄り切られてしまったことだ。
 相手も3バックなんだから、同じようにサイドにロングボールを放り込めばいいと思うんだけど、サイドの意識が低すぎる上に巧妙なラインコントロールに手も足も出ない。

 岡田さんのことだから、次はまた違う戦法でくるんじゃなかろうか。
 エメ対策は踏襲するんだろうけど、埼スタでは4バックで来るような気がする。守るべきところは守り、攻めるべきところは攻めるために。どうかな?
 
 でも、浦和だってこのままむざむざとやられやしない。
 前線でタテヨコのポジションチェンジを繰り返してかき回そう。中盤の選手はミドルの意識を高め、最終ラインとボランチは有効な攻め上がりを工夫しよう。
 そして、何よりも冷静に戦況を見つめ、粘り強く粘り強く対処して行こう。
 チャンスは必ず訪れる。

 今はハーフタイム。
 自分たちを信じて、ハーフタイムに修正しよう。

|

« CS第一戦 | トップページ | 史上最大の「声」でサポートを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けるべくして負けたか…:

« CS第一戦 | トップページ | 史上最大の「声」でサポートを! »