« あれがファウルなら、すべてのスライディングはファウルである | トップページ | スタジアムに行けない日 »

2005年4月29日 (金)

磐田戦 TV観戦雑感

 磐田2-2浦和

 月曜から連休進行で忙殺されていた。まったく余裕が無かった。
 努力の甲斐あって、キックオフからテレビの前に座ることができたのは良かったが、「主審 岡田正義(SR)」に嫌な予感がした。
 後半40分。予感は現実となってしまう。
 ペナルティエリア内で突破を図るカレンの足元に向けて投げ出した内舘の足が見事にボールを捉えた。避けようとしたカレンがバランスを崩すもすぐに立て直して、ボールを追いかけ始める。
 
 そのとき笛が鳴った。
 内舘の見事なスライディングを、あろうことか「主審 岡田正義(SR)」がファウルの判定。磐田にPKを与えてしまう。
 あれが、あのスライディングがファウルならば、すべてのスライディングはファウルである。
 考えられるのは「主審 岡田正義(SR)」の位置からは「後方からのタックル」に見えたのかもしれないということだ。しかし、後方からではなかった。
 今年はずっと審判に泣かされ続けるのだろうか。

 試合内容よりも、世界に誇るファンタジー審判「主審 岡田正義(SR)」の話を先に書いてしまうあたりが、ヘタレなわけだが。

 さて、俺たちの浦和は、まもなく出発のベルが鳴りそうだ。
 明るい兆しは、エメが柔軟に動き始めたことだ。相変わらず、中盤に下がってボールを受けようとする悪いクセが無くならないが、無駄に密集地帯でドリブル突破を試みる回数は激減した。
 右サイドでアレからのロングパスに反応。見事なトラップでDFを振り切り、冷静にGK川口の動きを見てニアにGKの肩口を抜くシュートが決めた。

 それと達也。
 前半何度も成功させた右サイドでの飛び出しはとても良かった。見事なチャンスメークだった。
 後半になって、左サイドから内に流れて素早く右足を振りぬく達也らしいシュートも見られた。
 昨日は、永井が得点を決めたが、昨日のような動きを繰り返せば達也の得点も時間の問題だろう。
 
 前半は、みんなが足元にボールをもらいたがり、貰ってはドリブル、貰ってはドリブルの繰り返し。なんとも情けないワンパターンでヤキモキさせた。
 後半になって多少は改善されたが、根本は変わっていない。
 斜めのパスも少なかった。パスはどれもこれも縦と横ばかり。

 昨年のような怒涛の攻めが見たい。
 中盤からもガンガン上がって攻撃に参加してくるサッカーが見たい。
 前に広大なスペースが広がっているのに、まったく上がらない山田。相手サイドアタッカーのケアで大変なのはわかるが、スキを見たら攻めあがれよ。達也や永井がフタをしていたのはわかるが、そういうときに山田が攻撃参加すれば、チャンスはより大きくなるのに…。

 埼スタで勝利が見たいね。

|

« あれがファウルなら、すべてのスライディングはファウルである | トップページ | スタジアムに行けない日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磐田戦 TV観戦雑感:

« あれがファウルなら、すべてのスライディングはファウルである | トップページ | スタジアムに行けない日 »