« 横浜戦 TV観戦雑感 | トップページ | ラッセル・ワトソン »

2005年5月22日 (日)

ナビスコ新潟戦 TV観戦雑感

 浦和2-1新潟

 浦和といえばナビスコカップ、上野さんじゃない実況の方が言っていたけど、確かにその通り。
 三年連続で決勝に進み、三年連続でニューヒーロー賞を受賞。
 過去には閑古鳥が鳴いていた緩々の国立霞ヶ丘競技場を、血沸き肉踊る決戦の舞台へと変貌させ、菓子杯などと揶揄するバカ共にリーグカップウィナーの価値を再認識させてやった。
 お陰で一時撤退を考えていたヤマザキナビスコを翻意させた、というのは定かじゃないけどいかにもありそうな未確認情報。

 例年、予選突破に苦労しているのだが、今年はグループ分けに恵まれたのかリーグ戦で苦労しているわりに、ここまで連勝できている。
 今週と来週を連勝で飾って早々と予選突破を確実にして、残りの試合に余裕を持って臨んでもらいたい。

 そんなことを考えているうちに試合がはじまった。
 エメ、永井、達也を前線に置く3トップ。というか、1トップ2シャドーだった。
 この形って、中盤が薄くなって浦和得意の鬼プレスが機能しないことが多いように思う。しかも、両サイドに高く張り出した永井や達也が、山田らのハーフのフタをしてしまって、攻撃が手詰まりになることも多い。
 先週、トップ下でなかなか良い動きを見せていた長谷部はボランチ。辛抱強くトップ下で使い続けて、成長させて欲しいの思うのだが、ギドにはまた別の考えがあるんだろう。

 しかし、素人考えは完全なる杞憂で終わった。
 人とボールがよく動き、プレスもうまくかかる。トップに当てたこぼれ玉のほとんどを運動量に勝る浦和が拾い、波状攻撃を仕掛けるという理想的な展開。
 特に、ペナルティエリア内で達也に決定的なパスを出したエメには、驚かされた。でも、あれは自分で打つところだぜ。
 そんなエメの動きが浦和を象徴している。縦横に動き回って、玉離れの早いエメがチームを変えたのかも知れない。

 それとアルパイだ。
 序盤から、ワンタッチのパスがキレイに通ることが何度もあった。よく見ると、たいてい起点はアルパイ。
 チームメイトにシンプルなボールタッチを思い出させ、機をみては攻めあがる。そうかと思えば、美しいスライディングタックルでボールを奪い、正確なサイドチェンジパスで好機を作り出し、相手1トップの船越を徹底マークしてシュート1本すら打たせていない。感動すら覚えた。効いていた。

 試合内容は昨年の第二ステージを彷彿とさせた。
 新潟には申し訳ないが、力の差がありすぎて、浦和にとっては往時の感覚を思い出させてくれる良いトレーニングマッチのような格好だった。
 新潟は、サイドの守りがまったくダメ。その上、浦和は前線でも動きが活発なので、サイドハーフの動きにフタをしてしまうこともなかった。
 好きなようにサイドを蹂躙し、時には中で短いダイレクトパスの交換からビッグチャンスを作り、飽くことなく浦和は攻め続けた。

 達也のシュートがゴールマウスに嫌われ続けたのが唯一の懸念材料だろうか。
 達也は浦和の攻撃陣の中でも指折りの決定力を持っているはずなのだが、昨年、某人間力氏にプライドをズタズタにされてから、おかしくなってしまった。人間力氏は藤田の件でも的外れなことを言ったらしい。おっと、これは余談。
 なんだか、身体のバランスがおかしくなっているような気がする。やっぱり地道な練習しかないのかな。その点、達也には何も問題はない。それどころか、練習のし過ぎを心配してしまう。

 最後に啓太。シュートが枠を捉えるようになったことに素直に感動している。
 先週の地を這う弾丸シュートもすばらしかったが、今週は更に難しいダイレクトボレー一閃だ。啓太=宇宙開発と刷り込まれていたので、認識を改めなくちゃいけない。

 とりとめないなぁ。申し訳ない。
 ともかく、とても良い試合だった。
 選手には今日のイメージを忘れないで欲しい。

|

« 横浜戦 TV観戦雑感 | トップページ | ラッセル・ワトソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ新潟戦 TV観戦雑感:

» 珍しく、空席の多いスタジアム [SYSOP日記]
 ナビ杯予選リーグ、浦和レッズ対アルビレックス新潟  ひさしぶりにレッズらしい攻 [続きを読む]

受信: 2005年5月22日 (日) 12時20分

« 横浜戦 TV観戦雑感 | トップページ | ラッセル・ワトソン »