« そういえば代表の試合 | トップページ | いつもマフラーを巻いて »

2005年2月 6日 (日)

迷走 Vodafone

 「つらつらぐさ」さんのこのエントリー
 Vodafoneは今年浦和と大きなスポンサー契約を結んでくれたばかりなので、浦和サポとしては複雑な思いで読んだ。
 夜とか、休日とか、時間帯等によってメールが届きにくくなるならば、事情はよくわかるんだけど、毎時0分と30分ってのはどういうことなんだろう。

 ぼくはauユーザーだ。申し訳ないが、外からみてもVodafoneって魅力を感じないし、迷走を繰り返してばかりいて鈍くさいイメージがある。
 浦和仕様の携帯が発売されたら、とても魅力的だけど買い換える気持ちはあまりない。
 Docomoの携帯を持っていたころ、メール遅延があまりに頻繁だったもんだから、auに乗り換えた経緯もあるし。

 正しい浦和サポはこの際Vodafoneに乗り換えて、スポンサーが少しでも潤って長く浦和との契約を続けてくれるように願うべきなんだろうか。
 理想はauと合併して浦和のスポンサーを続けることなんだけど、あれが胸に入ったらカッコ悪いよねぇ。
 ま、Vodafoneが日本から撤退することは考えにくいのだが。

|

« そういえば代表の試合 | トップページ | いつもマフラーを巻いて »

コメント

どうも(^^;

基本的にはあまり問題はないんです。ただ、週に一度くらいは突然に届かなくなるんですよね。毎時というのは感覚的なもので必ずしも統計的なものではないんですが、どうも比較的そういう傾向にあるなあという印象なわけです。

無料となることで当然トラフィックは混雑するでしょうから、更なる遅延がおこらないことを期待するばかりです。(スパムも着信通知が初めに届いて、これは無料なのです。続きを読み出すと料金かかりますが。故にスパムも料金的には怖くないのです。これだけは○)

ソフトバンクが買収を狙っているとの噂もありますから、どうなりますか(^^;

投稿: ムムリク | 2005年2月 6日 (日) 17時59分

 そうですか、週に一度くらいでしたか。

 ソフトバンクが買収ってありそうな話ですねぇ。そうなったら、イヤだな。浦和サポとしては複雑です。

投稿: takefour@旅歌 | 2005年2月 6日 (日) 20時41分

少し記録をとることにしました。いずれココログで記事にあげますね。

J-PHONE 時代のほうが良かったと思っているユーザーは多いと思います。

投稿: ムムリク | 2005年2月 7日 (月) 15時15分

 経営方針とかもあるんでしょけど、決定的にJ-PHONEの方がイイのは音ですね。
 通話時の音じゃなくて、社名を発音するときの音。Vodafoneという単語にはふたつも濁点がある。これはものすごく汚い音ですよ。

 普通、母音が「イ」の音が綺麗に響くといわれていますよね。それを二つ以上いれれば、最高に綺麗な響きをもった名詞というわけです。
 今書きましたけど、「響き」というお酒がありました。

 VodafoneのVにアクセントをおいて、daの音を小さく発音させることで緩和させようとしているように見受けられますが、無駄な努力のような気がします。

 どうなるんでしょうね。

 レポート楽しみにしています。

投稿: takefour@旅歌 | 2005年2月 7日 (月) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷走 Vodafone:

« そういえば代表の試合 | トップページ | いつもマフラーを巻いて »