« タイトルが欲しいよ! | トップページ | 10年分のレッズ本とパレード »

2004年12月22日 (水)

永遠のジレンマ

 いきなり大怪我から完全復帰していない坪井が呼ばれたり、今シーズン印象的な活躍をした選手が少なかったりと、またまたファンタジーな日本代表が発表された。
 不満をあげればきりがない。あのメンバーに欧州組を加えて、埼スタ北朝鮮戦を戦うつもりなんだろうか。
 個々には突っ込むまい。最終予選突破を祈るのみだ。

 基本スタンスは、浦和>代表だ。それは間違いない。
 しかし、日の丸を背負ったチームが負けてしまうのは日本人として我慢がならない。
 そうかと言って、大切な時期に中心選手を取られるのはとても困る。
 でも、代表で経験を積んで帰ってくれば成長するだろう。代表での経験をチームに還元すれば、間接的にチームも成長するだろう。
 永遠のジレンマだよね。

 浦和は人材豊富だから、もっと呼んで欲しい選手がたくさんいる。呼ばれて刺激を受けて、その上少しは世界を体感できれば成長につながるだろう。
 でも、選手育成の基本はチームだということを忘れちゃだめだ。
 Jリーグを思いっきり軽視した来期の日程はひどすぎる。めちゃくちゃな上にBチームだと? これじゃ、協会にジーコに壊される選手続出するだろうな。
 最近、代表に手間ヒマかけすぎるように思う。オリンピック代表もそうだったけど。

 まあ、代表は考えてもしょうがないからいいや。
 それより、明日は浦和の優勝パレードだ。
 残念ながら、土壇場になって行けなくなってしまったので、11時からのテレビ埼玉に期待するしかない。残念。

|

« タイトルが欲しいよ! | トップページ | 10年分のレッズ本とパレード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永遠のジレンマ:

« タイトルが欲しいよ! | トップページ | 10年分のレッズ本とパレード »