« ラッセル・ワトソン | トップページ | ナビ神戸戦 TV観戦雑感 »

2005年5月28日 (土)

UAE戦 雑感

 日本0-1UAE

 浦和サポだから、坪井の話から始めなくちゃならない? ペルー戦に続いて2試合連続だって? 

 じゃあ、昨日の試合の坪井について。ペルー戦は見ていないので。

 昨日の坪井は、いつもの坪井だったですよ。調子も悪くない。もしかしたら、いつもよりも良かったかな。
 坪井の課題は、ヘディングとフィードと攻撃に参加する積極性なのだが、昨日はあの独特の肩を竦めたカモシカのような姿勢で、これもまたあまり得意でないドリブルで攻めあがることがあった。ああいう攻め上がりは、調子が良くなければやらない。
 キレイに縦パスを通したこともあった。肝心の守備も、あの一点のシーンを除いてはほぼ完璧にこなしていた。

 浦和では坪井は右ストッパーを勤めている。試合によっては、センター。右も左も変わらんだろうと言いのけてしまうあなたはサッカーを知らないでしょ? 身体の向きが違う。見る方向が違う。だから、効き目の使い方も違うし、景色も違う。何もかも違うのだ。

 確かにあの場面、ボールウォッチャーになってしまったかもしれない。
 しかし、あの位置から簡単に縦パスを出させてしまう緩々の中盤守備を批判せず、最終ラインの責任だけを問うばかりでは何も発展しない。

 一対一の場面でまったく勝てず、組織だった連動性のある守備からボールを前に運ぶことができず、だから中盤でボール奪うどころか見事にボールを奪われ(加地だけじゃないよ)簡単にカウンターを許してしまう。
 あの場面はダイレクトだったから、プレスをかけにいくのは難しかったかもしれない。が、なんで、あのエリアがあんなにガラガラスカスカなのか?
 坪井の話はこれくらいにしておきます。

 昨日の試合では、伸二と大黒だけが収穫だった。
 技術だけじゃなくて、動きの質、気迫など、すべての面で相手を凌駕していたのは、この二人だけだ。っていうかワクワクさせてくれたのは、この二人だけだった。
 大黒の特徴は、クレバーなポジショニングと質の高い動きだと思う。まだ、Jとは違うスピード、寄せの早さに慣れていないだけで、彼の順応力を持ってすれば代表のエースすら狙える器かもしれない。
 だから、とても残念だと思う。
 何が残念って、決して後出しジャンケンじゃなくて、もっと前から国際経験を積ませるべきだった。

 二連敗で、本番を迎える選手の気持ちはどうだろう。
 湯浅さんがおっしゃるように身が引き締まっているだろうか。萎縮してしまって負のスパイラルに陥ってやしないだろうか。

 ジーコはバーレーン戦を引き分け狙いでいくらしい。最初から引き分け狙いでいけるほど相手は柔だろうか。
 そのためにも、攻撃のバリエーションをもっと増やしておかないと。一対一で勝てないのなら、組織で連動してプレスをかけないと。

 過去は振り返りたくないが、アウェイのイラン戦がもったいなかった。同点になったときにジーコが明確に選手に指示を出して守らせるべきだった。
 http://takefour.air-nifty.com/bookends/2005/03/post_15.html
 http://takefour.air-nifty.com/bookends/2005/03/post_14.html

 キリンカップは神風が吹かず二連敗。いつも神風が吹くとは限らない。
 守備に手数をかけてくる相手に、打開策のヒントすら見出せずに本番を迎えてしまった。いや、やることはわかりきっているのにそれを実行できず…、違うか、実行させない指揮官の下では…。過去最高と思われる選手を揃えて、これでは…。

 タイミングは難しいが、本当に本当に監督を交代させるべきだろう。

|

« ラッセル・ワトソン | トップページ | ナビ神戸戦 TV観戦雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UAE戦 雑感:

« ラッセル・ワトソン | トップページ | ナビ神戸戦 TV観戦雑感 »