« 初洋書の感想 | トップページ | あれがファウルなら、すべてのスライディングはファウルである »

2005年4月24日 (日)

セレッソ戦 テレビ観戦雑感

 浦和1-2C大阪

 闘莉王をリベロに据えた3バック布陣が、そもそもの元凶だったんじゃなかろうか。
 結果論に過ぎないが、実戦を一ヶ月以上離れていた選手にいきなり、それもほとんど一緒にやったことのないメンバーとディフェンスラインを形成させること自体、ちょっと無理があったということだろう。
 セレッソは急造ラインにやられるほど柔じゃなかった。

 Rファイルで調べたんだけど、坪井とは約一年ぶり、堀之内とはたぶん初めてだと思う。間違っていたら申し訳ない
 当然、闘莉王の膝も本調子じゃない。もちろん、一点目の失点は膝の具合だけじゃなくて、試合勘によるものかもしれない理由で一歩出遅れ、しかも闘莉王が絶対的なスピードに欠けているため追いつけなかった。ここのところの坪井だったら…、と余計なことを思ってしまった。あ、そうか坪井も…。

 闘莉王はサテライトで一試合くらいやって、それからでも良かった。幸い、ディフェンスは万全ではないにしろ、大崩せずそれなりに安定していたわけだから。
 昨日の最終ラインは最初から、平川・堀之内⇔坪井・山田の4バックで臨むべきだった。というか、ぼくはそう思っていた。

 一点失ってからの浦和は、なんとなく牙を抜かれたような、表面張力でいっぱいいっぱいにたまっていたコップに一適たらしてしまったような心理スパイラル。
 みんなボールを持ったらとにかくドリブル、視野狭窄。ものすごい悪循環。
 じゃあ、悪循環をどうやって断ち切るか。

 昨日のレッズナビ、湯浅さんと同じ考え。とにかくエメだろう。
 エメがシンプルにプレーしてくれれば、周りは反応する。ぼくは信じている。

 最後に。
 戦犯探しをしているつもりはまったくないので。そう読めてしまった方は、ぼくの文章力の無さ故です。

|

« 初洋書の感想 | トップページ | あれがファウルなら、すべてのスライディングはファウルである »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セレッソ戦 テレビ観戦雑感:

« 初洋書の感想 | トップページ | あれがファウルなら、すべてのスライディングはファウルである »