« バーレーン戦 | トップページ | プレステ2を分解修理 »

2005年3月31日 (木)

バーレーン戦のこと

 BSで一緒に観ていた長男が、ボソッと言った。
 「ワールドカップの時の日本が一番強かったんじゃない?」
 そうかも知れない。

 ペナルティエリア近くまで持ち込めるが、どうしてもシュートが打てない。バーレーンが引いて守りの意識が高かったいたとか、いろいろ理由はあるんだろうけど。
 選手のコメントを見ると、前半凌いで相手が疲れるであろう後半に勝負をかけるプランだったんだろうね。

 普段浦和の試合を見ている自分としては、引いた相手を崩すのがどれだけ難しいか解っているつもりでも、やっぱり連携が悪くて動きが少ないように見える。前線で追い越してゆく選手も少ないし、パスは足元ばっかりだし、縦パスはなかなか入らないし。

 それにしても、ジーコは底なしの強運だよねぇ。こんな大切な試合でオウンゴールだもの。
 試合が終わって、なんとなくテレ朝にチャンネルを回したら「日本快勝!」だって。どこが? どこが快勝なのよ? テレ朝に限ったことじゃないけど、現実を見ないハシャギぶりには退いて行くばかりだ。

 オレたちのアレは良かった。
 前半はちょっと心配したけど、後半は見違えるほどだった。後半勝負というプランが浸透していたんだろうね。
 さあアレ、リーグ戦再開だ。浦和を上位に引き上げてくれ!

|

« バーレーン戦 | トップページ | プレステ2を分解修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーレーン戦のこと:

« バーレーン戦 | トップページ | プレステ2を分解修理 »