« 行った人、行きたい人 | トップページ | シーズンチケット当選したけど »

2005年1月18日 (火)

やっぱり甘すぎるだろう

 ここのところの悪意さえ漂わせる痴呆的暴言の数々で、すっかり後藤健生さんは浦和レッズの敵役になってしまったようだ。
 先週のサッカーマガジン『ああいえば、こう蹴る』でも無茶苦茶なことを書かれていたけど、それを受けて今号では大住良之さんが至極もっともなご意見を書かれている。

 大住さん曰く
 「エメ、闘莉王、ネネの三人を早々に帰国させてしまったのは、”恒例”とはいえ、弁解の余地がない。負傷があったのはわかるが、勝ち進めば短時間でも出場して重要なタイトル奪取に貢献できたはずだ。日本でプロとしてやっている以上、契約期間はフルに戦わなければ、ファンへの裏切りになる」

 その通りだ。
 怖いのは”恒例”の部分だ。みんなエメに慣らされていないか。
 あの天皇杯磐田戦、エメがいれば、闘莉王がいれば、ネネがいればと何度思ったことか。……あの試合のアルパイはひどかった……。
 しかも、せっかくのパレードにこの三人はいなかった。浦和にとっては、歴史的な出来事なのに。
 この事実だけを見て、現場に足を運ばないライターにあんなことを書かれても仕方ない部分もあるかもしれない。

 納得できないのは、清尾さんも書かれていたように、監督と他の選手から「天皇杯を獲る」という強い気持ちが感じられたのに、しかも契約期間内なのに、なぜ帰国を許してしまったかということだ。
 ケガの治療だとしても、仁賀さんの方が良いに決まっている。
 もし、功労の意味で選手のわがままを通したのだとしたら、甘いとしか言いようがない。
 天皇杯の存在意義とか、開催期間とか、過密スケジュールなども十分問題だが、それらとは切り離して考えなければならないと思う。

 今年は契約期間フルに稼動してもらいたい。
 前から言われていたことだけど、今年こそ強い意志をフロントが持つことを期待している。

|

« 行った人、行きたい人 | トップページ | シーズンチケット当選したけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり甘すぎるだろう:

« 行った人、行きたい人 | トップページ | シーズンチケット当選したけど »