« 日向小次郎は左門豊作? | トップページ | 勝たせてくれ »

2005年4月10日 (日)

ガンバ戦 雑感

 浦和1-1G大阪

 選手がピッチに散らばって一番驚いたのが、大分戦に続いて坪井のセンターバック、というかリベロ。
 これには、ギドの愛情と期待がひしひしと感じられる。
 更に大きなDFに成長するためには、器用に使われるだけのスピードだけのストッパーから一段階アップしないといけない。これは坪井自身が一番よくわかっているはずだ。

 そういう意味では、昨日の試合はまずますだった。
 課題のひとつであるフィードは、前線への見事なスルーパスも通していたしでなかなか良かった。
 もうひとつの課題であるヘディングは、クリアが小さかったりとやっぱりあまりうまくないけど、大きなポカもなく最終ラインでちゃんと壁になっていた、と思う。
 カバーリングも指示も、それなりにこなしていたように思う。
 啓太と酒井のボランチが効いていたからか、前半はとても良かった。
 問題は押し込まれた後半。あの場面で最終ラインを高く保つのは難しいとは思うが、もっと積極果敢にいっても良かったように思う。

 でも、ぼくは、坪井はストッパーが向いていると思う。
 坪井のあの爆発的なスピードと喰らいついたら離れないすっぽんマークは、ストッパーでこそ活きるのではないだろうか。
 昨日の試合も、もし坪井が右のストッパーに入っていたら失点を防げたんじゃないかと、少しだけ思っている。
 相手が誰だったか忘れたけど、堀之内が簡単に右サイドでマークを外されたところが失点の起点になっていたように見えたから。
 ラインの押し上げも、堀之内の方に一日の長があるように思えるし。

 攻撃については、やっぱりエメ。
 昨日は、気合が入りすぎて身体全体に余計な力が入っているように見えた。
 シュートを打ちまくって調子を上げていくタイプだけに、昨日前半に立て続けに放ったシュートは可能性を感じさせてくれた。もうちょっとだろう。実際9本のシュートを打っていたわけで、あれが1本でも決まっていれば。

 良い前半のうちにもう1点でも取っておけば良かった。
 例によって、後半はダメな浦和に逆もどり。
 あれって、相手が3トップにしてきたのかな。スタジアムではわからなかったけど。
 バーに二回も救われた。前節は、相手が12人だったわけだけど、今節はこっちが12人だった。

 持ったらドリブルで突っかける攻撃はワクワクさせてくれるんだけど、なかなか成功しない。
 ダイレクトでパスをつないだり、先日の横山が絡んだ岡野のシュートみたいに、組織で崩すことをもう一度考え直さなくちゃダメじゃないかな。

 気が付けば最下位。
 開幕戦、内容は悪くなかったけど退場もあって敗戦、二戦目はなんとか追いついて引き分け、ナビスコ二戦で勝利を収めて、良い流れのまま大分戦ではずみをつける…。実際、あの大分なら、11人で戦っていたら十分に勝てた、と思う。今更クヨクヨしてもしょうがないけどね。

 ともかく、試合は続く。
 13日、勝ってはずみをつけよう。

|

« 日向小次郎は左門豊作? | トップページ | 勝たせてくれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンバ戦 雑感:

« 日向小次郎は左門豊作? | トップページ | 勝たせてくれ »