« いつもマフラーを巻いて | トップページ | エメ来ないねぇ »

2005年2月 9日 (水)

ケガ人続出と代表戦

 午後、やっと仕事を片付けて、つらつらとネットを眺めていたら、どなたかのブログで達也負傷のニュースを知る。救急車まで来たとか。
 REDS PRESSには「達也は右腕を脱臼」とあった。右腕って右肩のことだよな。はっきり書いてくれ>REDS PRESS。

 明日から熊本キャンプだというのに、達也のほかにけが人が3人出た模様。新人のサントス、赤星と啓太。啓太は右足首を痛めて松葉杖をついていたというのも気にかかる。

 だから、代表の試合になんて身が入るはずがない。
 大黒のゴールでやっと勝った試合。北朝鮮の選手が涙を流していた姿が印象的だった。しかし、なんでみんなあんなに動きが鈍いんだ?

 後半、中村と高原を投入して4バックに換えてから見違えるようになったが、それまでは前線の動きが鈍いから、せっかくボールを持っても出しどころがないフン詰まり状態だった。
 みんな、足元にばっかりボールをもらいたがる。挙句パスを読まれてカットされるシーンが目立った。相変わらずだよね。

 ジーコの采配も謎。
 あの人は、よくわからない。
 中村を押しのけて先発で使った小笠原のフリーキックで先取点を取ったし、玉田に換えて投入した大黒が決勝点を取ったので、采配が当たったという見方もできる。
 相変わらず勝負運が強いのか、それとも直線道路を迂回してばかりいるのか。
 電車道をスペクタクルに変えるマジックは、神様ならではのモノなのか?

|

« いつもマフラーを巻いて | トップページ | エメ来ないねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケガ人続出と代表戦:

« いつもマフラーを巻いて | トップページ | エメ来ないねぇ »