« 終息宣言 | トップページ | 個人的総括 »

2005年3月13日 (日)

川崎戦 TV観戦雑感

 川崎3-3浦和

 以前、横山に期待していると書いたことがある。
 昨日の出来は期待通りで、とても良かったように思う。守備も厭わず汗をかくし、それより何より岡野の動きを良く見て、壁パスを通した冷静さは並じゃない。
 後は、90分通してどんな動きができるかだ。ウチにはいないタイプのFWとして、大きくなって欲しい。
 19日ナビ神戸戦、ケガと調整不足の主力FW陣には休んでもらって、先発は岡野と横山なんてどうだろうか。ちょっと心もとないのでスーパーサブに達也とか。

 不調は攻撃陣だけでなく、磐石と思われた守備陣も怪しい。
 一失点目を坪井と都築のミスにしてはかわいそうかな。一体どうしちゃったんだ、都築は。一瞬の躊躇が半歩遅らせてしまったように見えたんだけど、どうなんだろうか。どっちにしても中途半端。ナビは休ませて、徳重を試してみたらどうでしょうか。
 坪井は、試合の中で徐々に接触プレーとか全力疾走とか急な反転とかへの恐怖を吹っ切っていくしかないような気がする。一度、ジュニーニョと走り比べがあって、それには負けなかったのでちょっとは自信になったかも。

 川崎は、想像していたよりも良いチームだった。少なくとも鹿島よりは強い。チームとして統制がちゃんととれていた。それでも、浦和と比べると地力に大きな差があったように思うが。

 前半当初は、ロングボールを多用する相手に押し込まれるシーンが多かった。これは3バックの宿命で、昨年からの浦和の仕様でもあるが、川崎が中盤での戦いを嫌った上での戦法でもあるでしょう。実際、中盤での戦いではウチにかなり分があった。

 3バック故か、相手3トップへの対応が後手になって、ウチの左サイドで相手の攻撃の選手がフリーでボールを受ける場面が何度もあった。最終ラインの人手が足りないのでこれもまた仕方ない。
 昨日みたいな相手には是非4バックを試して欲しい、と思って考えたら、確かに左サイドバックができそうな人材がいないんだよね。

 ともかく、フラストレーションのたまるゲームだった。
 攻撃は真ん中ばっかり。密集の中へ突っ込んだってチャンスは広がらない。
 解説で水沼に言われて腹が立ったけど、確かにボールを持ってから出しどころを考えてるシーンが多かった。それは持った選手だけの問題じゃないのは自明のはず。ウチの選手は、ボールを持ったら必ずと言って良いほどドリブルを仕掛け、なぜか中へ絞るということが多かった。
 調子が悪いときほどボールを持ちすぎるエメの悪癖と合わせて、川崎を守りやすくしてしまった。

 サイドに関しては、左のアレックスは3点目にも絡んだし、それなりの動きだったように見えたが、右の平川の動きがイマイチのように思えた。
 前節でも、前に広大なフィールドが広がっているのに上がりを躊躇っている場面が何度かあったけど、ゲーム全体の中で調整してしまっているのだろうか?

 独り言みたいな、とりとめない書き方で申し訳ありません。
 ともかく、ぼくはそれほど心配していない。
 エメも達也も、徐々に調子を上げてくれればいい。シーズンは長いのだから。
 最終節が終わった時点で、一番上にいてくれれば良いのです。

|

« 終息宣言 | トップページ | 個人的総括 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎戦 TV観戦雑感:

« 終息宣言 | トップページ | 個人的総括 »