« ナビ神戸戦 TV観戦雑感 | トップページ | バーレーン戦 雑感 »

2005年5月31日 (火)

HSV戦 TV観戦雑感

 浦和0-2ハンブルガーSV

 浦議を見たら、試合のことよりも湯浅タンのマシンガントークに批判が集中して、スレがいくつも立ってた。さすが、浦議。
 いつも浦和を取り上げてくれて、曖昧模糊とした独特の言葉と文体で浦和の現状を言い表してくれて意外とそれが解りやすい。しかも、もしやこの人は少しは浦和のことが好きなのでは?と感じさせてくれる。
 例え営業戦略であっても、虎の威をかって自分を売り込みたいがためであっても、浦和の側に立った話をしてくれるので許せる。ま、とりあえず、今のところは。今日はちょっと自分を前面に出し過ぎたかもしれないが。

 うるさいおしゃべりも途中で慣れて、薀蓄をおもしろ楽しく聞くことができた。冷静に考えて、この試合の解説はこの人しかいないよね。
 しかし、テレビ埼玉にかなり抗議の電話がかかったらしい。そうかな、そんなに腹立たしいおしゃべりだったかな? これがリーグ戦だったら、許せないけど、親善試合だぜ。ま、自由の国だから。
 山瀬の件だって、浦和の今の現状を見たら言いたくなる。だって、あのピースだけ足りないんだから。それを湯浅さんは更に一歩進んで解説しようとしたんだと思う。

 さて、試合。
 去年のインテルで懲りてしまって、今年は3試合ともパスする予定。
 特に今日は平日で、しかも相手はフェイエよりもインテルよりも無名なハンブルガーSV。ガラガラなのは仕方ないでしょう。フェイエは伸二がいるからね。

 こういうときに、思い切って行かない浦和の選手にホントに腹が立つ。あれじゃ、金を払って観にいっている人たちに申し訳が立たないのでは?
 本人たちは、そんなつもりはないかもしれないが、もっともっとガツガツいって欲しかった。モチベーションが上がらなかったのは容易に想像できるけど。

 ハンブルガーなんて、ミスパスは多いし、たいして中盤でプレスもかけてこないし、特に後半は足が止まっちゃってたし、全然強いとは思わなかった。フェイエとの試合で受けた衝撃とは程遠い。
 あんなハンブルガー相手にあの腰の引けた試合運びはなんだ? あれがドイツのサッカー? やっぱりつまらない。
 そんな相手に、合わせてしまう浦和。真骨頂だったね。その上、リーグ戦での不調をそのまま引きずっているし。老獪なサッカーにやられたといわれればカッコイイかもしれないけど、そんなものぶっ飛ばして欲しかった。

 後半になって、横山、細貝らが交代で入って、少しはマシになった。
 特に横山の突貫小僧ぶりは、やっぱり見ていて楽しい。
 ああいうところに、現状打破のヒントがあるのかも。エメは論外。

|

« ナビ神戸戦 TV観戦雑感 | トップページ | バーレーン戦 雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HSV戦 TV観戦雑感:

« ナビ神戸戦 TV観戦雑感 | トップページ | バーレーン戦 雑感 »