« 景気のいい話が… | トップページ | ナビスコ新潟戦 TV観戦雑感 »

2005年5月15日 (日)

横浜戦 TV観戦雑感

 横浜0-1浦和

 懐かしい顔を見た。どこに行っても無表情は変わらず。
 何度か決定的な仕事をされてしまったが、内舘がしっかりとマンマーク気味について、ほぼ押さえ込むことができた。
 本来ならあの位置は酒井のはずだが、今日のボランチ一枚にはそういう重要なタスクが与えられていたので、より守備力のある内館という選択になったのでしょう。

 浦和のディフェンスは完璧だ。
 坪井の空振りなんてご愛嬌。バーに2点を防いでもらったことだって、ちゃんと足をだしていたとか身体を寄せていたことに対する正当な報酬だ。
 アルパイが入ることによって、より強く高くなったディフェンスは見ていてとても安心だった。

 しかし、攻撃は相変わらず不安一杯。
 単調さを打開すべく、前線でのドリブルを減らして短いパス交換をする練習をしたらしいが、簡単に効果がでるわけがない。
 エメが下がってボールをもらいたい気持ちはわかる。ボールに何度も触ることによって、調子を上げてゆくタイプだから、尚のことボールに触りたいんだろう。
 でも、エメがあそこでボールを受けたって、相手は全然怖くない。
 しかも、ボールを受けたら必ずドリブルで突破しようとするから、中沢は守りやすかったことだろう。

 長谷部はトップ下に入ると消えていることが多いんだけど、少しずつ良くなっているように思う。もうちょっと前でプレーしてもいいかな。
 なんといっても、浦和のベースにあるのは守備で、前線からのプレスがとても重要。今日の長谷部はそれもまあまあこなすことができていたと思う。

 これで4勝3敗5分。6位で中断期間に入ることになった。
 問題点は全部見えているわけだから、しっかり立て直して、良い準備をして7月の再開を迎えて欲しい。
 自分としては、もっと試合に行きたい…。勝ったから気持ちは最高なんだけど、どこかフラストレーションがたまっている自分もいる。ああ、スタジアムに行きたい。

|

« 景気のいい話が… | トップページ | ナビスコ新潟戦 TV観戦雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜戦 TV観戦雑感:

» 仇敵 [SYSOP日記]
横浜Fマリノス対浦和レッズ 0-1  どうもマリノスは仇敵の印象が強い。昔、サポ [続きを読む]

受信: 2005年5月15日 (日) 20時15分

« 景気のいい話が… | トップページ | ナビスコ新潟戦 TV観戦雑感 »