« オフの埼スタへ | トップページ | 何してるんだ、エメ? »

2005年6月23日 (木)

コンフェデ杯 ブラジル戦雑感

 日本2-2ブラジル

 テレビをつけたら前半30分。既に1対1だった。
 90分のうち2/3の60分しか見ていなくて雑感もないもんだが、とりあえず備忘録としてメモ程度に。

 いろんな人が言っているように、W杯予選の代表とは全然別のチームに見えた。
 ダイレクトでパスがつながり、人とボールが有機的に動いて、ブラジル相手に決定的なチャンスを何度も作った。本当に、見ている者をワクワクさせてくれる試合だった。
 ブラジルがどの程度本気だったかはわからないけど、調子はあまり良いようには見えなかった。そのせいで、日本代表が良く見えたのかもしれない、と付け加えておく必要はあると思うけど。

 唯一納得できないのが、三人目の交代だ。よりによって鈴木隆行とは…。
 鈴木が入ることによって、日本は10人で戦わなければならなくなった。目を覆うばかりの低パフォーマンス。彼はもう、お役御免でしょ? まあ、これから久保と高原が復帰すれば、自然と居場所がなくなるわけだが。

 ジーコについては、認識を改めつつある。
 W杯予選という、絶対に勝ちあがらなければならない戦いでは、負けないサッカーを展開する必要があった。バランスを保ち、無理な押し上げはしない。当然、目は攻撃よりも守備に向いている。オフトのころの浦和のように。
 しかし、そんな戦い方で、本選を勝ち抜けるはずがない。だから、シフトチェンジしたのだと勝手に想像している。当然、意識解放の背景には監督の意志が働いていると。まあ、大半の人はそう思っているんだろうけど。

 ギリシャ戦も似たような戦い方だったらしい。
 これからも今回のような姿勢を貫くなら、ジーコを支持したいと思う。
 新戦力を試さないとか、先発メンバーを固定してしまうとか、いろいろ不満はあるが、人智の及ばない神さまなりの深謀遠慮があったのではないかと今更ながら、凡人は想像している。

|

« オフの埼スタへ | トップページ | 何してるんだ、エメ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ杯 ブラジル戦雑感:

» 容認派に復帰w (vsブラジル@代表:コンフェデ杯) [ワタシとレッズとその他のサッカー]
早朝はツライね^^; コンフェデ杯 予選リーグ第3節 vsブラジル 2−2 前回のエントリ。 ブラジルについて 「本気と書いてマジ、決定」 と書きましたが、 正直、そこまでではなかった感じですね(^^;) あの人の表情やあの人の出来があんな感じであのポジションの人がこーだったからぶつぶつ、 ・・・60〜70%ぐらいでしょうか?w 勿論、だからと言って日本の奮戦ぶりが翳るわけではありませんが�... [続きを読む]

受信: 2005年6月24日 (金) 00時13分

« オフの埼スタへ | トップページ | 何してるんだ、エメ? »