« 10年分のレッズ本とパレード | トップページ | ステージ初制覇記念DVD »

2004年12月25日 (土)

来期こそ

 優勝チーム以外は負けて終わるのがカップ戦の宿命とは言え、負けたらシーズンが終わるわけだから天皇杯は特に寂しい。そして、悔しい。
 強いチームの、これもまた宿命とは言え、ケガ人も無く疲労の蓄積も無い相手に負けても、正直なところ全然負けた気がしない。

 エメと闘莉王の早退に始まってネネまで帰国してしまった。
 不条理な日程に嘲笑われるように、満身創痍の永井や山田やアレックスが身体を張ってプレーする姿が痛々しかった。
 これを乗り越えてこそ、本当に強いチームになれるのだろう。
 サッカー選手の敵は、相手と己とそして過密な上に不条理なスケジュールなんだと改めて思い知った。…えっ? 審判も…(^^ゞ
 荒波に揉まれながら、選手たちはよくやってくれた。
 
 楽しいシーズンをありがとう。最高だった。

|

« 10年分のレッズ本とパレード | トップページ | ステージ初制覇記念DVD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来期こそ:

« 10年分のレッズ本とパレード | トップページ | ステージ初制覇記念DVD »